« LLEITZ TELYT 400mmF6.8 | トップページ | 魚粋亭 »

2012年2月25日 (土)

10年もの

我が家の水槽はもう10年以上水替え掃除をしていない。
正面ガラスの苔を落とし,水草の葉のゴミを吸い取り,減った分の水を足す程度。
したがって,汚いことこの上ない!
マンション11階の玄関にあるので盛大に水を流すことはできない。
120㎝水槽なので,ベランダへ抱え出すこともできない。
結果として,こういう状態になっている。

現在飼育中の魚はアルタムエンゼル1尾,クラウンローチ1尾,ブエノスアイレステトラ3尾。
いずれも10年ものだ。
皆2〜3㎝程のものを購入したが,皆大きくなり,中でもクラウンローチは現在17㎝程になっている。
以前,熱帯魚の飼育書にはクラウンローチは最大12㎝程度と書いてあった。
最近は飼育下では12センチ程度,自然界では最大30㎝と書いてある。
クラウンローチは実際は大きな魚で,飼育下でも20㎝前後にはなりそうだ。
大学時代,研究室で飼育していたものは実際30㎝くらいあり,小赤(餌用の金魚)を食ったりしていた。
しかし,インターネットのサイトを探すと,タイかどこかのサイトで全長45㎝のまさにモンスター急の写真が載っていた。
それも,巨大なクラウンローチが何匹も混泳している。
体型も全長と体高が大差なく,ほとんど真四角のとんでもない代物だ。
そのサイトによると,クラウンローチは巨大なだけでなく,他の魚を襲うので他の魚とは一緒に飼えないと書いてある。
日本では臆病で温和しい魚と言うことになっているのだが…

_a164404


|

« LLEITZ TELYT 400mmF6.8 | トップページ | 魚粋亭 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年もの:

« LLEITZ TELYT 400mmF6.8 | トップページ | 魚粋亭 »