2009年1月16日 (金)

超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン

とにかくでかいレンズだ。
重量は正味6kg。
三脚座も何もないので,2〜3カット撮影すると持っていられなくなる。
このレンズを見ると,あのサンニッパもまるでガキのように見える。
焦点距離,開放F値も不明。
デジタルシネ用の投影レンズなので,絞りはなく開放のみ。
フルサイズ楽勝のイメージサークルだが,
広角側にすると,
レンズの後ろに取り付けたM42ヘリコイドシステムに寄って四隅がけられる。
レンズの型番の数値は拡大率のようだが,何に対してのものかわからない。
手持ちでしか撮れないので正確には比較できないが,
画角は35-70mmの標準ズームと似たり寄ったり。
サンニッパよりデカイレンズ径で開放F値はいくらになるのだろう?
画像はきわめてシャープだが,発色は少々クセがある。
焦点距離が標準の範囲なので,思ったほどボケ無い。
135mmF1.8と同程度だが,ピントはより合わせやすい。
絞りもないので室内か,屋外の夜間撮影専用だろう。
その前に,腕力を鍛えねば。

このところすっかり老け込んだピーターの顔が優しく写る。
マロンの絵がなぜか白黒のようだ。
瞳のキャッチライト,反射や輝点などがあるとピントは楽だ。
ただし,大口径にもかかわらずISが必要だ。
5分も構えていると,手の震えが止まらなくなる。

機材:EOS-5D,NIMOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1
_mg_3798
_mg_3823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

超弩級お化けレンズの試写

このお化けレンズ,重量6kg,三脚の台座もなければ,ストラップもない。
完全手持ちさつえいしでしか撮りようがない。
微妙にインフが出ないので,
レンズとM42ヘリコイドを仮止めして使用した。
そのため,撮影中何度も外れ,レンズもカメラも落としそうになった。
5分も撮影していると手が震えだし,
まともにピント合わせできなくなってきた。
撮影とボディービルが同時にできるメリットはあるが,
実用性はほとんど無い。
この手の個性派レンズは描写のクセを活かすため,
無理しても撮影する意味がある。
しかし,このレンズの描写は…

さらにこのレンズ,焦点距離や開放F値等の表示は一切無い。
最初,レンズ名にあるMINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1
CHRISTIE DEGITAL SYSTEMSの2.2-4.0:1をF値と勘違いした。
そのため,焦点距離100〜200mmくらいのズームと判断した。
ところが,EOS-5Dに取り付けたところ以外にも35〜70mmくらいのズームだった。
と言うことは,開放F値は…?

とにかく試写。
1枚目は庭の花を望遠側で最近接距離で撮影。
今にも雨が降りそうなどんよりとした梅雨空だが
シャッタースピードはいずれも1/6400だった。
2枚目は同じく望遠側で中間距離。
3枚目は望遠側で無限遠。
実は,M42ヘリコイドシステムLでは厚みがありすぎて
遠方は数十mまでしかピントが合わず,無限遠は少し甘い。

レンズ後群の径が62mmもあるので,最低でも中判で使えそうだが,
バックフォーカスが長いので,M42ヘリコイドで四隅が若干ケラれる。

4枚目は広角側の中間距離。
まるでトンネルから覗いているようなケラレ具合。
5枚目は無限遠。
望遠側以上にインフが出ない。
最短撮影距離で花を撮ろうと思ったらレンズに花が当たり,
花粉だらけになったので撮影中止。
インフが出ない分,かなり寄れる。

いずれにしても,ピントが合った部位は相当なシャープネス。
発色もニュートラルでごく普通の写り。
大きなボケを活かす以外に利用価値は少なそうだが,
これが意外にもボケない。
このレンズ実用性はともかく,人目を引くことは間違いない。

参考に,SIGMATEL YS F1.8 135mmを絞り開放で撮影した。
こちらは同じ条件でシャッタースピード1/2500程度。
1/6400でシャッターが切れるお化けレンズの開放F値は???
開放F値が暗くても?焦点距離が長い分SIGMATELの方がボケる。
こちらは発色も寒色系でクラシックな発色だ。

機材:EOS-5D,NIMOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1(写真1〜5),SIGMATEL YS F1.8 135mm 絞り開放(写真6〜7)
_mg_3249
_mg_3251
_mg_3252
_mg_3255
_mg_3253
_mg_3257
_mg_3256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

