« 怪しいLE COULTRE その3 | トップページ | 八ヶ岳の動物たち »

2016年5月24日 (火)

怪しいLE COULTRE その4

アンティーク時計関連のサイトを参照すると,
「ジャガールクルトの始まりは、1833年に始まったスイスの小さな工房から。
時計を作る機械の設計から始まり、時計部品の製作へ、そして自ら時計の機械を生み出すにまで至り、時計メーカー・ジャガールクルトとして誕生することになります。
現在でも高級時計メーカーとして知られる,パテックフィリップ・バセロンコンスタンチン・オーデマピゲ・IWC・カルティエなど,そうそうたるメーカーに機械・部品を供給していたことから,1900年代の初めには既に相当の名声と信頼を得ていたことが伺い知れます。
その後,部品供給メーカーから,自身も時計メーカーとして参入し,1930年代になりジャガールクルト最高の一品と呼ばれるようになる,文字盤が回転する「レベルソ」を発表。その特殊性から、時計史に名を刻んだその時計は、現在でもジャガールクルトを代表する時計として作られ続けています。
デジタル時計が主流になるなど時代の移り変わりで,多くの時計メーカーが機械の自社生産をやめていく中,現在でも自社生産を続けているメーカーとして知られています。」
と,あるのでパテックを探すと…あった!
Patek1
Patek2
確かにムーブメントはよく似ている。
バセロンコンスタンチン(バシュロンコンスタンタン)では,
Vasheron1
Vasheron2
これはもう完全に同じ時計といっていい。
その他,HENRY-CAPTなんてのもあった。
Henrycapt
Henrycapt2
これも基本パーツは全く同じ。
 
写真はすべてインターネット上にアップされている画像です。

|

« 怪しいLE COULTRE その3 | トップページ | 八ヶ岳の動物たち »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪しいLE COULTRE その4:

« 怪しいLE COULTRE その3 | トップページ | 八ヶ岳の動物たち »