2011年9月16日 (金)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 vs 八ヶ岳 その3

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4は,花のクローズアップ等近距離の撮影ではあまり気にならないが,引いて撮ると絞り開放では明らかに周辺光量が落ちる。
F2.8まで絞るとフラットになるが,撮影条件によってはまだ四隅が暗い。
絵の印象は絞り開放からピント面はシャープで,植物の産毛もきれいに解像している。
ピント面のハイライトは滲んで美しいが,F2では微かに残り,F2.8まで絞ると完全に消える。
ライカのズミルックスは別格だが,国産一眼レフの50mmF1.4は,カメラを買うとおまけに付いてくるボディーキャップみたい物で,実際には殆ど使われなかったようだが,各社とも味のあるレンズが多いといわれている。
実際使ってみるとその通りで優秀で面白いレンズが多い。
気がつくと多数の50mmレンズが手元に集まってしまった。
世間では不人気であまり顧みられないが,50mmと135mmは面白いレンズが多いとおもう。

写真1枚目はヤマゼリ,絞り開放,2枚目はF2.8。
写真3枚目はアサマフウロ,絞り開放,4枚目はF2.8。
写真5枚目はミヤマトウバナ,絞り開放,6枚目はF2.8。
写真7枚目はハンゴンソウ,絞り開放,8名目はF2.8。
写真9枚目はイタドリ,絞り開放,10枚目はF2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6145_2


_mg_6147_2


_mg_6152_2


_mg_6158


_mg_6165_2


_mg_6167_2


_mg_6171_2


_mg_6169_2


_mg_6176_2


_mg_6179_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 vs 八ヶ岳 その2

写真1枚目はフジバカマ,絞り開放,2枚目はF2.8。
写真3枚目はアカツメグサ,絞り開放,4枚目はF2.8。
写真5枚目はオミナエシ,絞り開放,6枚目はF2.8。
写真7枚目もオミナエシ,絞り開放,8枚目はF2.8。
写真9枚目はワレモコウ,絞り開放,10枚目はF2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6102


_mg_6105


_mg_6107


_mg_6108


_mg_6118


_mg_6121


_mg_6129


_mg_6133


_mg_6139


_mg_6142


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 vs 八ヶ岳

このレンズは古い現像ソフトで現像すると絞り開放でハイライトにハロが出てとても美しかった。
ハロは二段絞ると完全に消える。
最新のDigitalPhotoProfessionalで現像するとどういう訳かあまりハロが出ない。
ピクセル等倍で見ると5枚目のツリガネニンジンの絞り開放では中央の花びらのエッジにきれいなハロが出ている。
手持ちの他のレンズではLEITZのSUMMARITが同様の写りだ。
ただ,μ4/3で撮影すると中央のトリミングになるので本来の写りと雰囲気が異なる。
SUMMARITもフルサイズで撮影したくなる。
やはりフルサイズのミラーレスが欲しいところだ。
おっと,LEICA M9は無しですよ(^^ゞ
NEXがフルサイズ化したら買うんだけど…

写真1枚目,フキ,絞り開放,2枚目F2.8。
写真3枚目,タムラソウ,絞り開放,4枚目F2.8。
写真5枚目,ツリガネニンジン,絞り開放,6枚目F2.8。
写真7枚目,ハギ,絞り開放,8枚目F2.8。
写真9枚目,フジバカマ,絞り開放,10枚目F2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6056


_mg_6058


_mg_6073


_mg_6076


_mg_6079


_mg_6084


_mg_6089


_mg_6093


_mg_6095


_mg_6099


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

G.ZUIKO AUTO-S 50mmF1.4

普通,単焦点標準レンズは昼間F8~16の間くらいで撮影することが多い。
カメラが勝手にそういう絞りを選ぶからだ。
開放F1.4は何のためかと言えば,室内や夜にノーフラッシュで撮影する場合に使う。
ところが,古いレンズをEOSに取り付けると絞りは手動で選ぶことになる。
開放F1.4のレンズなので,開放付近で撮影することが増える。
今回,一連のマニュアルレンズでの撮影は基本絞り開放での撮影と,二段絞り込んでの撮影とした。
普段全自動カメラでは滅多に使わない開放の絵と,開放から二段絞り込むとそのレンズの最高の画質になるという通説「実際はレンズにより違うと思う」に従ったから。
F1.4大口径レンズの絞り開放の絵は面白い。
二段絞り込むと癖が消え,普通の絵になるが,個性は残る。
全自動のカメラ任せでは得られないおもしろさがある。
それにしても,ピントは難しい。
一応,ピーターのおしりのあたり,ウッドデッキの角,中央の花びらにピントを合わせたつもり(^-^;

写真1枚目はピーターとマロン,絞り開放,2枚目はF2.8。
写真3枚目は撮影拠点の山荘,絞り開放,4枚目はF2.8。
写真5枚目はノリウツギ,絞り開放,6枚目はF2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6046


