« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の記事

2011年9月30日 (金)

八ヶ岳の昆虫

写真1枚目,ハナバチの仲間。
写真2枚目と3枚目,オオゴマダラエダシャク。
写真4枚目,イチモンジチョウ。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5,オート
_8111254


_8131260


_8131272


_8141322


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

八ヶ岳の植物 謎の植物

写真1,謎の植物。
山道の石垣に生えていた。
栽培種だろうか。
写真2,ハナチダケサシに似ているがやたらと赤い。
これも山に生えていたが,栽培品種に似ている。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5,オート
_7241079


_7241082


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

八ヶ岳の蝶

八ヶ岳でもっとも目立つチョウはアサギマダラ。
今回も何度かみかけたが,マクロレンズや中望遠を構えていたので撮影できなかった。
ということで,今回は…

写真1枚目はヒョウモンチョウ。
写真2枚目はゴマダラチョウ。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5,オート
_7241073


_7241075


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

八ヶ岳のリス

原村のペンション街や別荘地には最近動物もよく見かける。
特に最近多いのがニホンカモシカとニホンジカ。
山の木の樹皮が食われて裸になっているし,ご本人ともよく出くわす。
今回は山荘の庭でニホンジカに出くわしたが,カメラを構える前に逃げてしまった。
また,ツキノワグマの痕跡,爪痕や糞もよく見かけるが,幸いご本人とはまだ出会っていない。
その他,ホンドギツネ,アナグマ,モグラ,ヒミズのような動物も見かけた。
しかし,ニホンカモシカ,ニホンジカの次によく見かけるのがリス。
実際はかなり多いはずだが,人の気配を感じると固まって動かなくなるので存在に気づかない場合が多い。
今回は,私の方がじっとしていたので,リスは活発に活動してくれた。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5,オート
_7231028


_7231042


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

ZUIKO AUTO-MACRO 135mmF4.5 vs 八ヶ岳 その2

写真1枚目,オオヘリカメムシ。
2枚目,エゾハルゼミ。
3枚目,マツムシソウ(白花)。
珍しい白花のマツムシソウが,群生している。
野生だろうか,それとも栽培品種が野生化したのだろうか。
4枚目,ベッコウハナアブ。
5枚目,ハナチダケサシとハナカミキリの仲間。
6枚目,オオスジコガネ。
7枚目,愛車MDX。

機材:EOS 5D,ZUIKO AUTO-MACORO 135mmF4.5,絞りF4
_mg_6307


_mg_6340


_mg_6452


_mg_6491


_mg_6512


_mg_6523


_mg_6531


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

ZUIKO AUTO-MACRO 135mmF4.5 vs 八ヶ岳

このレンズはもともと暗いレンズなので裏技で開放より明るいF4で撮っても十分すぎるくらいの画質。
このレンズで絞りを使う場合は被写界深度を稼ぎたいとき。
画質向上を目的で絞っても意味がない。
かえって手ブレや被写体ブレで画質を落とす場合が多い。
絞る場合は補助光の使用が前提だ。

写真1名目はイヌゴマ。
2枚目はコウゾリナ。
3枚目はアカツメグサ。
4枚目はオカトラノオ。
5枚目はコバギボウシ。
6枚目はメマツヨイグサ。

機材:EOS 5D,ZUIKO AUTO-MACORO 135mmF4.5,絞りF4
_mg_6200


_mg_6239


_mg_6245


_mg_6256


_mg_6277


_mg_6289


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

ZUIKO AUTO-MACRO 135mmF4.5

ZUIKO AUTO-MACOR 135mmF4.5は大変シャープなレンズだがカリカリにならず,柔らかい描写をする。
わたしの大好きなレンズだが,その素晴らしい描写に反して使い勝手は非常に悪い。
デジイチにアダプターを介して使うといちだんと使いにくい。
そのせいか中古価格も非常に安く,1万円台で買えることもある。
かいほうF値はF4.5だが,ピント合わせの時はF4の状態になっている。
画質にこだわるOlympusらしい奇妙な仕様だが,マウントアダプターの絞り込みピンを外すと,OMでは撮れないF4で撮影が可能となる。
せっかくなので,いつもF4で撮影しているが,画質的には全く問題ない。
今回,F4の他,2段絞り込んでF8で撮影したが,薄暗い山中で自然光で撮影したのでF8では画質が向上するどころが被写体ブレ,手ブレの山。
結局,何とか使えるコマはF8では3コマのみ。
それも,ピックセル等倍で見るとしっかりブレている。
このレンズはイメージサークルが大きく,マウントを解像してペンタックス67で使っている人もいると言う。