超弩級お化けレンズ NIMOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1

このとんでもないレンズ,あのキヤノンのサンニッパが
まるで子どもに見える(写真1枚目と2枚目)。
その名はMINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1
CHRISTIE DEGITAL SYSTEMS と言う。
本体には絞りもピント調節のヘリコイドもない。
レンズ後群のネジが62mmだったので,
62-58のステップダウンリングをねじ込み,
ノボフレックス ノフレクサーに付属していた
P58アダプターを介してM42ヘリコイドシステムL
に繋いで,M42-EOSアダプターで5Dに取り付けるようにした(写真3枚目)。
ネーミングのCHRISTIE DEGITAL SYSTEMS(写真4枚目)はデジタルシネマシステムのようだ。
さて,どのような写りを見せてくれるのか。

機材:E-3,EL-NIKKOR 63mmF3.5
_7101549
_7101550
_7101557
_7101559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ANGENIEUX 9-36mm F1.8 | AUTO WELTBLICK 135mm F1.8 | Bushnell TROPHYCAM BLACK LED | Canon EF16-35mm F2.8 | Canon EF17-35mm F2.8 | Canon EF200mm F1.8 | Canon EF24-70mm F2.8 | Canon EF28-135mm F3.5-5.6IS | Canon EF300mm F2.8 | Canon EF35-300mm F3.5-5.6 | CANON FL-F 300mmF5.6 | CANON FL-F 500mm F5.6 | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 | CARL ZEISS DISTAGON 18mm F4 | CARL ZEISS DISTAGON 35mm F1.4 | CARL ZEISS JENA SONNAR 300mm F4 | CARL ZEISS PLANAR 135mm F2 | CARL ZEISS PLANAR 50mm F1.4 | CARL ZEISS PLANAR 85mm F1.4 | CARL ZEISS S-PLANAR 60mm F2.8 | CINE YASINON 38mm F1.4 | COSMICAR 12.5mm F1.4 | COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8 | COSMICAR TELEVISION LENS 75mm F1.4 | EL-NIKKOR 63mm F3.5 | G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 | iPhone | ISCO Gottingen ISCORAMA | Kern Macro-Switar 36mm F1.4 | KERN SWITAR50mm F1.4 | KERN SWITAR75mm F1.9 | Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5 | Kodak EKTAR 80mm F2.8 | LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8 | Leitz Hektor 120mm F2.5 | Leitz Hektor 200mm F2.5 | Leitz Hektor 73mm F1.9 | Leitz Summarit 5cm F1.5 | Leitz Summilux-M 75mm F1.4 | Leitz Telyt 400mm F6.8 | Leitz Telyt 560mm F5.6 | M-ROKKOR 28mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 | MAMIYA 645 MACRO MF 120mm F4 | MAMIYA-SEKOR FISHEYE ULD C 24mm F4 | MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4 | MAMIYA645 AF 45mm F2.8 | MAMIYA645 AF 80mm F2.8 | MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1 | NIKKOR-P・C 75mm F2.8 | NOVOFLEX NOFLEXAR | Schneider Xenon 25mmF1.5 | SIGMATEL YS 135mm F1.8 | SMC TAKUMAR 400mm F4 | SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95 | Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8 | THETA S | TOKINA AT-X 300mm F2.8 | TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3 | ZENZANON 100 mm F2.8 | ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 | ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 135mm F4.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 38mm F2.8 | ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 | ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 | ZUIKO AUTO-T 100mm F2 | ZUIKO AUTO-W 21mm F2 | ZUIKO AUTO-W 24mm F2 | ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2 | ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 | ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4 | ZUNOW-ELMO CINE 13mm1:1.1 Dマウント | おすすめサイト | グルメ・クッキング | テレイドスコープ | パピヨン | ペット | 動画 | 屋上緑化 | 携帯・デジカメ | 携帯接写レンズ Kenko MPL-PX | 携帯虫の目レンズ Kenko MPL-WA | 旅行・地域 | 紫外線写真 | 育児 | 自作ソフトフォーカスレンズ | 自作宙玉 | 自作虫の目レンズDAIWON DW1634M F1.4 | 街角スナップ | 赤外線写真 | 趣味 | 風景 | 魚露目8号