« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月28日 (金)

2本の135mm F1.8 その2 Spiratone Telephoto YS 135 F1.8 by SUN(?)

SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mm F1.8

レンズ銘は上記のとおり。
昨日紹介したAUTO WELTBLIC 135mm F1.8も,SPIRATONE 135mm F1.8 としても販売されている。
Coverimage_mg_1218
これが昨日のレンズ,AUTO WELTBLIC 135mm F1.8。
重量は,我が家の体重計(^_^;)で計ると800g。
_3124449
こちらが今日のレンズ,SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mm F1.8。
こちらは,1200g。
デザインも,重量も全く別物。
あるサイト(http://forum.mflenses.com/viewtopic.php?t=5948&start=30)によると
Spiratone
左が今日のレンズ,右が昨日のレンズということらしい。
それでは,今日のレンズの作例。
8bdt1122
F1.8。機材:EOS 1Ds。
8bdt1127
F4。機材:EOS 1Ds。
8bdt1134
F1.8。機材:EOS 1Ds。
8bdt1141
F4。機材:EOS 1Ds。
 
このレンズはYSマウントだ。
YSマウントはSIGMAとSUNで製造している。
SIGMAはSIGMATEL YS 135mm F1.8という,紹介した2本とは全く別物のレンズを製造しているので,このレンズはSUNの製造と判断しているようだ。
ただし,SIGMAは異なる設計の135mm F1.8を製造している。
SIGMA XQ はレンズの最大径70mm,重量940g。
SIGMA YS は同80mm,765gだ(クラシックカメラ専科№38)
どちらも今日紹介するSPIRATONEとは一致しない。
_3124457
上の写真はSIGMATEL YS 135mm F1.8。
SIGMATELはフィルター径77mm(上記2本は82mm)という非常にコンパクトなレンズで,銘玉として非常に効果に取引されているSMC PENTAX-A 135mm F1.8のベースとなったとされる。
件のサイトによると,
Sigmatel
ということで,確かにPENTAXはSIGMAの改良型と言えなくもない。
 
このPENTAXをはじめ,最近のZEISS 135mm F1.8はいずれも10万円以上の高値なのに対し,今回のSPIRATONEはたったの2万円でゲット!
新品同様だとそれなりに高価だが,おおかた2〜3万円で入手可能なB級ブランドレンズは写りもすばらしく(逆光には弱い),レンズの作りも重厚で決して安物のレンズではない。
この時代の135mm F1.8は設計製造が同一のレンズが多くのブランド名を冠して多数出回っているほか,設計製造の異なるレンズも少なくとも5種類ある。
異なる設計で同一名だったり,同じ設計で別名だったりとややこしいが,これだけ多くあると言うことは,当時海外では相当人気があり,製造メーカーももてる技術の粋を投じて作ったのだろう。
大変失礼だが,当時のMITAKE,SUM,SIGMAは安かろう悪かろうの安物レンズを製造しており,日本では不人気だったようだ。
おそらく,これらのメーカーは技術がないのではなく,カメラメーカー純正品との対抗上の営業戦略として価格勝負をしていたのだろう。
気合いを入れればカメラメーカーでは作れないようなこんなレンズも作れたのだ。
ちなみに,SIGMAは現在では第一級の品質のレンズを多数市場に供給している。
残念ながらMITAKEとSUNは現在は倒産したか,もしくはブランドが海外へ売られてしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

2本の135mm F1.8 その1 AUTO WELTBLICK by MITAKE

AUTO WELTBLIC 135mm F1.8

レンズ銘は上記のとおりだが,これと全く同じデザインのレンズは数種類有る。
たとえば,KENLOCK MC 135mm F1.8,RORST TELE 135mm F1.8,SPIRATONE PLURA-COAT By MITAKE 1:1.8 f=135mm,FORMULA 5 MC 135mm F1.8 by MITAKE。
 
最後の2種にBY MITAKEの文字があるので三竹光学の製造であることは間違いなさそうだ。
その他,まだ見たことはないがEymic,Owenなどのブランドがある。
それに,私は同じデザインでSigmaブランドも見たことがある。
ただし,SIGMAはレンズメーカーなので三竹光学からレンズの供給を受けたとは考えにくく,他人の空似かも。
なお,SIGMAとSPIRATONEはこれと全く別のデザインのレンズを発売しており,私はそれらも所有している。
8bdt1106
F1.8 。
8bdt1109
F4。
8bdt1116
F1.8。
8bdt1118
F4。
 
EOS 1Dsは,オールドレンズで撮影すると絞りによって露出が変わってしまうので撮影しにくい。
今回のような暗い室内での撮影では露出が変わると色味も変わるのでなんとも(-_-)
大口径を活かし,雨の日にレースのカーテンを閉め,電球光での手持ち撮影。
絞り開放から安定した描写で,こういう条件では開放F1.8の威力は絶大だ。
知人からいただいたシクラメンが6月というのにまだ花をつけている。
もちろん,屋外で普通に撮影しても素晴らしい描写でボケも美しい。
ただし,長めのフードを使用しないと逆光ではシラーッとした描写になる。
2〜3万円で入手可能な点も評価できる。
発売当時はどのくらいの価格だったのだろうか。
 
機材:EOS 1Ds,AUTO WELTBLICK 135mm F1.8。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

八ヶ岳のゴジュウカラ

今年4月,Canon FL-F300mm F5.6の試運転。

_s152567
赤岳山麓にはカラ類が多い。
ゴジュウカラは他のカラ類と異なり,コゲラのような行動パターンだ。
_s162571
FL-F 300mmは古いレンズだが現代的ないい描写だ。
なにより非常にコンパクトで取り回しが楽。
500mmとことなりバランスはよいが,暗くてピントの山はつかみにくいのは500mmと同様。
_s182576
今年の八ヶ岳は雪が多い。
山に食料が少ないのか,多くのシカが里まで下りてくる。
X-Pro1は視度調節がないのでEVFだとピントに苦労する。
視度補正レンズを買わねば。
 
機材:X-Pro1,FL-F 300mm F5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

手術後のピーター

手術後,退院してきたピーター。

_s042452
食欲もあり,元気なので生死をかけた大手術を二度も生き抜いた。
傷口をなめないのでカラーは必要ない。
_s052457
とても穏やかで気弱な性格だがシンは強いのかも。
_s062458
すっかり痩せて体重は4.3㎏しかない。
ガタイが大きいので全盛時は6㎏有った。
もっとも,ドクターは適正体重は4.5㎏という。
要するに肥満体だったのだ。
食欲がねえ〜有るから。
まあ,それで生き抜いたんだし。
 
Leitz Summarit 5㎝ F1.5は世評では芳しくない評価だ。
開放ではピントが来ないしぼけが汚いという。
しかし,実際に使ってみると絞り開放でもしっかりした描写でシャープなピントと美しいぼけだ。
穏やかなピーターが一段と優しく写る。
私の大好きなレンズで,この個体は鏡胴が二つに分離していたジャンクレンズを買ってムリムリ押し込んで使っている。
そのうち完全な個体を買おうと思っていたが,以前は二束三文だったSummaritだが,なぜか最近はやけに高くなってきた。
そのため,レンジファインダーのライカで使うと絞り開放では微妙に前ピンなるが少し絞ると問題ない。
一眼で使うと絞り開放でも全く問題ない。
このレンズは今,おなじくジャンクで買ったライカM3とともアン姉ちゃんの所に行った。
この時代のカメラやレンズは構造が単純でオールメカのせいか,ジャンクと表示されていても使用上全く問題ないものが多い。
 
機材:X-Pro1,Summarit 5㎝ F1.5,開放。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

八ヶ岳の野鳥

今年のGWは例年にない寒さのためか,比較的人が少なくそのぶん野鳥は多かった。

_5052983
ヒガラ。
_5052970
アカゲラ。
_5052934
カワラヒワ。
_5052929
キジバト。
_5032880
ホオジロ
_5032861
マヒワではないかと…写真が小さくてどうも(^_^;)
あ〜,Zuiko Digital ED 300mmF2.8が欲しい!
でも,有っても使わないんだろうな重いから。
_5032851
うーん,ビンズイ…ですかね?
写真が小さくてm(_ _)m。
_4302777
モズ。
 
機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

八ヶ岳のアオゲラ

アオゲラは八ヶ岳の常連だ。

阿弥陀岳山麓ではアカゲラとともにいつでも見られる。
_5012804
アオゲラはけっこう大きな鳥なので動けば目立つが,地味な体色なのでじっとしていると目立たない。
_5012798
ほとんど木の一部になりきっている。
_4272617
日当たりのいいところは一面蕗の薹が出ているが,誰も採らない。
せめて写真を撮ってあげよう。
_5032857
この季節は涼しく日差しもそれほどではないので真昼でも安心して犬の散歩ができる。
_5012796
 
