wonder-papillon.air-nifty.com > Album21 KERN SWITAR 50mmF1.4(Cマウント)

BOLEX用のCマウントKERN SWITAR50mmF1.4。通常ではマクロ専用となってしまうがその描写が気に入っている。手作り虫の目レンズの後半部分(ZUIKO38mmMACROF2.8)と組み合わせると無限遠が出る。ただし,イメージサークルが小さいので,周囲がケラレる。後半部分のMACROレンズの拡大率を上げると画面全体に写し込むことができる。しかし,空中像をMACROレンズで拡大するので,F1.4といえどもファインダーはかなり暗く,ピント合わせは難しい。ところが,パナソニックからLUMIX G1が発売となり,Cマウントアダプターも発売され,フツーのレンズとして使える様になった。ただ,カメラに印刷されたLUMIXの文字が気に入らなく,購入をためらっていた(カメラ自体は素晴らしい)が,オリンパスから満を持してE-P1(モックを見たときには購入意欲は全く湧かなかったが)が発売され,レンズとのマッチング(見た目)も素晴らしいのでついに購入した。おかげでこのレンズの本来の描写を堪能することが可能となった。