« ゆうたろう君 永眠 | トップページ | 八ヶ岳散歩 なぜかワーゲンの海 »

2012年4月28日 (土)

MAMIYA-SEKOR MACRO 80mmF4 vs 八ヶ岳

写真1枚目はザゼンソウの芽,絞り開放。
2枚目はミズバショウの芽,絞り開放。
3枚目と4枚目は八ヶ岳自然文化園の風景,絞り開放。
5枚目はピーターとマロン,絞り開放。
6枚目は同じ写真を絞りF8で撮影。
7枚目は山荘付近で,絞り開放。

私が愛用しているMAMIYA645 MACRO MF120mmF4の描写が素晴らしいので大いに気に入っていた。
ところが,この前身のレンズ,MAMIYA-SEKOR MACRO A 120mmF4を紹介しているサイトでは評価が芳しくない。
かわりにMAMIYA-SEKOR MACRO 80mmF4を絶賛している。
というわけで試しに買ってみた。
この時代のMAMIYA-SEKORは数千円で入手可能なのに2万円もした。
この価格に期待が膨らんだが,実際には120mmの方が解像度はもちろん,全てが上の描写。
80mmは,この時代のレンズとしては総らしかったのだろう。
確かに悪くない描写だが,抜けが全然違う。
それでも現在MAMIYAにはこのクラスのマクロがないので重宝しそうだ。
描写も最新のレンズには及ばないという当然の結果であり,今でも実用的には全く申し分ない描写だと思う。
それから,このレンズの鏡筒先端には意味不明のリング?メカ?がある。
なにか専用のアダプターでもあるのだろうか。
また,要らぬ出費が…

機材:ZD,MAMIYA-SEKOR MACRO 80mmF4
Mmfc2341


Mmfc2347


Mmfc2353


Mmfc2359


Mmfc2363


Mmfc2364


Mmfc2377


|

« ゆうたろう君 永眠 | トップページ | 八ヶ岳散歩 なぜかワーゲンの海 »

旅行・地域」カテゴリの記事

パピヨン」カテゴリの記事

MAMIYA-SEKOR MACRO 80mm F4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MAMIYA-SEKOR MACRO 80mmF4 vs 八ヶ岳:

« ゆうたろう君 永眠 | トップページ | 八ヶ岳散歩 なぜかワーゲンの海 »