2015年12月27日 (日)

水槽を掃除しました

もう10年以上水替えをしてない。

少し掃除したくらいではあまり綺麗にならないが,水質が安定しているので魚は元気だ。
Img_1729
 
機材:iPhone6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

久々に水槽掃除

水槽内の岩や水草を全部出したら巨大クラウン君が出てきた。

水槽内が汚いので可愛そう。
大食漢なので1週間もするとまた汚れがたまる。
巨大クラウンのほか,12㎝くらいのクラウンが6匹。
オデッサバーブが3匹。
ロンボオケラートゥスが2匹。
石巻貝とヤマトヌマエビが30匹。
Img_1357_2
 
機材:iPhone6Plus   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

クラウンローチ

一番古顔のクラウンローチ。

黄色い体に黒い縞,真っ赤なヒレが美しかった。
全長20㎝を超えたあたりから全体に黒ずんで(^^;)
Img_0329
後ろを泳ぐオデッサは5㎝,ロンボは4㎝程度。
クラウンは20㎝を超えると成長はグッと遅くなった。
水槽飼いでここまで巨大になるのは珍しいらしい。
野生では数十年生き,全長は最大で50㎝とも60㎝とも。
まだまだ先は長そうだ(^^;)
 
機材:iPhone6Plus

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

巨大クラウンローチ

Img_7072

すみませんm(_ _)m
巨大と言うほどではありません。
巨大犬の足跡のながれで…(^_^;)
全長19cmちょっとです。
ちなみに,背景の流木は37cmです。
1年前に18cmだったのであまり成長していません。
長さが増えない分,身体の厚みがものすごく増して,見た目はボリューム感が凄く増えました。
3cm程のものを購入してアカムシや粉餌を食べさせていましたがなかなか大きくならなかったんですが,10cmを超えた当たりから水槽内の巻き貝を食い尽くし急に大きくなり,15cmを超えた当たりから水槽内の小魚を食べていちだんと巨大化しましたが,魚を食い尽くすとあまり成長しなくなりました。
野生では50cmまでに成長するそうですが,水槽飼育ではもちろんそんなに大きくなりません。
実際に私が見た水槽飼育の最大個体は約30cm程度でした。
それでも巨大です。
まるで鯛でした。
クラウンローチはドジョウの仲間では最大なのでは?
 
機材:iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

我が家の道化師

久々に我が家の熱帯魚の登場です。

現マンションに引っ越して15年目。
最初に前マンションから引き連れた魚たちは既に他界した。
その後に加わった魚もほぼ全て他界。
現在我が家の120㎝水槽に泳いでいるのは10年選手のブエノスアイレステトラ1匹とこのクラウンローチ1匹のみ。
3
3㎝くらいのローチ3匹を購入したが,生き残ったのはこの1匹のみ。
常に物陰に隠れ,餌をやっても出てこない。
死んだのかと思ったことも何度かある。
でも,水槽掃除の時に大暴れするので一安心。
全長は17〜18㎝くらいだろうか。
過去に飼育したものは30㎝位あったのでまだまだ小さい。
我が家の水槽は普通に見ると年老いたブエノスアイレステトラ1匹が泳ぐのみ。
実に寂しい。
なぜかと言えば,このクラウンローチ,道化師(クラウン)というわりに実にどう猛。
夜行性で,夜な夜な他の魚を襲う。
齧歯類のような歯で食い殺す。
我が家の魚,エビ,貝が消えたのはこやつの犯行だ。
10匹ほどいたブエノスアイレステトラの仲間はすべてクラウンローチに囓られて死んだ。
生き残った一匹もこいつに食われないように常に物陰に隠れている。
新しい仲間を加えたいがこいつに食われるのが怖くてなかなか導入できない。
クラウンローチは数十年生きると言われる魚なのでまだまだ若造。
今後の成長も楽しみだ。
ところで,このクラウンローチ,体色が鮮やかな黄色,赤,黒で体高が高い鯛のような体型のタイプ(我が家のもの)と,体型が細長く,体色がくすんだ茶色,赤茶色,黒のタイプがある。
雌雄の差なのか,生息地により異なるのか,ただの個体差か,ご存じの方いませんか?
この夏出かけた撮影の旅の写真がまだ整理できていない。
たてつづけに出かけると,前のが整理できるまえに次のが溜まってしまうので訳が分からなくなる(;>_<;)
追加情報
以下のサイトに30㎝級のクラウンローチの写真が載っています。
私が以前飼育していたのはこんなにグロテスクではなく,普通のクラウンローチがただデカイだけでした。
ちなみに,マキシマムサイズは16インチと書いてあるので,約40㎝。
そんなデカイの見たことない。
http://www.loaches.com/species-index/clown-loach-chromobotia-macracanthus
混泳水槽を見ると,クラウンローチ同士はけっこう大小混ざっても大丈夫そう。
我が家にも小さいやつ買って来ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

10年もの

我が家の水槽はもう10年以上水替え掃除をしていない。
正面ガラスの苔を落とし,水草の葉のゴミを吸い取り,減った分の水を足す程度。
したがって,汚いことこの上ない!
マンション11階の玄関にあるので盛大に水を流すことはできない。
120㎝水槽なので,ベランダへ抱え出すこともできない。
結果として,こういう状態になっている。

現在飼育中の魚はアルタムエンゼル1尾,クラウンローチ1尾,ブエノスアイレステトラ3尾。
いずれも10年ものだ。
皆2〜3㎝程のものを購入したが,皆大きくなり,中でもクラウンローチは現在17㎝程になっている。
以前,熱帯魚の飼育書にはクラウンローチは最大12㎝程度と書いてあった。
最近は飼育下では12センチ程度,自然界では最大30㎝と書いてある。
クラウンローチは実際は大きな魚で,飼育下でも20㎝前後にはなりそうだ。
大学時代,研究室で飼育していたものは実際30㎝くらいあり,小赤(餌用の金魚)を食ったりしていた。
しかし,インターネットのサイトを探すと,タイかどこかのサイトで全長45㎝のまさにモンスター急の写真が載っていた。
それも,巨大なクラウンローチが何匹も混泳している。
体型も全長と体高が大差なく,ほとんど真四角のとんでもない代物だ。
そのサイトによると,クラウンローチは巨大なだけでなく,他の魚を襲うので他の魚とは一緒に飼えないと書いてある。
日本では臆病で温和しい魚と言うことになっているのだが…

_a164404


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

昭和記念公園の日本スピッツ

イチョウの回廊を抜けたところで7匹の見事な日本スピッツにあった。
みんな温和しいとても良い子で,お姉ちゃんに愛想をふりまいていた。
散々歩かされてご機嫌を損ねていたお姉ちゃんもこのときは上機嫌。

機材:ZD,Mamiya 645 Macro MF 120mmF4,オート
Mmfc2179


Mmfc2182


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月17日 (木)

八ヶ岳周辺散歩 その2

八ヶ岳農業実践大学校とその周辺は犬にとって絶好の散歩場所だ(写真1〜5枚目)。
大学の農場入り口横の芝生広場では熱気球の試乗を行っている。
ここで遊んだ後,農場の売店で食料を仕入れ,
売店横の小屋で食事ができる。
この小屋の下は農場となっており,
牛や山羊が放牧されている。
また,農場脇の山には散歩コースがあり,
コースの一部は八ヶ岳自然文化園とつながっている。

農場の脇道を車で上り,右折して少し下ると八ヶ岳美術館がある(写真6〜8)。
ここは地元原村出身の彫刻家,清水多嘉示の作品を中心に,
民俗資料館として,様々な資料が展示されている。
また,原村ペンション街から美術館を通り山梨へと続く武田信玄の棒道も散歩に向いている。
美術館周辺だけでもちょっとした散歩コースで,
屋外にも様々な彫刻が展示されている。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_8170777
_8170779
_8170780
_8170787
_8170789
_8190838
_8190844
_8190852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

八ヶ岳周辺散歩

八ヶ岳山麓を拠点に周辺を散歩。

まずは,カントリーキッチンでバンを仕入れる(写真1〜2)。
富士見高原スキー場の蕎麦屋「花鳥屋」で昼食の蕎麦を食べる(写真3)。
本来,このスキー場ではカサブランカが満開のハズ(撮影は8月中旬)だが,
今年は大雨と雹の影響で花は少なかった。
車で移動しながらのスナップ(写真4〜5)。
暑さのせいか,諏訪湖にはアオコが発生していた。

M.ZUKO DIGITAL 17mmF2.8を付けたE-P1を使うと,
気分は完全にコンパクトデジカメ。
とにかく気軽に撮れる。
ところがこのレンズ,発色は他のDIGITAL ZUIKOと異なり,
クラッシックレンズのような写りでなかなか雰囲気がよい。
オリンパスはレンズの発色が揃っていると思っていたがこれは意外だ。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8,Auto
_8170821
_8170825_2
_8180828
_8221068_8221065

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

この頃鳥が撮れないので…

と言うわけで,室内飛びもの…
里帰りしたココちゃんの懐かしの姿です。
それにしてもピントが合わない。
カメラを構えていても全く飛ばないし,
飛びそうになってからカメラを構えてもズーミングやフォーカス設定が間に合わない。
結果,ピンぼけの山。
ペットのサイトでは見事な飛翔ぶりを捕らえているが,
どうやって撮っているのだろうか。
やっぱり「数打ちゃ…」かな?

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5,Auto
_7076707
_7076708_7076750

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ANGENIEUX 9-36mm F1.8 | AUTO WELTBLICK 135mm F1.8 | Bushnell TROPHYCAM BLACK LED | Canon EF16-35mm F2.8 | Canon EF17-35mm F2.8 | Canon EF200mm F1.8 | Canon EF24-70mm F2.8 | Canon EF28-135mm F3.5-5.6IS | Canon EF300mm F2.8 | Canon EF35-300mm F3.5-5.6 | CANON FL-F 300mmF5.6 | CANON FL-F 500mm F5.6 | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 | CARL ZEISS DISTAGON 18mm F4 | CARL ZEISS DISTAGON 35mm F1.4 | CARL ZEISS JENA SONNAR 300mm F4 | CARL ZEISS PLANAR 135mm F2 | CARL ZEISS PLANAR 50mm F1.4 | CARL ZEISS PLANAR 85mm F1.4 | CARL ZEISS S-PLANAR 60mm F2.8 | CINE YASINON 38mm F1.4 | COSMICAR 12.5mm F1.4 | COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8 | COSMICAR TELEVISION LENS 75mm F1.4 | EL-NIKKOR 63mm F3.5 | G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 | iPhone | ISCO Gottingen ISCORAMA | Kern Macro-Switar 36mm F1.4 | KERN SWITAR50mm F1.4 | KERN SWITAR75mm F1.9 | Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5 | Kodak EKTAR 80mm F2.8 | LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8 | Leitz Hektor 120mm F2.5 | Leitz Hektor 200mm F2.5 | Leitz Hektor 73mm F1.9 | Leitz Summarit 5cm F1.5 | Leitz Summilux-M 75mm F1.4 | Leitz Telyt 400mm F6.8 | Leitz Telyt 560mm F5.6 | M-ROKKOR 28mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 | MAMIYA 645 MACRO MF 120mm F4 | MAMIYA-SEKOR FISHEYE ULD C 24mm F4 | MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4 | MAMIYA645 AF 45mm F2.8 | MAMIYA645 AF 80mm F2.8 | MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1 | NIKKOR-P・C 75mm F2.8 | NOVOFLEX NOFLEXAR | Schneider Xenon 25mmF1.5 | SIGMATEL YS 135mm F1.8 | SMC TAKUMAR 400mm F4 | SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95 | Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8 | THETA S | TOKINA AT-X 300mm F2.8 | TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3 | ZENZANON 100 mm F2.8 | ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 | ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 135mm F4.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 38mm F2.8 | ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 | ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 | ZUIKO AUTO-T 100mm F2 | ZUIKO AUTO-W 21mm F2 | ZUIKO AUTO-W 24mm F2 | ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2 | ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 | ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4 | ZUNOW-ELMO CINE 13mm1:1.1 Dマウント | おすすめサイト | グルメ・クッキング | テレイドスコープ | パピヨン | ペット | 動画 | 屋上緑化 | 携帯・デジカメ | 携帯接写レンズ Kenko MPL-PX | 携帯虫の目レンズ Kenko MPL-WA | 旅行・地域 | 紫外線写真 | 育児 | 自作ソフトフォーカスレンズ | 自作宙玉 | 自作虫の目レンズDAIWON DW1634M F1.4 | 街角スナップ | 赤外線写真 | 趣味 | 風景 | 魚露目8号