« 自作宙玉 その2 | トップページ | 羽村堰のヒメオドリコソウ »

2014年5月11日 (日)

羽村堰の桜 vs ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO

フォーサーズシステム終了となって,手元に置いておきたいレンズをいくつか物色。

このレンズはフォーサーズシステムの中でも定番中の定番。
これを神レンズと呼ぶ人もいる。
デジタルで使っても何一つ文句の言いようのない OM ZUIKO の 50mm と 90mm を所有しているので特に必要性を感じず,購入していなかった。
しかし,フォーサーズシステム終了となり,M.ZUIKO 60mm MACRO の登場で中古価格も安くなったので購入した。
実は,OM ZUIKOも購入したのはOMシステム終了後相当の年数が経過してから中古で購入した。
こちらは中古でも非常に高価だった。
デジタルは本体だけでなくレンズも中古だと値崩れが大きいようだ。
確かに,鏡胴の造りはアナログ時代と比べるとチャチだ。
でも,デジタルの中ではマシな方だと思う。
_em10101
羽村の堰と玉川上水を築いた玉川兄弟の像。
_em10104
桜祭りで賑わう羽村の堰。
_em10108
対岸の土手は空いているので純粋の花見客はこちらに来る。
_em10115
人気もなく落ち着いて撮影できる。
_em10120
せっかくのマクロレンズなのでアップで1枚。
評判通りの素晴らしい写りだ。
OM時代の定番 90mm がフォーサーズシステムでついに登場しなかったことが惜しまれてならない。
 
機材: E-M1,ZUIKO DIGITAL ED 50mm MACRO,オート。

|

« 自作宙玉 その2 | トップページ | 羽村堰のヒメオドリコソウ »

旅行・地域」カテゴリの記事

ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽村堰の桜 vs ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2 MACRO:

« 自作宙玉 その2 | トップページ | 羽村堰のヒメオドリコソウ »