« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の記事

2012年3月16日 (金)

とりあえず Telyt 400mmF6.8 試写

1枚目は我が家の庭のうさぎ。
なかなか良い感じだ。
2枚目は,これも我が家のシーサー。
ちょっとピンぼけで手ブレ。
この明るさだと日陰の手持ちは厳しい。
3枚目はベランダから撮影した遠景。
シラーっとしているが,遠景はこんなモンだろう。
全体として,1群2枚のおもちゃのようなレンズの割には非常によい絵だと思う。
評判通りの良いレンズだ。
現在ではたった2万なので納得だが,昔はウン十万したらしい。
1群2枚のレンズでその値段は異常だよね。
それにしても,EOS 1Ds に Telyt と Novoflex を付けても10万もしない。
全部新品なら100万は優に超えるが中古だとメチャクチャ安い。
おまけにサブ機はEOS 1Dだ。
そのまんま見たら金持ちの道楽者に見えるかも。
実際は金欠病だが。

機材:EOS 1Ds,Leitz Telyt 400mmF6.8,開放
8bdt0013


8bdt0014


8bdt0018


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

羽村の堰 さくらまつり

先週の日曜日,ピーターとマロンを連れて青梅市の吉野梅郷へ行ってきた。
2月18日から3月31日まで梅まつりを開催しているが,この寒さで梅の開花はさっぱり。
見頃は3月下旬以降の見込み。
一方,羽村のさくらまつりは3月27日から4月10日まで開催。
こちらの桜もこの寒さで開花は遅れ気味。
見頃はやっぱり3月下旬以降の見込み。
この分だと今年は梅郷の梅と羽村堰の桜が同時に見頃となるかも。
さて,どっちを見に行こうか( ̄Д ̄;;

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb0048_2


101_0236_2


101_0239_2


101_0252_2


101_0276_2


101_0286_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

Spiratone 135mm 試写

とりあえずマロンを撮影。
ピントの合っているところは絞り開放から素晴らしくシャープだ。
モノコートながら発色もクリアで落ち着いている。
背後のボケは大きくきれいだ。
レンズを前から覗くとコバの部分が白く光っている。
この時代のレンズの特徴でもあるが,反射防止の黒塗装がされていないか劣化している。
晴天時屋外での撮影には注意が必要だ。
基本的には室内など光線状態の良くないところで自然光での撮影に適したレンズだ。
室内のペット撮りにも向いている。

機材:EOS-1Ds,Spiratone YS 135mmF1.8,開放
8bdt0120


8bdt0141


8bdt0150


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

SIGMATEL YS 135mmF1.8 と SMC PENTAX-A 135mmF1.8

手持ちのもう一つの135mm ハイスピードレンズ,シグマテルYS 135mmF1.8。
このレンズは3本の内もっともコンパクト。
あのペンタックス-A 135mmF1.8のベースレンズと言われている。
レンズエレメントの基本構成は同じと思っていたが,レンズ構成図を見てみると確かに似ているが,そもそもレンズの構成枚数が違う。
前群はほぼ同じだが,後群のレンズがペンタックスは1枚多い。
これは改良型と言うより完全に別のレンズのようだ。
そもそも,現在の市場価格はペンタックスはシグマテルの10倍。
これで中身が同じなんて…ないよね(^^ゞ

撮影機材:M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
SIGMATEL YS 135mmF1.8
_3124457

SYGMATEL YS 135mmF1.8の光学系は以下の通り「http://www.fredmiranda.com/forum/topic/1089593」。

Sigma

SMC PENTAX-A 135mmF1.8の光学系は以下の通り「http://www.fredmiranda.com/forum/topic/1089593」。
Pentax


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

瓢湖のカモ その2

ハクチョウは来へ去った後はカモの天下。
写真1枚目はハシビロガモ♂。
2枚目は同♀。
3枚目はヒドリガモ♀♂。
4枚目と5枚目はキンクロハジロの若い個体。
6枚目はキンクロハジロ。

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb0548


7adb0551


7adb0553


7adb0560


7adb0580


7adb0590


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mmF1.8 vs AUTO WELTBLICK 135mmF1.8(MITAKE MITAKON)

手持ちのレンズの中でスピラトーンに似ているのがオート・ウェルトブリック。
ともにフィルター枠82mmの巨大なレンズだ。
しかし,鏡胴デザインがまるで違う。
スピラトーンは頭から尻までマウントを除きまったくの寸胴。
一方,オート・ウェルトブリックは前玉が太く,マウントまでなだらかに細くなるデザイン。
並べるとスピラトーンの方が遙かに巨大だ。
ウェルトブリックはほとんど同じデザインの鏡胴で,AUTO WELTBLICK,PORST,EYEMIK,FORMULA 5 by MITAKE,その他様々なブランドで販売されている。

AUTO WELTBLICK 135mmF1.8
撮影:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2
Autoweltbrick


SPIRATONE TELEPHOTO YS 135mmF1.8
撮影:M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
_3084432

AUTO WELTBLICK 135mmF1.8の光学系は以下の通り「http://www.fredmiranda.com/forum/topic/1089593」。
Mitake
Spiratone 135mmF1.8とは全く違う。
この光学系はサイトではSpiratone Plura-coat 135mmF1.8 Made in Japan by Mitakemとしている。
しかし,Mitake ブランドの135mm F1.8のレンズの外観はAUTO WELTBLICKと同じで,SPIRATONEとは全く似ていない。
もしかしたらAUTO WELTBLICKはSPIRATONEブランドでも販売しているのかも知れない。
このサイトでは,この他に昨日紹介したSPIRATONEの光学系を掲載しており,SPIRATONEブランドでは少なくとも2種類の135MMF1.8を販売していることになる。
ちなみに,AUTO WELTBLICKを製造してしているMITAKEとは東京都練馬区にあった三竹光学で,MITAKONというブランドでレンズを製造販売していた会社と思われる。
MITAKONブランドのレンズは現在では中国でMitakon Opticsという会社が製造しているが,三竹光学との関連はよく分からない。
この三竹光学はネットで検索してもほとんどヒットせず,どのような会社でどんなレンズを製造していたのかよく分からない。
しかし,このMADE by MITAKEのレンズは135mmF1.8のレンズ群のなかではダントツの価格で,6万円前後で販売されている。
実写の結果も素晴らしいと思う。
かなり力のあるメーカーだと思うのだが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

ど迫力 Spiratone Telephoto YS 135mmF1.8

現在,AUTO WELTBLICK 135mmF1.8,SIGMATEL YS 135mmF1.8を所有しているが,今回Spiratone Telephoto YS 135mmF1.8をわずか2万でゲット!
このレンズ,「ちょっとレアなOMマウントレンズ達」というサイトで紹介されているが,135$でゲットと書いてあるのでこんなものなのだろう。
私の中望遠好きが災いして,このクラスのレンズは増えるばかり。

今回のスピラトーンはこれまでのウェルトブリックやシグマテルとは迫力が違う。
まず,前玉の径が全然違う。
同じF1.8とは思えないほど違う。
デザインも鏡胴のヘッドからマウント部まで同じ太さの寸胴型で,YSアダプターがそのあとにチョコンと付く。
同じ排気量の車のセダンとワンボックスの違いと言えば良いだろうか。
スカイライトフィルターが純正?なのに,レンズキャップがSoligorなのが笑える。
マウントはOMマウントだが,SIGMAのYSマウント規格なので交換可能だ。
なのでSIGMA製かと思ったが,件のちょっとレアなOMマウントレンズ達というサイトではサン光機製としているhttp://homepage3.nifty.com/3rdpartylens-om/spiratone135.htm。
サン光機はSoligorにレンズを供給していた様だが,Soligorの135mmF1.8とはレンズのデザインが異なるが,寸胴ボディーの雰囲気はよく似ているhttp://www.pbase.com/pganzel/samigon_135mm_f18_on_maxxum_7d。
確かに,私のレンズは鏡胴のデザインはサン光機製の初期のレンズデザインに似ている。http://ferling.net/Sun80-210.htm。
サン光機の後期のものはOSAWA等に供給しており,デザインはもっとモダンになっている。
また,MC ROKKORとも鏡胴の仕上げなど類似点がある。

