機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4,絞りF2.8
2011年8月八ヶ岳山麓にて
このレンズは古い現像ソフトで現像すると絞り開放でハイライトにハロが出てとても美しかった。
ハロは二段絞ると完全に消える。
最新のDigitalPhotoProfessionalで現像するとどういう訳かあまりハロが出ない。
ピクセル等倍で見ると5枚目のツリガネニンジンの絞り開放では中央の花びらのエッジにきれいなハロが出ている。
手持ちの他のレンズではLEITZのSUMMARITが同様の写りだ。
ただ,μ4/3で撮影すると中央のトリミングになるので本来の写りと雰囲気が異なる。
SUMMARITもフルサイズで撮影したくなる。
やはりフルサイズのミラーレスが欲しいところだ。
おっと,LEICA M9は無しですよ(^^ゞ
NEXがフルサイズ化したら買うんだけど…