« 昭和記念公園のパンパスグラスと皇帝ダリア | トップページ | 雪の八ヶ岳 »

2011年12月 7日 (水)

瓢湖のハクチョウ

曇天や夕暮れなど,光線状態の良くない状況ではF1.8がものを言う。
もっとも,最新のデジカメは高感度特性が素晴らしく良くなっており,カメラを買い換えるとこの用途での巨砲は出番が無くなるかも。
現行レンズはF2になった。
しかし,この切れるような画質は捨てがたい。
もう,こんなレンズ出てこないかも。

機材:EOS-1D,EF200mmF1.8,オート
7adb2777


7adb2794


7adb2802


7adb2807


7adb2817


|

« 昭和記念公園のパンパスグラスと皇帝ダリア | トップページ | 雪の八ヶ岳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Canon EF200mm F1.8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瓢湖のハクチョウ:

« 昭和記念公園のパンパスグラスと皇帝ダリア | トップページ | 雪の八ヶ岳 »