2013年6月12日 (水)

小笠原 父島 中央山展望台

_s123035

長崎鼻展望台からアカガシラカラスバト・サンクチュアリの脇を抜けて中央山展望台へ向かう。
中央山登山口から山頂までの途中の山道はうっそうとして暗い。
折からの雨空で一層暗さを増した。
その中に小笠原の固有種,メヘゴがあった。
暗いのでおもいきりブレている。
_s143040
マルハチの隣にはハゼノキ。
これは戦前にロウソクの原料として移入したものらしい。
_s163044
メヘゴの下には小笠原固有種ムニンシラガゴケの群落がある。
_s173046
中央山展望台に戦時中の電波探知機の土台が残骸になっている。
その残骸に可憐な花が一輪?咲いていた。
_s183051
展望台から二見港に停泊するPacificVenusを望む。
台風並みの低気圧の影響で先ほどから降り始めた雨に霞む。
_s193054
ここにもアオノリュウゼツランが…
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

小笠原 父島 長崎鼻展望台 2

前回の続き

_s023006
名前の分からなかった植物の名前がランタナと判明。
中南米原産の外来植物でした。
小笠原固有種自生地である長崎鼻に進出している。
_s033008
こちらも前回不明だったがこれも外来種のホナガソウのようだ。
う〜ん,せっかく写真撮ってきたのに外来種ばかり(--;)
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

小笠原 父島 長崎鼻展望台

_s043014

長崎鼻展望台から兄島を望む。
_s063020
展望台周囲にはタコノキやマルハチなどの固有種に混じって外来種のアオノリュウゼツランがある。
これはテキーラの原料となるリュウゼツランとは別種で,繊維を使って織物にしたらしい。
_s073021
タコノキ(写真上)とマルハチは島のあちこちで見かける。
_s093027
これも固有種,タチテンノウメ。
_s103030
上とよく似たシラゲテンノウメ。
これも固有種で,展望台へ行く遊歩道で両方並んで咲いていた。
この2種が同じ場所で咲くのは珍しいという。
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

ついに小笠原上陸

4月6日朝小笠原に到着。
大きなブイで湾内に繫留されていた。
PacificVenusは巨大すぎて埠頭には係留できないとのこと。
_s882805

大しけの外洋から小笠原父島の二見港に入港すると波の静かさに驚く。

船体が全く揺れないので波がないのかと思ったら,湾内の波が荒く,場合によっては上陸できなくなるかもとの放送が入った。
_s862799
とりあえず,午前中は上陸用の漁船が来て父島に上陸。
大村海岸はかなり風が強く,涼しかった。
_s852796
ここは大神山公園。
イソヒヨドリが沢山いた。
港周辺は異国情緒があり,どことなくニューカレドニアの首都ヌメアに雰囲気が似ている。
_s892808
海岸のすぐ裏は山が崖のような状態になっていて,上には展望台がある。
_s932820
公園近くの民家の庭にトカゲがいた。
天然記念物のオガサワラトカゲではなくアノールトカゲの茶色いヤツのようだ。
_s932821
ほんの1m四方の所に何匹かいたので,小笠原全体では相当いるのだろう。
島固有の生物を食害しているはずだ。
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

Summilux-M 75mmF1.4で撮る八ヶ岳

Summilux-M 75mmF1.4は優しい写りをする。
1枚目のヤマハハコ,2枚目のチダケサシ,3枚目のコオニユリ,4〜5枚目のワレモコウはいずれも絞り開放。
ハイライト部には上品な滲みがあり,優雅で上品な描写だ。
6〜7枚目のマロンとピーター,8枚目の花のある風景はF4。
ここまで絞っても柔らかさは残っている。
ヒヨドリバナ,オミナエシ,ハンゴンソウなど,夏から初秋の花たちだ。

機材:E-P1,Leitz Summilux-M 75mmF1.4,絞り解放(最後の3枚は絞りF4)
_8130733
_8130735
_8130747
_8130755
_8130760
_8130741
_8130770
_8130765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