写真1枚目はヤマハハコ,絞りF4,2枚目はF8。
写真3枚目はコウゾリナ,絞りF4,3枚目はF8。
写真5枚目はササ,絞りF4,6枚目はF8。

機材:EOS 5D,ZUIKO AUTO-MACORO 135mmF4.5
_mg_6213


_mg_6226


_mg_6229


_mg_6234


_mg_6273


_mg_6274


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

ランキング突然2000位台回復?

足の骨折以来低調だったブログランキングが突然骨折前の2千位台に復帰?
今回は多忙でブログを更新しなかった間の珍事。
前回いきなり1位になったのはシステムエラーだったが,さて今回は?

00230917_05643


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 vs 八ヶ岳 その3

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4は,花のクローズアップ等近距離の撮影ではあまり気にならないが,引いて撮ると絞り開放では明らかに周辺光量が落ちる。
F2.8まで絞るとフラットになるが,撮影条件によってはまだ四隅が暗い。
絵の印象は絞り開放からピント面はシャープで,植物の産毛もきれいに解像している。
ピント面のハイライトは滲んで美しいが,F2では微かに残り,F2.8まで絞ると完全に消える。
ライカのズミルックスは別格だが,国産一眼レフの50mmF1.4は,カメラを買うとおまけに付いてくるボディーキャップみたい物で,実際には殆ど使われなかったようだが,各社とも味のあるレンズが多いといわれている。
実際使ってみるとその通りで優秀で面白いレンズが多い。
気がつくと多数の50mmレンズが手元に集まってしまった。
世間では不人気であまり顧みられないが,50mmと135mmは面白いレンズが多いとおもう。

写真1枚目はヤマゼリ,絞り開放,2枚目はF2.8。
写真3枚目はアサマフウロ,絞り開放,4枚目はF2.8。
写真5枚目はミヤマトウバナ,絞り開放,6枚目はF2.8。
写真7枚目はハンゴンソウ,絞り開放,8名目はF2.8。
写真9枚目はイタドリ,絞り開放,10枚目はF2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6145_2


_mg_6147_2


_mg_6152_2


_mg_6158


_mg_6165_2


_mg_6167_2


_mg_6171_2


_mg_6169_2


_mg_6176_2


_mg_6179_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 vs 八ヶ岳 その2

写真1枚目はフジバカマ,絞り開放,2枚目はF2.8。
写真3枚目はアカツメグサ,絞り開放,4枚目はF2.8。
写真5枚目はオミナエシ,絞り開放,6枚目はF2.8。
写真7枚目もオミナエシ,絞り開放,8枚目はF2.8。
写真9枚目はワレモコウ,絞り開放,10枚目はF2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6102


_mg_6105


_mg_6107


_mg_6108


_mg_6118


_mg_6121


_mg_6129


_mg_6133


_mg_6139


_mg_6142


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4 vs 八ヶ岳

このレンズは古い現像ソフトで現像すると絞り開放でハイライトにハロが出てとても美しかった。
ハロは二段絞ると完全に消える。
最新のDigitalPhotoProfessionalで現像するとどういう訳かあまりハロが出ない。
ピクセル等倍で見ると5枚目のツリガネニンジンの絞り開放では中央の花びらのエッジにきれいなハロが出ている。
手持ちの他のレンズではLEITZのSUMMARITが同様の写りだ。
ただ,μ4/3で撮影すると中央のトリミングになるので本来の写りと雰囲気が異なる。
SUMMARITもフルサイズで撮影したくなる。
やはりフルサイズのミラーレスが欲しいところだ。
おっと,LEICA M9は無しですよ(^^ゞ
NEXがフルサイズ化したら買うんだけど…

写真1枚目,フキ,絞り開放,2枚目F2.8。
写真3枚目,タムラソウ,絞り開放,4枚目F2.8。
写真5枚目,ツリガネニンジン,絞り開放,6枚目F2.8。
写真7枚目,ハギ,絞り開放,8枚目F2.8。
写真9枚目,フジバカマ,絞り開放,10枚目F2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6056


_mg_6058


_mg_6073


_mg_6076


_mg_6079


_mg_6084


_mg_6089


_mg_6093


_mg_6095


_mg_6099


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

G.ZUIKO AUTO-S 50mmF1.4

普通,単焦点標準レンズは昼間F8~16の間くらいで撮影することが多い。
カメラが勝手にそういう絞りを選ぶからだ。
開放F1.4は何のためかと言えば,室内や夜にノーフラッシュで撮影する場合に使う。
ところが,古いレンズをEOSに取り付けると絞りは手動で選ぶことになる。
開放F1.4のレンズなので,開放付近で撮影することが増える。
今回,一連のマニュアルレンズでの撮影は基本絞り開放での撮影と,二段絞り込んでの撮影とした。
普段全自動カメラでは滅多に使わない開放の絵と,開放から二段絞り込むとそのレンズの最高の画質になるという通説「実際はレンズにより違うと思う」に従ったから。
F1.4大口径レンズの絞り開放の絵は面白い。
二段絞り込むと癖が消え,普通の絵になるが,個性は残る。
全自動のカメラ任せでは得られないおもしろさがある。
それにしても,ピントは難しい。
一応,ピーターのおしりのあたり,ウッドデッキの角,中央の花びらにピントを合わせたつもり(^-^;

写真1枚目はピーターとマロン,絞り開放,2枚目はF2.8。
写真3枚目は撮影拠点の山荘,絞り開放,4枚目はF2.8。
写真5枚目はノリウツギ,絞り開放,6枚目はF2.8。

機材:EOS 5D,G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4
_mg_6046


_mg_6049


_mg_6050


_mg_6051


_mg_6052


_mg_6054


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2 vs 八ヶ岳 その5

写真1枚目はウドに止まるアシナガバチ,絞り開放,2枚目は絞りF4。
写真3枚目は多分ツルフジバカマ,絞り開放,4枚目は絞りF4。
写真5枚目はイケマに止まるアカハナカミキリ,絞り開放,6枚目は絞りF4。
写真7枚目はイヌゴマ,絞り開放,8枚目は絞りF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5986


_mg_5989


_mg_5996


_mg_5997


_mg_6008


_mg_6010


_mg_6025


_mg_6028


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2 vs 八ヶ岳 その4

写真1枚目,ハムシの仲間だろうか?,絞り開放,2枚目は絞りF4
写真3枚目はボタンヅル,絞り開放,4枚目は絞りF4。
写真5枚目はツリフネソウ,絞り開放,6枚目は絞りF4。
写真7枚目はたぶんオトコエシ,絞り開放,8枚目はF4。
写真9枚目はアカツメグサに止まるモンキチョウ,絞り開放,10枚目は絞りF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5921


_mg_5930


_mg_5958


_mg_5961


_mg_5965


_mg_5966


_mg_5969


_mg_5971


_mg_5980


_mg_5982


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2 vs 八ヶ岳 その3

写真1枚目はヤマハギ,絞り開放,2枚目は絞りF4。
写真3枚目はシモツケソウ,絞り開放,4枚目は絞りF4。
写真5名目もシモツケソウ,絞り開放,6枚目は絞りF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5904


_mg_5905


_mg_5909


_mg_5911


_mg_5916


_mg_5919


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

別荘地の新たな主役 オオハンゴンソウ

オオハンゴンソウは園芸用に日本に移入されたようだが,今では特定外来生物に指定されている。
強い日差しを好むようで,八ヶ岳周辺でも道路沿いに分布を広げ,道路の路肩で黄色い絨毯になっているところもある。
このところ,道路沿いの木を伐採したり,別荘地で樹木が伐採され,芝生や園芸植物を植えるところが増えたせいか,八ヶ岳山麓全体が明るくなり,気温も上がったせいか,オオハンゴンソウが凄い勢いで増えている。
白樺の撮影ポイントして人気があった八ヶ岳実践大学校の白樺林も白樺の下はオオハンゴンソウの黄色い絨毯だ。
なかなかきれいで見応えがあるせいか,別荘の住人も持ち帰って庭に植えるケースが増えている。
観光客は喜んでいるが,以前のセイタカアワダチソウと同じ状態で,困ったものだ。
これから深刻な環境問題になるかも知れない。
しかし,クローズアップで撮影すると実に美しい。
ピクセル等倍で見るとZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2の描写もあいまって実に素晴らしい。

写真1,3,5枚目は絞り開放。
写真2,4,6枚目は絞りF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5939


_mg_5940


_mg_5944


_mg_5948


_mg_5953


_mg_5955


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

様変わりする別荘地

満天の星が降る街がキャッチフレーズの原村。
毎年「原村星まつり」に天体ファンが押しかける。
施設天文台を構える天文ファンまでいる。

以前の別荘地は山の環境を維持しながら家を建てていたので自然の風景にとけ込んでいた。
そのかわり,薄暗く寂れた印象がある。
それが,新しい別荘ができるたびに開発が進んで開けてきた。
八ヶ岳の環境変化を危惧してか,田中知事時代,「別荘の木を切らない,別荘地に自生する植物以外は植えない」という看板があちこちにあった。
知事が交代すると看板は撤去され,別荘地の開発は一段と進んだ。
新しく開発された別荘地は,自生の植物を完全に伐採し,更地にして販売されている。
多くの庭は芝生に覆われ,栽培植物が植えられている。
もともとあった木々は暖炉の薪にされている。
昔と比べ,別荘地は明るくきれいになったが,開発された別荘地は夏は暑い。
昔ながらの別荘地はあいかわらず涼しい。
この環境変化で八ヶ岳山麓にも低地の植物や外来帰化植物,栽培品種などが自生するようになった。
別荘地で快適な生活を追求すると山の環境は壊れてしまう。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2,絞りF4
_mg_6038


_mg_6040


_mg_6042


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2 vs 八ヶ岳 その2

原村の別荘地の環境が激変し,植物相も随分様変わりしてきた。
この地域特有の亜高山性の植物が減って,低地の植物や外来種が増加してきた。

写真1枚目は別荘地のヒメジョオンの群落,絞り開放,2枚目は絞りF4。
写真3枚目も別荘地のヒメジョオンの群落,絞り開放,4枚目は絞りF4。
写真5枚目は整備された別荘地の水路,絞り開放,6枚目は絞りF4。
写真7枚目は別荘地のオオハンゴンソウ,絞り開放,8枚目は絞りF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5931


_mg_5932


_mg_5933


_mg_5934


_mg_5972


_mg_5973


_mg_5992


_mg_5994


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ビオトープからアキアカネが羽化

セッティングしてからひと月足らず。
早くもアキアカネの羽化が始まった。
毎日1〜2匹飛びたって行く。
昨日は羽化直後の大雨と強風で羽の一枚がスイレンのつぼみに絡みつき,張り付いてしまった。
手で取り外してあげたが羽は折れくしゃくしゃ。
3枚の羽で無事飛びたてただろうか。

機材:iPhone 3Gs
Img_0836


Img_0873


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2 vs 八ヶ岳

写真1枚目はイヌゴマ,絞り開放,2枚目は絞りF4。
写真3枚目はハンゴンソウ,絞り開放,4枚目はF4。
写真5枚目は原村の別荘,絞りF4,6枚目は絞り開放。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5885


_mg_5888


_mg_5893


_mg_5896


_mg_5899


_mg_5900


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »