« 八ヶ岳B級グルメ 茄子と椎茸のパスタ | トップページ | ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その4 »

2011年8月20日 (土)

ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その3

コバギボウシ,写真1枚目絞り開放,2枚目はF4。
コウゾリナ,写真3枚目絞り開放,4枚目はF4。
モナルダ,写真5枚目絞り開放,6枚目はF4。
シモツケソウ,写真7枚目絞り開放,8枚目はF4。
メマツヨイグサ,写真9枚目は絞り開放,10枚目はF4。

絞り開放からピントの合っているところは素晴らしくシャープだ。
Olympus作成のOMレンズ適合表では,デジタルでは絞りF2.8から使用可能としている。
ハッキリ言ってDigital ZUIKOズームの開放よりずっとシャープだ。
OlympusがこのレンズをF2.8から使用可とした理由が分からない。
だが,発色はDigitalZUIKOの方がきれいだ。
このレンズは2段絞っても被写界深度は若干深くなるが描写は殆ど変わらない。
CONNTAX PLANARは絞りによって描写や発色が盛大に暴れるが,ZUIKOはとても素直で扱いやすい。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2
_mg_5357


_mg_5358


_mg_5368


_mg_5369


_mg_5381


_mg_5385


_mg_5394


_mg_5398


_mg_5403


_mg_5405


|

« 八ヶ岳B級グルメ 茄子と椎茸のパスタ | トップページ | ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ZUIKO AUTO-T 100mm F2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その3:

« 八ヶ岳B級グルメ 茄子と椎茸のパスタ | トップページ | ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その4 »