E-P1でSummilux-M 75mmF1.4 その2

人にはそれぞれ好みの焦点距離がある。
私の場合はライカ判では中望遠。
Hektor73mm,Summilux-M75mmの他,Planar85mmF1.4,
Zuiko90mmF2,M-Rokkor90mmF4,
少し焦点距離が長くてKomura100mmF1.8,Auto Weltblick135mmF1.8,
Sigmatel YS135mmF1.8,Hektor100mmF2.5,Hektor120mmF2.5,
Hektor150mmF2.5,Aero Ektar 7inchF2.5,Zuiko 180mmF2.8。
どこまでが中望遠でどこから望遠かよく分からないが,
中望遠に近い望遠も加えると,さらにEF200mmF1.8とF2.8もある。
中望遠に近い標準も加えると,S-Planar 60mmF2.8,EL-Nikkor 63mmF3.5もある。
EL-NIKKORには,この他に80mmと150mmもあるが,
これらは購入した物品付属していたもの。
また,手放したものも加えると,Zuiko 85mmF2,Takumar 135mmF3.5もある。

こんなに沢山いったい何に使うかと言えば,それはマクロ。
Zuiko 90mmとS-Planar 60mmがあれば十分と言われればそれまでだが,
EF200mF2.8のマクロ描写が気に入って,マクロレンズ以外のマクロにハマってしまった。
加えて,プロジェクター用のHektorの滲みにハマリ…というわけでこの数に。
ニホンのレンズを手放したのはハマる前なので,ハマった後なら手放さなかったはず。

殆どのレンズが中古で数千円から高くても4〜5万円程度だが,
超別格がEF200mmF1.8,別格がこのSummilux-M75mmだ。
ともに高価すぎてうかつに持ち出せない。
特にSummiluxは初日に落下事故。
勢い出番は少なくなり,デジタルに変わって全く出番無し。
カメラに興味ない姉はライカがいかに高価であるか認識がないので,笑って済まされた。
私にとっては笑い事ではないが,まあ仕方ない。
とにかく,レンズは撮影してナンボのものなので,使わないともったいない。

今回改めて使ってみた印象は,Planar 85mmF1.4の描写によく似ている感じだ。
特に,開放での芯のある甘さとなだらかなボケが何とも言えない。
1枚目のミニバラと4枚目のピーターの描写が得によい。
花とペットの撮影に最適なレンズかも知れない。

機材:E-P1,Leitz Summilux-M 75mmF1.4,絞り解放
_7120188
_7120199
_7120205
_7120210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

E-P1で超久々のLeitz Summilux-M 75mmF1.4で無限遠

E-P1のシルバーボディーにはシルバーレンズがよく似合うが,
意外にも黒のズミルックスもよく似合う。
要するに,クラシックなデザインのカメラなので,
クラシックなデザインのレンズがよく似合うと言うことだ。

このズミルックスは十ウン年前に購入したものだが,
初めての試写の日,私はEOS-1nRS+EF35-350mmを持っていたので,
Leica M6+Summiluxは姉に持ってもらった。
ところがその姉,ストラップを首にかけず,
M6+Summiluxを膝に乗せたまま四駆車から飛び降りたので,
SummiluxはM6に装着されたまま空中遊泳の後,
1.5mほどの高さからアスファルトの道路に勢いよく落下した(×_×;)
はっ…初めての撮影の日なのに(×_×;)(×_×;)
レンズキャップがレンズの前枠に食い込み外れない(×_×;)(×_×;)(×_×;)
キャップが傷つき,フードが少しへこんだが,
驚いたことにM6もSummiluxもその後なんの問題もなく動いている。
それにしても,今でもこのレンズを見ると,ガツンと言う鈍い音が今でも頭の中で聞こえる。

