機材:E-1,ZuikoDigta18-180mm,オート
羽村の堰の内側は流れもなくとても静かだ。
正面に玉川上水の取水口が見える。
ここにはオオバン,カワセミ,ハクセキレイ,キセキレイなどがよく見られる。
堰の外側を見ると,コンクリートや金属ではなく,
木や葦でせき止められているのが分かる。
水は完全にせき止められるのではなく,
堰をしみ出して,下流に流れている。
また,堰の下面もコンクリートではなく石組みなので,
伏流水のように水が下からわき上がってくる。
堰の周囲の聖牛と相まって,
自然との調和に気を配った環境作りがなされている。
さらに下流はゆるやかな階段状となっており,
夏は子ども達の遊び場となっており,
週末の岸辺は家族連れがバーベキューを楽しんでいる。
堰の横には葛折りの魚道が設置され,
周りは草原となって,ヨシゴイ,カワラヒワ,コゲラなどが集い,
カワラノギクの群生地があり,今盛りとなっている。
また,バードウオッチングのスポッとして人気があり,
オオタカやハヤブサの狩りも見られる。