« いよいよハロン湾へ | トップページ | FL-F 300mm F5.6試写。 »

2013年4月 2日 (火)

ハロン湾クルーズ

バージの生け簀を離れてしばらくクルージングしていると有った有った!

TVでおなじみの島。
海の桂林と言われる所以だ。
_1150245
桂林のような島の手前にまた生け簀が…
ここにもスギがたくさん泳いでいる。
こっちは腰痛と食欲不振で興味半減。
_1150250
この島の形はどこかで見た…
そうだ! ニューカレドニア!
_1150255
いかん! 腰痛が酷くなって歩くのもしんどい。
写真撮影どころじゃなくなってきた(;ω;)
E-3がズシリと重く感じる。
船の中で横になって休んでいるとまた着岸。
ティエンクン鍾乳洞の見学だ。
日本の秋芳洞などと比べると圧倒的な規模だ!
しかし…このライティングは何だ?
ケバくてまったくの興ざめ。
ベトナムではこう言うのが受けるのだろうか?
_1150261
しかし,圧倒されるスケールだ!
_1150264
だが,鍾乳洞の内部が妙に乾燥している?
_1150270
内部環境が人工的でどうも…
_1150273
鍾乳洞の入り口は低いところにあるのに外に出てみれば島の上の方に出た。
展望台でハロン湾の景色を撮影しようと思ったらみんなさっさと下りてしまい,慌てて追いかけたのでなにも撮影できなかった。
結局港から船に乗って帰路につく。
_1150276
船に乗る頃には腰痛が我慢の限界を超えるほどに。
帰りの船中も車中もじっと座っていられないほどでもだえ苦しむことに。
気がつけば,この日は朝からおしっこしていない。
夕食はとても食べられる状態ではなく,高熱が出てきた(体温計がないので分からなかったが凄い熱)一人ホテルに戻って寝ることになった。
ホテルでシャワーを浴びたあと,意識を失うように寝た。
明日朝帰国の予定なのでとにかく水分だけ気をつけた。
翌朝は少し元気になったがあいかわらず食欲が無く,ペットボトルのお茶を買ったが,ナント砂糖が入っていて甘いのでとても飲めない。
結局前日の朝から絶食のまま帰国。
飛行機の中もしんどかったが昨日と比べるとだいぶ良い。
帰国し我が家に帰ってきたが,ピークを過ぎた感じでけっこう楽になった。
念のため熱を測ると40度を優に超えている。
病院に行って検査してもらうと酷い細菌感染と腎盂腎炎と診断された。
どうりでおしっこが出ないわけだ。
1回目のベトナム旅行は,出発前まで体調を崩して寝込んでいたが,現地に着いてから絶好調になった。
今回も全く同じパターンだったが,最後の最後にやられてしまった。
腎炎で腰が痛いのを腰痛と勘違いしたのが命取り。
出先で体調を崩した場合は遠出せずにホテルでゆっくり休養をとるべきでした。
(_ _ )/
 
機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 14-52mmF2.8-3.5。

|

« いよいよハロン湾へ | トップページ | FL-F 300mm F5.6試写。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハロン湾クルーズ:

« いよいよハロン湾へ | トップページ | FL-F 300mm F5.6試写。 »