機材:EOS-D30,EF300mm F2.8,手持ち,オート
タカ類も多く,写真のようにノスリとカラスの空中戦もよく見られる。
体が一回り大きいノスリの方が強そうだが,実際にはカラスが圧倒的に有利だ。
空中のドッグファイトでは体をひるがえして足の爪で戦うより,普通に飛びながらつつけるクチバシ攻撃の方が有利なのだろうか。
ノスリとほぼ同じ大きさのトビも全く同様だ。
タカ類ではこの他,チョウゲンボウとツミなどの小型のタカがよく見られるが,当然カラスに追い散らされている。
鉄塔に営巣しているチョウゲンボウはカラスの絶好の標的になる上,電力会社の管理員に巣を撤去されてしまうので,最近は数が減ってきた。
数は少ないがオオタカやハヤブサもいる。
市街地に沢山いるハトがターゲットのようだ。