2013年9月22日 (日)

八ヶ岳 紫外線撮影 その4

1

サルノコシカケ?
2
ハナアブの仲間?
3
イチモンジセセリ。
4
小さなハチ。
5
小さなゾウムシのように見えるんですが(^_^;)
6
ウラギンヒョウモンだろうか?
 
撮影時にメモしておかないとなかなか…ホント…真っ青(^^;)
 
機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

八ヶ岳 紫外線撮影 その3

1

山麓の散歩道。
2
植物は何だった毛かな?
こうなると種類が判別できない。
3
中央でひときわ明るく写っているのが紅葉したネムノキ。
4
中央の木は白樺。
5
これもいつもの散歩道。
 
機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

八ヶ岳 紫外線撮影 その2

_10100431

A オリジナル写真(レベル補正)。
_10100432
B 写真Aをグレースケール変換。
_10100433
C 写真Bを再度RGB変換した後,カラー変換で遊び。
_10100434
D 写真Aのブルーチャンネルのみを取り出す。
写真Aは紫外線だけでなく赤外線の影響も受けているのでそれを除去。
これが紫外線写真(近紫外線)と思われる。
_10100435
E 写真Dをグレースケール変換。
結果として,写真Bと大差ない。
_10100436
F 写真Eを再度RGB変換した後,カラー変換。
 
どうだろう?
私はブルーチャンネルのみの紫外線カラー写真(写真D)が一番いい感じだと思う。
 
機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

八ヶ岳 紫外線撮影

八ヶ岳で紫外線撮影をテスト

_1010033

ハルゼミ

_1010071

コガネムシの仲間(多分)

_1010082

ナツアカネ(多分)

写真からでは動植物を判断するのが難しい。

_10100332

上の写真でちょっと色遊びをしてみた。

_10100712

だいぶ雰囲気が変わる。

_10100822

幻想的?

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

紫外線による風景撮影 その7

とりあえず完成した紫外線写真だけど,モノクロームで面白みがない。
そこで,BチャンネルカラーとBチャンネルグレイスケールを合成した。
う〜ん,何となく紫外線写真っぽくなった。
まあ,イメージ的にだけど。
早く八ヶ岳に行って花や昆虫で試してみたいψ(`∇´)ψ

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
1000510bw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 (木)

紫外線による風景撮影 その6

昨日の写真をグレースケール化した。
写真1枚目がBチャンネル。
これが純粋な紫外線写真,のハズ。
2枚目がRチャンネル。
これが純粋な赤外線写真,のハズ。
3枚目がGチャンネル。
これは…なに写真?
やっぱり分からない。
これを見ても分かるとおり,撮ってだしだと紫外線写真と言うより赤外線の影響の方が遙かに大きいことが分かる。
紫外線写真を愉しむにはBチャンネルだけ取り出し,グレースケール化する必要がありそうだ。
しかしながら,結果的にどの写真も明るさが違うだけで写りはほとんど同じ。
やはり花や昆虫,鳥を撮影しないと差が出にくそう。
昆虫は人間の可視光線域と異なり紫外線域を多く認識するらしい。
花は紫外線で撮影すると昆虫を引きつける独特の模様が出るようだ。
昆虫も紫外線で撮影すると普段と違う模様が見えるらしい。
また,昆虫や花を食べる鳥の目も紫外線を認識する機能があるらしい。
人間では♂♀で同じに見えるカラスも紫外線だと微妙に違って見えるという。
チョウゲンボウはネズミの糞を紫外線で認識し,上空からネズミの巣穴の在りかを簡単に見破るという。
擬態していて環境に紛れ込み,人間の目では見つけにくい昆虫も,鳥は瞬時に見破ってしまうと言う。
鳥を狙うにはこのレンズは短すぎるし,昆虫や花を撮るには寄れなさすぎる。
防犯レンズの宿命か,用途には向かない。
あとは接写リングを噛ませるしかない。

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510bbw


_1000510rbw


_1000510gbw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

紫外線による風景撮影 その5

今度はBRG三つのチャンネルを別々に単独で取り出した。
写真1枚目はBチャンネル。
う〜ん,暗い。
コレが紫外線写真?
2枚目はRチャンネル。
明るい!
コレは赤外線写真?
3枚目はGチャンネル。
BとRの中間の明るさ。
これって…なに写真?
可視光線カットフィルター付けてるのに紫外線でも赤外線でもないの??
分からない。

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510b


_1000510r


_1000510g


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

紫外線による風景撮影 その4

カラーだと分かりにくいのでグレースケールに変換してみた。
写真1枚目はRチャンネルをカット。
赤外線の影響がないはず。
つまり紫外線写真。
2枚目はBチャンネルをカット。
紫外線の影響のない赤外線写真のハズ。
3枚目はRGBチャンネル全てある写真。
3枚目が一番明るいのは分かるが,なんで2枚目が1枚目より明るいの…?
紫外線撮影用の石英レンズなのに,紫外線より赤外線の方が透過しているなんて…?
Extenderの影響は?
マスターレンズは紫外線が透過するようにコーティングされていない。
しかし,エクステンダーはアンバーコーティングされている。
これが紫外線の透過率を下げているのかも。
ところで,Gチャンネルって,一体なに?
BとRしか無いんじゃない?
可視光線を透過しないのになぜ?

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510gb


_1000510rg


_1000510rgb


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

紫外線による風景撮影 その3

紫外線撮影と言っても可視光線をカットしただけなので,厳密に言うと紫外線と赤外線のミックス光のハズ。
石英レンズなので紫外線をより多く透過しているだろうけどミックスであることに変わりない。
ということで,フォトショップでRチャンネルのみをカットしてみた。
全体的にただ青い。
これって紫外線写真?
今度はBチャンネルのみカットした。
赤外線写真のハズなので赤くなるかと思ったらなぜか黄色い。
素直に赤外線カットフィルターを付けるといいのだが,このレンズ前玉径が1㎝ほどと小さく,フィルターネジもない。
それに赤外カットフィルターはマニアックなせいか効果なので自作加工する度胸もない( ̄Д ̄;;

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510gb


_1000510rg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

紫外線による風景撮影 その2

街路樹のケヤキの新緑が見事に白い。
まるで雪景色?
カメラの方向,太陽の位置,空の写り具合など微妙な条件の差で随分変わる。
まるでモノクローム,セピア調など…実に不思議。
マロンを撮ってもあまり変わらない( ̄▽ ̄)

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510


_1000512


_1000515


_1000527


_1000532


_1000507


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Acorn Guard ANGENIEUX 9-36mm F1.8 AUTO WELTBLICK 135mm F1.8 Bushnell TROPHYCAM BLACK LED Canon EF100-400 F4.5-5.6 Canon EF16-35mm F2.8 Canon EF17-35mm F2.8 Canon EF200mm F1.8 Canon EF24-70mm F2.8 Canon EF28-135mm F3.5-5.6IS Canon EF300mm F2.8 Canon EF35-300mm F3.5-5.6 CANON FL-F 300mmF5.6 CANON FL-F 500mm F5.6 CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 CARL ZEISS DISTAGON 18mm F4 CARL ZEISS DISTAGON 35mm F1.4 CARL ZEISS JENA SONNAR 300mm F4 CARL ZEISS PLANAR 135mm F2 CARL ZEISS PLANAR 50mm F1.4 CARL ZEISS PLANAR 85mm F1.4 CARL ZEISS S-PLANAR 60mm F2.8 CINE YASINON 38mm F1.4 COSMICAR 12.5mm F1.4 COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8 COSMICAR TELEVISION LENS 75mm F1.4 EL-NIKKOR 63mm F3.5 G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 iPhone ISCO Gottingen ISCORAMA Kern Macro-Switar 12.5mm 1:1.3 H8RX Kern Macro-Switar 36mm 1:1.4 H8RX KERN SWITAR50mm F1.4 KERN SWITAR75mm F1.9 Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5 Kodak EKTAR 80mm F2.8 LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8 Leitz Hektor 120mm F2.5 Leitz Hektor 200mm F2.5 Leitz Hektor 73mm F1.9 Leitz Summarit 5cm F1.5 Leitz Summilux-M 75mm F1.4 Leitz Telyt 400mm F6.8 Leitz Telyt 560mm F5.6 M-ROKKOR 28mm F2.8 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 MAMIYA 645 MACRO MF 120mm F4 MAMIYA-SEKOR FISHEYE ULD C 24mm F4 MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4 MAMIYA645 AF 45mm F2.8 MAMIYA645 AF 80mm F2.8 MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1 NIKKOR-P・C 75mm F2.8 NOVOFLEX NOFLEXAR Schneider Xenon 25mmF1.5 SIGMATEL YS 135mm F1.8 SMC TAKUMAR 400mm F4 SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95 Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8 THETA S TOKINA AT-X 300mm F2.8 TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3 ZENZANON 100 mm F2.8 ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5 ZUIKO AUTO-MACRO 135mm F4.5 ZUIKO AUTO-MACRO 38mm F2.8 ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 ZUIKO AUTO-T 100mm F2 ZUIKO AUTO-W 21mm F2 ZUIKO AUTO-W 24mm F2 ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2 ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4 ZUNOW ELMO-CINE 6.6mm 1:1.1 Dマウント ZUNOW-ELMO CINE 13mm1:1.1 Dマウント おすすめサイト グルメ・クッキング テレイドスコープ パピヨン ペット 動画 屋上緑化 携帯・デジカメ 携帯接写レンズ Kenko MPL-PX 携帯虫の目レンズ Kenko MPL-WA 旅行・地域 紫外線写真 育児 自作ソフトフォーカスレンズ 自作宙玉 自作虫の目レンズDAIWON DW1634M F1.4 街角スナップ 赤外線写真 趣味 風景 魚露目8号