« 羽村の堰 さくらまつり | トップページ | WI-FIが繋がらなくて »

2012年3月16日 (金)

とりあえず Telyt 400mmF6.8 試写

1枚目は我が家の庭のうさぎ。
なかなか良い感じだ。
2枚目は,これも我が家のシーサー。
ちょっとピンぼけで手ブレ。
この明るさだと日陰の手持ちは厳しい。
3枚目はベランダから撮影した遠景。
シラーっとしているが,遠景はこんなモンだろう。
全体として,1群2枚のおもちゃのようなレンズの割には非常によい絵だと思う。
評判通りの良いレンズだ。
現在ではたった2万なので納得だが,昔はウン十万したらしい。
1群2枚のレンズでその値段は異常だよね。
それにしても,EOS 1Ds に Telyt と Novoflex を付けても10万もしない。
全部新品なら100万は優に超えるが中古だとメチャクチャ安い。
おまけにサブ機はEOS 1Dだ。
そのまんま見たら金持ちの道楽者に見えるかも。
実際は金欠病だが。

機材:EOS 1Ds,Leitz Telyt 400mmF6.8,開放
8bdt0013


8bdt0014


8bdt0018


|

« 羽村の堰 さくらまつり | トップページ | WI-FIが繋がらなくて »

Leitz Telyt 400mm F6.8」カテゴリの記事

コメント

そうなんですか。
1群2枚なんてクローズアップレンズによくあるパターンですが,そんなに大変なんですか。
確かによく写ります。
telytもnoflexarもビシッと決まると文句なしの画質です。
でも,暗いのでマユアルでのピント合わせはシビアで,泣かされますね。
光線状態が悪いとブレも怖い(ノД`)

投稿: 五島灘 | 2012年4月 1日 (日) 19時40分

1群2枚だと精度を出すのが大変すぎて歩度マリ最悪だそうです。規格からはずれた品の山になるそうです。←きちっと作ればの話ですが・・・・・きちっとやってない会社の1群2枚はそんな事ありませんがライカがやると大変なようです。10群12枚とかの今時の構成の方が作る側とすればよっぽど楽なんだそうです。

投稿: | 2012年3月23日 (金) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず Telyt 400mmF6.8 試写:

« 羽村の堰 さくらまつり | トップページ | WI-FIが繋がらなくて »