_mg_6049


_mg_6050


_mg_6051


_mg_6052


_mg_6054


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4

古いモノコートのレンズでいやんなるくらい安い。
中古カメラ店の1000円コーナーで2本買ったうちの1本だ。
このレンズはよほど人気無いのか,中古カメラ店のジャンクコーナーの常連でもある。
しかも,どこも壊れていない。
実際使ってみると,これまで使った50mmレンズの中で最高の描写だと思う。
ちなみに,これままで使ったレンズはスーパータクマー50mmF1.4,ズマッリット50mmF1.5,ズミタール50mmF2,エルマー50mmF2.8,プラナー50mmF1.4等だ。
それらはどれも素晴らしいレンズだが,それぞれ性格が異なる。
曲玉はズミタールで,思い切り絵が暴れるがたまにまぐれで素晴らしい絵になる。
ズマリットは開放から素晴らしい描写でハイライトに美しい滲みが出る。
G.ZUIKOの描写はズマリットに似ている。
開放から素晴らしい描写で,ハイライトに美しい滲みが出るのだが,最新のDigitalPhotoProfessionalで現像するとなぜか滲まない。
滲んだ描写も好きだったのだが。
というわけで,このレンズが不人気で安い理由が分からない。

写真1枚目は絞り開放,2枚目はF2,3枚目はF4。

機材:EOS 1D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
7adb404514


7adb40472


7adb40504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ANGENIEUX 9-36mm F1.8 | AUTO WELTBLICK 135mm F1.8 | Bushnell TROPHYCAM BLACK LED | Canon EF16-35mm F2.8 | Canon EF17-35mm F2.8 | Canon EF200mm F1.8 | Canon EF24-70mm F2.8 | Canon EF28-135mm F3.5-5.6IS | Canon EF300mm F2.8 | Canon EF35-300mm F3.5-5.6 | CANON FL-F 300mmF5.6 | CANON FL-F 500mm F5.6 | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 | CARL ZEISS DISTAGON 18mm F4 | CARL ZEISS DISTAGON 35mm F1.4 | CARL ZEISS JENA SONNAR 300mm F4 | CARL ZEISS PLANAR 135mm F2 | CARL ZEISS PLANAR 50mm F1.4 | CARL ZEISS PLANAR 85mm F1.4 | CARL ZEISS S-PLANAR 60mm F2.8 | CINE YASINON 38mm F1.4 | COSMICAR 12.5mm F1.4 | COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8 | COSMICAR TELEVISION LENS 75mm F1.4 | EL-NIKKOR 63mm F3.5 | G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 | iPhone | ISCO Gottingen ISCORAMA | Kern Macro-Switar 36mm F1.4 | KERN SWITAR50mm F1.4 | KERN SWITAR75mm F1.9 | Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5 | Kodak EKTAR 80mm F2.8 | LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8 | Leitz Hektor 120mm F2.5 | Leitz Hektor 200mm F2.5 | Leitz Hektor 73mm F1.9 | Leitz Summarit 5cm F1.5 | Leitz Summilux-M 75mm F1.4 | Leitz Telyt 400mm F6.8 | Leitz Telyt 560mm F5.6 | M-ROKKOR 28mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 | MAMIYA 645 MACRO MF 120mm F4 | MAMIYA-SEKOR FISHEYE ULD C 24mm F4 | MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4 | MAMIYA645 AF 45mm F2.8 | MAMIYA645 AF 80mm F2.8 | MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1 | NIKKOR-P・C 75mm F2.8 | NOVOFLEX NOFLEXAR | Schneider Xenon 25mmF1.5 | SIGMATEL YS 135mm F1.8 | SMC TAKUMAR 400mm F4 | SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95 | Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8 | THETA S | TOKINA AT-X 300mm F2.8 | TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3 | ZENZANON 100 mm F2.8 | ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 | ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 135mm F4.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 38mm F2.8 | ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 | ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 | ZUIKO AUTO-T 100mm F2 | ZUIKO AUTO-W 21mm F2 | ZUIKO AUTO-W 24mm F2 | ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2 | ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 | ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4 | ZUNOW-ELMO CINE 13mm1:1.1 Dマウント | おすすめサイト | グルメ・クッキング | テレイドスコープ | パピヨン | ペット | 動画 | 屋上緑化 | 携帯・デジカメ | 携帯接写レンズ Kenko MPL-PX | 携帯虫の目レンズ Kenko MPL-WA | 旅行・地域 | 紫外線写真 | 育児 | 自作ソフトフォーカスレンズ | 自作宙玉 | 自作虫の目レンズDAIWON DW1634M F1.4 | 街角スナップ | 赤外線写真 | 趣味 | 風景 | 魚露目8号