2014年4月 7日 (月)

八ヶ岳を赤外線撮影

去年の9月に撮影した八ヶ岳の赤外線画像から

_10101142
カラマツ。
赤外線写真だとありふれた風景が幻想的になります。
_10101222
たしか,紅葉したコナラだったと思います。
こうなると判別は難しい(^^ゞ
_10101232
別荘地の道路。
_10101281
この木はなんだったかな?
_10101321
うーん,何でしょう?
_10101501
季節外れのアサギマダラ。
尾羽打ち枯らした姿は哀れを誘います。
 
機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,IR950フィルター併用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

羽村堰の桜 赤外線写真

1年ぶりの羽村の堰の桜祭り。

_1010207
久々の好天で撮影日より。
_1010219
羽村の堰の定番撮影スポット。
様々なカメラマンが幻想的で見事な赤外線風景写真を発表しているけれど,なかなかあの様な写真は撮れない。
_1010223
赤外線で撮影すると何でも桜のように写る。
今回は正真正銘の桜。
_1010230
画面右下にいるのはアメリカンピットブルのお嬢さん。
夜店が並んでごった返しているけどピットブルの周囲は人がいません(^^)
可愛らしい女の子なんですけどね,なんというか存在感ありすぎでして(^_^;)
_1010231
赤外線写真は逆光だと難しい。
_1010234
やっぱ順光でしょう。
順光の方が絵になるし,画像調整も易しい。
 
機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,IR950フィルター併用。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

紫外線による風景撮影 その7

とりあえず完成した紫外線写真だけど,モノクロームで面白みがない。
そこで,BチャンネルカラーとBチャンネルグレイスケールを合成した。
う〜ん,何となく紫外線写真っぽくなった。
まあ,イメージ的にだけど。
早く八ヶ岳に行って花や昆虫で試してみたいψ(`∇´)ψ

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
1000510bw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月31日 (木)

紫外線による風景撮影 その6

昨日の写真をグレースケール化した。
写真1枚目がBチャンネル。
これが純粋な紫外線写真,のハズ。
2枚目がRチャンネル。
これが純粋な赤外線写真,のハズ。
3枚目がGチャンネル。
これは…なに写真?
やっぱり分からない。
これを見ても分かるとおり,撮ってだしだと紫外線写真と言うより赤外線の影響の方が遙かに大きいことが分かる。
紫外線写真を愉しむにはBチャンネルだけ取り出し,グレースケール化する必要がありそうだ。
しかしながら,結果的にどの写真も明るさが違うだけで写りはほとんど同じ。
やはり花や昆虫,鳥を撮影しないと差が出にくそう。
昆虫は人間の可視光線域と異なり紫外線域を多く認識するらしい。
花は紫外線で撮影すると昆虫を引きつける独特の模様が出るようだ。
昆虫も紫外線で撮影すると普段と違う模様が見えるらしい。
また,昆虫や花を食べる鳥の目も紫外線を認識する機能があるらしい。
人間では♂♀で同じに見えるカラスも紫外線だと微妙に違って見えるという。
チョウゲンボウはネズミの糞を紫外線で認識し,上空からネズミの巣穴の在りかを簡単に見破るという。
擬態していて環境に紛れ込み,人間の目では見つけにくい昆虫も,鳥は瞬時に見破ってしまうと言う。
鳥を狙うにはこのレンズは短すぎるし,昆虫や花を撮るには寄れなさすぎる。
防犯レンズの宿命か,用途には向かない。
あとは接写リングを噛ませるしかない。

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510bbw


_1000510rbw


_1000510gbw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

紫外線による風景撮影 その5

今度はBRG三つのチャンネルを別々に単独で取り出した。
写真1枚目はBチャンネル。
う〜ん,暗い。
コレが紫外線写真?
2枚目はRチャンネル。
明るい!
コレは赤外線写真?
3枚目はGチャンネル。
BとRの中間の明るさ。
これって…なに写真?
可視光線カットフィルター付けてるのに紫外線でも赤外線でもないの??
分からない。