真ん中の写真が絞り開放。
ヘクトールの開放がモワーとした感じなのに対し,
ズミルックスは柔らかい描写だがシャープだ。
下の写真は絞りF4。
シャープネスは画面周辺までグッと上がったが,
何の関係か,画面中央がシラーッとしてしまった。
これはたまたまだろうが,素人目には普通の写りで面白くない。
ズミルックス,ヘクトールともに開放描写にクセがあるが,
これらのレンズは開放描写のクセのある美しさが魅力だ。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5,オート(写真1枚目,本体写真のみ)
機材:E-P1,Leitz Summilux-M 75mmF1.4,手持ち
_7126791
_7120195
_7120193

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Acorn Guard ANGENIEUX 9-36mm F1.8 AUTO WELTBLICK 135mm F1.8 Bushnell TROPHYCAM BLACK LED Canon EF100-400 F4.5-5.6 Canon EF16-35mm F2.8 Canon EF17-35mm F2.8 Canon EF200mm F1.8 Canon EF24-70mm F2.8 Canon EF28-135mm F3.5-5.6IS Canon EF300mm F2.8 Canon EF35-300mm F3.5-5.6 CANON FL-F 300mmF5.6 CANON FL-F 500mm F5.6 CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 CARL ZEISS DISTAGON 18mm F4 CARL ZEISS DISTAGON 35mm F1.4 CARL ZEISS JENA SONNAR 300mm F4 CARL ZEISS PLANAR 135mm F2 CARL ZEISS PLANAR 50mm F1.4 CARL ZEISS PLANAR 85mm F1.4 CARL ZEISS S-PLANAR 60mm F2.8 CINE YASINON 38mm F1.4 COSMICAR 12.5mm F1.4 COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8 COSMICAR TELEVISION LENS 75mm F1.4 EL-NIKKOR 63mm F3.5 G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 iPhone ISCO Gottingen ISCORAMA Kern Macro-Switar 12.5mm 1:1.3 H8RX Kern Macro-Switar 36mm 1:1.4 H8RX KERN SWITAR50mm F1.4 KERN SWITAR75mm F1.9 Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5 Kodak EKTAR 80mm F2.8 LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8 Leitz Hektor 120mm F2.5 Leitz Hektor 200mm F2.5 Leitz Hektor 73mm F1.9 Leitz Summarit 5cm F1.5 Leitz Summilux-M 75mm F1.4 Leitz Telyt 400mm F6.8 Leitz Telyt 560mm F5.6 M-ROKKOR 28mm F2.8 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 MAMIYA 645 MACRO MF 120mm F4 MAMIYA-SEKOR FISHEYE ULD C 24mm F4 MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4 MAMIYA645 AF 45mm F2.8 MAMIYA645 AF 80mm F2.8 MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1 NIKKOR-P・C 75mm F2.8 NOVOFLEX NOFLEXAR Schneider Xenon 25mmF1.5 SIGMATEL YS 135mm F1.8 SMC TAKUMAR 400mm F4 SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95 Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8 THETA S TOKINA AT-X 300mm F2.8 TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3 ZENZANON 100 mm F2.8 ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5 ZUIKO AUTO-MACRO 135mm F4.5 ZUIKO AUTO-MACRO 38mm F2.8 ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 ZUIKO AUTO-T 100mm F2 ZUIKO AUTO-W 21mm F2 ZUIKO AUTO-W 24mm F2 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2 ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4 ZUNOW ELMO-CINE 6.6mm 1:1.1 Dマウント ZUNOW-ELMO CINE 13mm1:1.1 Dマウント おすすめサイト グルメ・クッキング テレイドスコープ パピヨン ペット 動画 屋上緑化 携帯・デジカメ 携帯接写レンズ Kenko MPL-PX 携帯虫の目レンズ Kenko MPL-WA 旅行・地域 紫外線写真 育児 自作ソフトフォーカスレンズ 自作宙玉 自作虫の目レンズDAIWON DW1634M F1.4 街角スナップ 赤外線写真 趣味 風景 魚露目8号