機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

八ヶ岳のルリビタキ

GWの八ヶ岳山麓はまだ新緑の季節でなかった。

年によっては新緑の盛りのこともあるのだが,今年はまだ一部残雪が残るなど,例年よりずっと寒い。
_5052942
阿弥陀岳山麓は白樺の林が多く,木々の緑が少ない殺風景を緩和している。
_5052920
新芽が出始めた小枝に鳥の巣が有った。
_5042916
わき水のせせらぎには緑に覆われ,一面茶色い風景の中に鮮やかな緑が輝いている。
_5012809
タンポポの花にとまるカトリバエ。
_4272615
GWのころに多いルリビタキの雄。
小枝の中にいる鳥を撮るのは難しい。
最初,手前の小枝にピントが来ていたので調整したら今度は奥の小枝にピントが来てしまった。
もう少し大きく撮影しようと一歩前進したら飛んで言ってしまったのでとれたのはこの一コマだけ。
_4272634
こちらは雌。
地味な色なので存在に気付かないことが多い。
_5012807
今年は寒かったせいか,GWにもかかわらず車が少なかった。
 
機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

八ヶ岳のウグイスと桜

_4272621

GWの時季は阿弥陀岳山麓の日陰にタカネザクラが多数花をつけている。
_4272622
咲き始めは一つ一つの花の色が濃い。
_5022817
逆光だと一段と美しい。
_5032901
花期のピークになると白っぽくなる。
_4292670
「梅に鶯」というが,桜にウグイスを撮りたかったがメジロと違ってウグイスは藪の中に潜んでなかなか桜の枝にとまってくれない。
_4292672
風情のない写真だが,ウグイスはあちこちで囀っていても,声はすれど姿は見えず。
多数いる割にはなかなか写真に撮れない鳥だ。
それに「鶯色」ではなく「地味な茶色」。
「枯れ枝に鶯」では絵的にあまりに地味だ。
_5022814
暑がりのアン姉ちゃんと寒がりのピー姉ちゃん。
同じ季節とはとても思えない服装の差。
_4292651
お散歩スタート時はこの格好だったんですがねえ(^_^;)
 
機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

八ヶ岳のカケス

GWに八ヶ岳,阿弥陀岳山麓にて。

_5032837
阿弥陀岳にはまだ残雪が見られた。
_5032841
遠方の山はまだ真っ白だ。
_4292762
阿弥陀岳山麓でよく見られたのがこのカケス。
_4292743
山林の中から山麓の別荘地にいたるまでよく見られた。
_4292732
だみ声でギャーギャー鳴いてにぎやかだが,よく見るとなかなか美しい鳥だ。
_4292722
人が近付いても小鳥のようには逃げ出さない。
ほんの数m移動してはこちらの様子をうかがっている。
_4302782
ピーターとマロンの散歩には八ヶ岳農業実践大学校がいい。
_4302783
農場では牛がのんびり草をはんでいる。
_4302790
農場のおじさん?が山羊たちのことを説明してくれた。
_4302794
マロンは山羊が苦手みたい。
 
機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

またBushnell Trophy Cam テン

Mvii0100

これまた常連のテン君。
こちらも性別不明で,同一個体かも不明。
とりあえずいつものテン君と言うことで。
Mvii0108
しなやかな身のこなし,ふさふさのシッポ。
Mvii0024
あちらと思えばこちら。
Mvii0175
キツネ君と入れ替わり立ち替わりやってくる。
Mvii0110
もう一人の常連客,タヌキ君は今回は不在でした。
Mvii0294
キツネ,テン,タヌキ,シカが同じエリアでお互い出会わないように時季や時間をずらして訪れる。
Mvii0272
なかでもテンは滅多にお目にかかれない住人だ。
ニホンカモシカももう少し高度が高いとやってくるようだ。
これまで何度も目撃しているが,Bushnell Trophy Camには写っていない。
その他,クマも出没するようだが,こちらも写っていない。
 
機材:Bushnell Trophy Cam。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

またBushnell Trophy Cam キツネ

八ヶ岳の山荘に仕掛けておいたBushnell Trophy CamをGWに回収。

Mvii0099
常連のキツネ君。
実際の所性別は分からないし,同一個体かも不明。
とりあえず,いつものキツネ君と言うことで。
Mvii0092    
キツネと言えば狡猾な小物というイメージだが,なかなかどおして野生の迫力がある。
Mvii0089
アップにするといつもテレビで見るキツネよりむしろコヨーテのような迫力だ。
Mvii0064
この角度だとやっぱりキツネ(^_^)b
Mvii0216    
うん,まちがいなくキツネだ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

