wonder-papillon.air-nifty.com > Album14 EF24-70mmF2.8

EF24-70mmF2.8はCanonの定番標準ズームだが,大きくて重い。今では後発のEF24-105mmF4ISに主役の座を奪われた感がある。私の場合にはEF35ー350mmの方が圧倒的に出番が多い。要するに,ズームレンズの命はズーム比と言うことだ。ズーム比が小さとも小型で軽量なら出番があるかも知れない。しかし,単焦点ならさらに小型で軽量だ。画質には定評があるが,単焦点ならさらに画質がよい。それに価格も安い。と言うわけで,買ってはみたのもの,出番が少ないレンズだ。もっとも,単焦点レンズでも標準レンズは出番が少ない。持ち出すのは決まって標準マクロだ。それでも望遠マクロの方が遥かに出番が多い。私の周りでは,写真の上手い人か,交換レンズを持たない全くの素人が標準系のレンズを多く使う傾向があり,私のように中途半端に写真を撮る人間は広角と望遠に偏るようだ。しかし,標準系のレンズはズームも単焦点も画質は最高なので防湿庫の肥やしにするにはもったいない。得意このレンズは大変高価だったのでなおさらだ。しかしながら,実際に使ってみると絵作りが難しい。標準系は使いこなしに腕がいるようだ。