Spiratone Telephoto YS 135mmF1.8をEOS 1Dsに取り付けるとベストマッチ。
ど迫力だ!
このレンズ,柔なカメラにゃ似合わない。

機材:M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
_3084443


_3084444

追加1
このレンズのレンズ構成がこのサイト「http://www.fredmiranda.com/forum/topic/1089593」に掲載されていました。
4群6枚で,やはりサン光機製の様です。


Sun

追加2
上でSoligorに似てると書いた。おそらく同じ光学系と思ったのだが,http://www.pbase.com/pganzel/samigon_135mm_f18_on_maxxum_7dをよく見るとSoligorの光学系が載っていた。
明らかに上のSpiratoneと違う。
同じものがhttp://www.fredmiranda.com/forum/topic/1089593にSoligor 135mmF1.8として載っている。
それに,トキナー製らしいと書いてある。
う〜ん,分からん?

Perhaps_tokina

追加3
このSpiratone,Inc.という会社,今でも存在しているらしい。
Spiratone, Inc. ‏ @Spiratone
Spiratone was the largest supplier of innovative photographic accessories until the late 1980s.
http://www.spiracollection.com/spira/home.nsf/home?open


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

これって珍品? Spiratone 135mmF1.8に付属のフィルター

スピラトーン135mmF1.8に付属していたフィルター。
SPIRALITE COATED 82mm SKYLIGHT TA と書いてある。
どうやらスピラトーンの純正?のようだ。
スピラトーンのレンズはB級レンズとしてよく紹介されている。
しかし,フィルターを見るのは初めて。
これって珍品?
まあ,コレクターアイテムとしても純粋に商品としても魅力に欠けますが(^^ゞ

機材:M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
_3084436_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

瓢湖のカモ

瓢湖バードウオッチングの脇役,カモ。
カモは瓢湖で一年中見られる。

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb0591


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

瓢湖のサギ

瓢湖と言えばハクチョウだが,実はヨシゴイの撮影スポットとしても有名。
NHKのダーウィンが来でも取り上げるらしい。
残念ながら,ここに写っているのはササゴイ。
その他,アオサギ,ダイサギ,カモ,タゲリ?

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb0594


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

新潟の毛ガニ

新潟佐渡沖産の毛ガニ。
毛ガニと言えば北海道かロシアだが,新潟の毛ガニもなかなか旨い。
漁協から直送なので新鮮だ。
大皿に一杯のるのがやっとの大きさ。
最近はこの大きさのものは少ない。
地産地消で地のものは美味い(○゚ε゚○)

機材:iPhone4S
Img_1998_2


Img_2006_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

キジの天国 新潟

米所新潟も今は農閑期。
干上がった水田はキジの天国だ。
もっとも,オオタカやハヤブサ,それにクマタカまでいるのでいつ地獄に変わる分からんが…

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb0504


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

後輩の結婚式

ルーデンス立川でお姉ちゃんの後輩の結婚式。
二十歳そこそこの若者ばかりでしたが,やたら賑々しくなく,落ち着いたいい結婚式でした。
料理もおいしかったです。
アン兄ちゃんの結婚式では会場がライトダウンしていたのでiPhoneではいい写真が撮れなかったけれど,今回は会場が明るかったのでバッチリ。

ところで,お姉ちゃん達の結婚は…(--;)

機材:iPhone4S
Img_1966


Img_1969


Img_1972


Img_1978


Img_1977


Img_1974


Img_1981


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

雪とロウバイ

突然の大雪で,咲いたばかりのロウバイも雪に覆われた。
白と黄色の鮮やかなコントラストが白一色の世界の中,よく目立つ。

機材:iPhone4S
Img_1989


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

東京大雪

東京は久々の大雪。
勤め人には厳しい雪だが子どもは喜ぶ。
幼児並みの知能と言われるカラスも嬉しそう。
フェンスの上に積もった雪を落として愉しんでいた。
下のプランターの上に落ちて,積もった雪が崩れていくのをじっと見ていた。

機材:iPhone4S
Img_1987


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »