« ど迫力 Spiratone Telephoto YS 135mmF1.8 | トップページ | 瓢湖のカモ その2 »

2012年3月10日 (土)

SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mmF1.8 vs AUTO WELTBLICK 135mmF1.8(MITAKE MITAKON)

手持ちのレンズの中でスピラトーンに似ているのがオート・ウェルトブリック。
ともにフィルター枠82mmの巨大なレンズだ。
しかし,鏡胴デザインがまるで違う。
スピラトーンは頭から尻までマウントを除きまったくの寸胴。
一方,オート・ウェルトブリックは前玉が太く,マウントまでなだらかに細くなるデザイン。
並べるとスピラトーンの方が遙かに巨大だ。
ウェルトブリックはほとんど同じデザインの鏡胴で,AUTO WELTBLICK,PORST,EYEMIK,FORMULA 5 by MITAKE,その他様々なブランドで販売されている。

AUTO WELTBLICK 135mmF1.8
撮影:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2
Autoweltbrick


SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mmF1.8
撮影:M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
_3084432

AUTO WELTBLICK 135mmF1.8の光学系は以下の通り「http://www.fredmiranda.com/forum/topic/1089593」。
Mitake
Spiratone 135mmF1.8とは全く違う。
この光学系はサイトではSpiratone Plura-coat 135mmF1.8 Made in Japan by Mitakemとしている。
しかし,Mitake ブランドの135mm F1.8のレンズの外観はAUTO WELTBLICKと同じで,SPIRATONEとは全く似ていない。
もしかしたらAUTO WELTBLICKはSPIRATONEブランドでも販売しているのかも知れない。
このサイトでは,この他に昨日紹介したSPIRATONEの光学系を掲載しており,SPIRATONEブランドでは少なくとも2種類の135MMF1.8を販売していることになる。
ちなみに,AUTO WELTBLICKを製造してしているMITAKEとは東京都練馬区にあった三竹光学で,MITAKONというブランドでレンズを製造販売していた会社と思われる。
MITAKONブランドのレンズは現在では中国でMitakon Opticsという会社が製造しているが,三竹光学との関連はよく分からない。
この三竹光学はネットで検索してもほとんどヒットせず,どのような会社でどんなレンズを製造していたのかよく分からない。
しかし,このMADE by MITAKEのレンズは135mmF1.8のレンズ群のなかではダントツの価格で,6万円前後で販売されている。
実写の結果も素晴らしいと思う。
かなり力のあるメーカーだと思うのだが…

|

« ど迫力 Spiratone Telephoto YS 135mmF1.8 | トップページ | 瓢湖のカモ その2 »

AUTO WELTBLICK 135mm F1.8」カテゴリの記事

Spiratone Telephoto YS 135mm F1.8」カテゴリの記事

コメント

追加情報
サイトのリンクを張り忘れましたm(。_ 。)m
http://www.flickr.com/photos/miguelno/3870174909/

投稿: | 2012年3月15日 (木) 16時23分

追加情報
MITAKONのレンズ資料に135mm f1.8なんて無いですね。それに鏡胴デザインも違いすぎる。なんかあやしくなってきた(ノ_-。)

投稿: | 2012年3月15日 (木) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mmF1.8 vs AUTO WELTBLICK 135mmF1.8(MITAKE MITAKON):

« ど迫力 Spiratone Telephoto YS 135mmF1.8 | トップページ | 瓢湖のカモ その2 »