父島 小港園地 2

バス停から砂の小道を抜けると小港海岸へ出る。

_1000883
ここはアオウミガメの産卵地で,ウミガメの子が海へ戻る時季には観光客がカメに名前を付けて放流することもできる。
_1000884
ただ,残念なことに命名されたカメはいまだ戻ってこないという。
_1000885
海岸の脇の丘には野山羊の群れがいて,植物を食べ尽くしている。
_1000889
海岸に咲くコマツヨイグサ。
_1000892
ユリ。
_1000895
小港海岸にいるとき再び風雨が強まった。
バス停近くのモモタマナの大木の下で風雨を避け,ノブさんのツアー車の迎えを待つことに。
車に乗ったらツアー本部から二見港が時化てこのままだとPacificVenusに戻れなくなると言う連絡が入り,本日のエコツアーはここで中止。
翌日のホエールウオッチングはじめ全てのツアーが中止と決まった。
二見港につくと沖合に停泊しているPacificVenusに漁船に乗って戻った。
カッパを着ていてもパンツまでびしょ濡れ。
持参した愛機のX-Pro1とSummilux-m 75mmもG2とM.Zuiko Digital 14-150mmもずぶ濡れ。
防塵防滴でもないのに壊れなかった。
でも,後からカビが来るのが怖い(u_u。)
_1000897
最後に,中途で中止となり少ししか見られなかったが,世界遺産の島ここ小笠原にも人間が持ち込んだ動植物や偶然入り込んだ動植物が,固有種や自生種を圧迫している現実が痛いほど分かるツアーだった。
写真のようにここの生態系をこれ以上壊さないような取り組みも計られているが,とても十分とは言えない現状を痛感した。
島が完全の孤島で宿泊施設も僅かしかなく,世界遺産となった今も観光客があまり来ないのが救いかも知れない。
ただ,島の人は観光産業が発展せず世界遺産となった今も島の経済が停滞しいると言っている。
今回のPacificVenusのような洋上ホテルは,宿泊施設の少ない小笠原にとって有力な観光資源になるかも知れない。
その分,環境破壊の可能性は増大する。
経済発展と環境保全の両立ほど難しいことはない。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

父島 小港園地

中央山展望台から小港園地へ向かう。

_1000861
横殴りの強い雨が断続的に降ったり止んだりしているが,幸い雨は車で移動中に降り,現場に着くと止むというサイクルが続いている。
車から降りると立派な川が流れていた。
八瀬川といって時雨ダムから小港海岸へ注いでいる。
_1000863
この川にはマングローブはなく,かわりにオオハマボウが自生している。
オオハマボウは奄美大島以南と小笠原に自生している。
本種から派生したものにテリハマボウというのがある。
本種が海岸の多いのに対し,テリハマボウは山地に多いという。
_1000865
オオハマボウは日中は黄色く,
_1000866
夕方は黄色いという。
この時間帯は日中でもあいにくの天気で夕方のように暗いので黄色い花と赤い花が同時に咲いていた。
_1000870
小港海岸のバス停には巨大なベンガルボダイジュあり,グルッとロータリーになっている。
_1000872
小笠原や沖縄に自生するモモタマナ。
なぜかこの時季に葉が紅葉している。
小笠原では数少ない紅葉して落葉する植物だという。
_1000880_2
これはハスノハギリ。
沖永良部以南と小笠原の海岸に自生している。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

中央山展望台 2

中央山展望台に到着。

_1000843
台風並みの低気圧の到来で時折突風が吹く。
_1000845
小笠原固有種のタチテンノウメ。
_1000846
戦時中の電波探知機の土台。
_1000848
土台の穴から花がのぞく。
_1000851
二見港のPacificVenusの巨体も雨に霞む。
_1000859
移入種のアオノリュウゼツランは島のあちこちにある。
小笠原固有種ではないが自生種のヤエヤマオオタニワタリもある。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

中央山 登山口

_1000824

サンクチュアリのところに中央山展望台の上り口があり,案内看板がある。
_1000825_2
折からの台風並みの温帯低気圧直撃で登山口は真っ暗。
_1000831
小笠原固有種のマルハチ。
_1000832
ガイドのノブさんが植物の説明をしてくれるので助かる。
もっとも,ほとんど覚えていないが。
_1000835
タコノキのなかまのタコヅル。
これも固有種で,他の木に絡みつくのが特徴。
_1000837
防空壕跡。
こんなところに隠れたんですね。
閉所恐怖症の人は無理です。
ベトナムのクチトンネルを思い出しました。
_1000838
いよいよ山頂は間近。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