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510b


_1000510r


_1000510g


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

紫外線による風景撮影 その4

カラーだと分かりにくいのでグレースケールに変換してみた。
写真1枚目はRチャンネルをカット。
赤外線の影響がないはず。
つまり紫外線写真。
2枚目はBチャンネルをカット。
紫外線の影響のない赤外線写真のハズ。
3枚目はRGBチャンネル全てある写真。
3枚目が一番明るいのは分かるが,なんで2枚目が1枚目より明るいの…?
紫外線撮影用の石英レンズなのに,紫外線より赤外線の方が透過しているなんて…?
Extenderの影響は?
マスターレンズは紫外線が透過するようにコーティングされていない。
しかし,エクステンダーはアンバーコーティングされている。
これが紫外線の透過率を下げているのかも。
ところで,Gチャンネルって,一体なに?
BとRしか無いんじゃない?
可視光線を透過しないのになぜ?

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510gb


_1000510rg


_1000510rgb


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

紫外線による風景撮影 その3

紫外線撮影と言っても可視光線をカットしただけなので,厳密に言うと紫外線と赤外線のミックス光のハズ。
石英レンズなので紫外線をより多く透過しているだろうけどミックスであることに変わりない。
ということで,フォトショップでRチャンネルのみをカットしてみた。
全体的にただ青い。
これって紫外線写真?
今度はBチャンネルのみカットした。
赤外線写真のハズなので赤くなるかと思ったらなぜか黄色い。
素直に赤外線カットフィルターを付けるといいのだが,このレンズ前玉径が1㎝ほどと小さく,フィルターネジもない。
それに赤外カットフィルターはマニアックなせいか効果なので自作加工する度胸もない( ̄Д ̄;;

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞りF5.6,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000510gb


_1000510rg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

LUMIX G2 科学医療撮影専用モデルの試写 その4

COSMICAR QARTZレンズに可視光線カットフィルター付き1.5×Extenderを併用して撮影。
通常光は使用しない,紫外線と赤外線のみによる撮影と思われる。
写真1枚目はシクラメン。
2〜5枚目は町の風景を角度を変えて撮影。
光線の角度の相違によって発色が変わるようだ。
6枚目はベゴニアやシャコバサボテンなど。
7〜8枚目はマロン。

シクラメンの写真は以前撮影したバジルの赤外線画像にそっくり。
やっぱり赤外線カットフィルターが必要だ。
DR655って25mm径が有るのかな?

風景写真の雲などはいかにも紫外線写真っぽい。

紫外線撮影のサイトを見るとPhotoshopでいろいろ加工しているようで,なかなか敷居が高い。
花や蝶など,可視光線では見えない模様が見えたり,蛍光は発したり。
撮影にも,ブラックライトを使ったり,紫外線フラッシュを使ったり。
まあ,とにかく本格撮影は来年の夏まで持ち越しだ。

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞り開放,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000055


_1000057


_1000060


_1000067


_1000068


_1000063


_1000071


_1000072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

レアアイテム,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender

恐るべきレアアイテムをゲット!
可視光線カットフィルター付き1.5×エクステンダー(Cマウント)だ。
通常光はカットされるが,赤外線と紫外線が透過するものと思われる。
Fujinon Zoom用と書いてあるが,Cマウントレンズならほとんど何でも使える。
ちなみに,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8も問題なく装着できる。
写真のとおり,思いっきりの手作りだ。ExtenderにIRフィルターを円形に近く切り抜いて貼り付けたもの。
作者は大胆な発想の持ち主のようだ。
私は目があまり良くないので,撮影時にはきれいに見えたが,写真にしてPCで見ると埃が凄い(^^;)
カメラも常時室内に置きっぱなので,あっという間に埃まみれ。
掃除しなくちゃ・・・

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_c253649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

LUMIX G2 科学医療撮影専用モデルの試写 その2

石英レンズだと赤外線の影響が大きいのか,やたらと赤いが,普通のM.ZUIKOレンズだとそれほど赤くならない。
紫外線,赤外線,通常光のMixだが,不思議な美しさがある。

機材:G2,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,オート
_1000009


_1000011


_1000018


_1000019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ANGENIEUX 9-36mm F1.8 | AUTO WELTBLICK 135mm F1.8 | Bushnell TROPHYCAM BLACK LED | Canon EF16-35mm F2.8 | Canon EF17-35mm F2.8 | Canon EF200mm F1.8 | Canon EF24-70mm F2.8 | Canon EF28-135mm F3.5-5.6IS | Canon EF300mm F2.8 | Canon EF35-300mm F3.5-5.6 | CANON FL-F 300mmF5.6 | CANON FL-F 500mm F5.6 | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 | CARL ZEISS DISTAGON 18mm F4 | CARL ZEISS DISTAGON 35mm F1.4 | CARL ZEISS JENA SONNAR 300mm F4 | CARL ZEISS PLANAR 135mm F2 | CARL ZEISS PLANAR 50mm F1.4 | CARL ZEISS PLANAR 85mm F1.4 | CARL ZEISS S-PLANAR 60mm F2.8 | CINE YASINON 38mm F1.4 | COSMICAR 12.5mm F1.4 | COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8 | COSMICAR TELEVISION LENS 75mm F1.4 | EL-NIKKOR 63mm F3.5 | G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 | iPhone | ISCO Gottingen ISCORAMA | Kern Macro-Switar 36mm F1.4 | KERN SWITAR50mm F1.4 | KERN SWITAR75mm F1.9 | Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5 | Kodak EKTAR 80mm F2.8 | LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8 | Leitz Hektor 120mm F2.5 | Leitz Hektor 200mm F2.5 | Leitz Hektor 73mm F1.9 | Leitz Summarit 5cm F1.5 | Leitz Summilux-M 75mm F1.4 | Leitz Telyt 400mm F6.8 | Leitz Telyt 560mm F5.6 | M-ROKKOR 28mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 | M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4-5.6 | MAMIYA 645 MACRO MF 120mm F4 | MAMIYA-SEKOR FISHEYE ULD C 24mm F4 | MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4 | MAMIYA645 AF 45mm F2.8 | MAMIYA645 AF 80mm F2.8 | MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1 | NIKKOR-P・C 75mm F2.8 | NOVOFLEX NOFLEXAR | Schneider Xenon 25mmF1.5 | SIGMATEL YS 135mm F1.8 | SMC TAKUMAR 400mm F4 | SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95 | Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8 | THETA S | TOKINA AT-X 300mm F2.8 | TRU-PLAN Enbrighted 303mm F3.3 | ZENZANON 100 mm F2.8 | ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4 | ZUIKO AUTO-FISHEYE 16mm F3.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 135mm F4.5 | ZUIKO AUTO-MACRO 38mm F2.8 | ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 | ZUIKO AUTO-MACRO 90mm F2 | ZUIKO AUTO-T 100mm F2 | ZUIKO AUTO-W 21mm F2 | ZUIKO AUTO-W 24mm F2 | ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2 | ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm F3.5-6.3 | ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 | ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO | ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4 | ZUNOW-ELMO CINE 13mm1:1.1 Dマウント | おすすめサイト | グルメ・クッキング | テレイドスコープ | パピヨン | ペット | 動画 | 屋上緑化 | 携帯・デジカメ | 携帯接写レンズ Kenko MPL-PX | 携帯虫の目レンズ Kenko MPL-WA | 旅行・地域 | 紫外線写真 | 育児 | 自作ソフトフォーカスレンズ | 自作宙玉 | 自作虫の目レンズDAIWON DW1634M F1.4 | 街角スナップ | 赤外線写真 | 趣味 | 風景 | 魚露目8号