機材EOS 5D,ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4,開放
2011年8月八ヶ岳山麓にて
Olympus OMシリーズの等倍専用マクロで,実際等倍前後の範囲しか撮影できない。
用途が限られていて使いにくいレンズだが,そのぶん画質は究極のシャープネス,しかも激安。
薄暗い山の中,明るい高原では風が吹いて花が揺れる状況で自然光での撮影では開放F4はかなり暗く,被写体ブレが多くなる。
F8まで絞り込むと被写体ブレのオンパレード。
やはり,マクロフラッシュなど補助光を使うのがベストか。
今回は最大倍率は約1.3倍程度だが,F4でも非常にピントが浅い。
それにしても,惚れ惚れするような絵だ。
このレンズが1万円ちょっとで買えるなんて!