アカガシラカラスバト・サンクチュアリ

_1000818

長崎鼻展望台から中央山展望台へ向かう途中で野山羊の群れに出会った。
野山羊は可愛いが,島固有の植物を食い荒らすので駆除すべき動物ということだろ。
_1000820
山羊がいるそばにはこんな施設も。
JAXA小笠原追跡所だ。
種子島宇宙センターから打ち上げられたロケットの飛行状況を追跡する施設だ。
「かぐや」や「はやぶさ」の追跡もしたのだろう。
_1000821
その先は一帯が金網に覆われていた。
さっきの山羊の群れを見ればこの状況は仕方ないのだろう。
_1000823
金網の一角にアカガシラカラスバト・サンクチュアリの入り口がある。
ここはガイド同伴でないと入れない。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

小笠原 父島 中央山展望台

_s123035

長崎鼻展望台からアカガシラカラスバト・サンクチュアリの脇を抜けて中央山展望台へ向かう。
中央山登山口から山頂までの途中の山道はうっそうとして暗い。
折からの雨空で一層暗さを増した。
その中に小笠原の固有種,メヘゴがあった。
暗いのでおもいきりブレている。
_s143040
マルハチの隣にはハゼノキ。
これは戦前にロウソクの原料として移入したものらしい。
_s163044
メヘゴの下には小笠原固有種ムニンシラガゴケの群落がある。
_s173046
中央山展望台に戦時中の電波探知機の土台が残骸になっている。
その残骸に可憐な花が一輪?咲いていた。
_s183051
展望台から二見港に停泊するPacificVenusを望む。
台風並みの低気圧の影響で先ほどから降り始めた雨に霞む。
_s193054
ここにもアオノリュウゼツランが…
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

小笠原 父島 長崎鼻展望台3

_1000793

展望台入り口の駐車場には立派な石垣がある。
_1000801
展望台から兄島を望む。
_1000802
これが長崎鼻。
_1000805
アオノリュウゼツラン。
_1000806
展望台周辺の密林。
_1000811
タチテンノウメ。
_1000809
シラゲテンノウメ。
_1000812
これは近年小笠原で大量に繁茂しているというセンダングサ。
ここ長崎鼻展望台の原生林の脇にも有った。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

小笠原 父島 長崎鼻展望台 2

前回の続き

_s023006
名前の分からなかった植物の名前がランタナと判明。
中南米原産の外来植物でした。
小笠原固有種自生地である長崎鼻に進出している。
_s033008
こちらも前回不明だったがこれも外来種のホナガソウのようだ。
う〜ん,せっかく写真撮ってきたのに外来種ばかり(--;)
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

小笠原 父島 長崎鼻展望台

_s043014

長崎鼻展望台から兄島を望む。
_s063020
展望台周囲にはタコノキやマルハチなどの固有種に混じって外来種のアオノリュウゼツランがある。
これはテキーラの原料となるリュウゼツランとは別種で,繊維を使って織物にしたらしい。
_s073021
タコノキ(写真上)とマルハチは島のあちこちで見かける。
_s093027
これも固有種,タチテンノウメ。
_s103030
上とよく似たシラゲテンノウメ。
これも固有種で,展望台へ行く遊歩道で両方並んで咲いていた。
この2種が同じ場所で咲くのは珍しいという。
 
機材:X-Pro1,Summilux-M 75mm F1.4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

小笠原 大神山公園 2

_1000766

一段と雲行きが怪しくなってきた。
熱帯,亜熱帯地域では紫外線の影響かフィルムでもデジタルでもカラーバランスにズレが生じる。
UV/IRフィルターを装着して撮影したが,ズームを広角側にするとどうも効きがおかしい。
中央と周辺でカラーバランスが異なっている。
_1000770
小笠原二見港周辺は異国の風景。
ニューカレドニアなど太平洋の島の風景に似ている。
_1000774
民家の庭にパパイヤが。
_1000778
小笠原のゴキブリ(東町にて)。
_1000782
小笠原のカタツムリ(ビジターセンターにて)。
_1000783
小笠原のメジロ(ビジターセンターの庭にて)。
 
機材:Lumix G2,M.Zuiko Digital ED 14-150mm F4.0-5.6。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »