« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の記事

2011年8月31日 (水)

ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2の試写

昔,仕事で熱帯魚の撮影をしていたときは,小さな魚はTAMRON SP 90mmF2.5 MACRO(B52←伝説の銘玉です),大きな魚はZIKO AUTO-MACRO 50mmF3.5(これも銘玉です)を使っていた。
その後,ピント合わせのしやすさから大口径F2のZUIKO AUTO-MACROの90mmF2と50mmF2のコンビに変わった。
元々使っていたのが伝説の銘玉で解像度はむしろ高かったので,今のF2コンビに変えたときは特に感動もなく,F2だからまあこんなもんか…と思っていた。
現在ではシャープな中に柔らかさがあるF2コンビの評価が凄く,中古価格も高値安定だ。
それにしても,先代のコンビがあまりに優秀だったため,F2の銘玉コンビに感動できないなんて…
良いレンズは寿命が長い!
先代コンビなら中古で激安で入手可能!
画質はF2コンビに遜色なく,シャープさでは上回るくらい。
視力さえ良ければ格安の先代コンビで十分だ。
中高年だと,ピント合わせがきついので大枚はたいてピント合わせが楽なF2コンビを入手するほうが賢明。
ZUIKO Digital 50mmF2が出てZUIKO AUTO-MACRO50mmF2は若干価格が下がった。
ZUIKO Digital 90mmあるいは100mmは出そうもないのでZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2の方はあまり値下がりしないかも。
この2本はZUIKOブランドを代表するレンズなだけあって画質はバリバリの現役。
使い勝手さえ我慢できれば入手して間違いない!
50mmは標準レンズとして常用でき,満足度の非常に高いレンズだ。

写真1枚目はマロン,2枚目はピーター,いずれも絞り開放。
写真3枚目は絞り開放,4枚目はF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 50mmF2
_mg_5869


_mg_5874


_mg_5889


_mg_5890


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mmF4 vs 八ヶ岳

写真1名目はメマツヨイグサ,絞り開放,2枚目はF8。
写真3枚目はシモツケソウ,絞り開放,4枚目はF8。
写真5枚目はコウゾリナ,絞り開放,6枚目はF8。
写真7枚目はミヤコグサ,絞り開放,8枚目はF8。

このレンズには専用クローズアップレンズがあり,高画質で2倍までの撮影ができる。
しかし,光線状態の良くない山中で補助光無しの手持ち撮影では2倍撮影はさすがにキツイ。
また今度,挑戦してみたい。

機材EOS 5D,ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4
_mg_5718


_mg_5723


_mg_5727


_mg_5730


_mg_5735


_mg_5739


_mg_5833


_mg_5836


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

サボテンの花が咲いた

昨日,自宅の庭でサボテンの花が咲いた。
朝きれいに咲いていたのに,夜仕事から帰るとしぼんでいた。
サボテンは儚い…

機材:iPhone 3Gs
Img_0793


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mmF4の試写

Olympus OMシリーズの等倍専用マクロで,実際等倍前後の範囲しか撮影できない。
用途が限られていて使いにくいレンズだが,そのぶん画質は究極のシャープネス,しかも激安。
薄暗い山の中,明るい高原では風が吹いて花が揺れる状況で自然光での撮影では開放F4はかなり暗く,被写体ブレが多くなる。
F8まで絞り込むと被写体ブレのオンパレード。
やはり,マクロフラッシュなど補助光を使うのがベストか。
今回は最大倍率は約1.3倍程度だが,F4でも非常にピントが浅い。
それにしても,惚れ惚れするような絵だ。
このレンズが1万円ちょっとで買えるなんて!

写真1枚目はイタドリ。
写真2枚目はイヌゴマ。
写真3枚目はオミナエシ。
写真4枚目はヒメジョオン。
写真5枚目はキイチゴ。

機材EOS 5D,ZUIKO AUTO-1:1 MACRO 80mm F4,絞り開放
_mg_5712


_mg_5749


_mg_5814


_mg_5852


_mg_5865


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

ZUIKO 90mmF2 vs 八ヶ岳 その3

このレンズは絞り開放から完全に現役の写りだ。
最新のレンズに劣る部分は使い勝手だけといって良い。
ZUIKOレンズって,随分優秀だったんだな〜

写真1枚目はコオニユリ,絞り開放,2枚目F4。
写真3枚目はワレモコウ,絞り開放,4枚目F4。
写真5枚目はイトバハルシャギク,絞り開放,6名目F4。
イトバハルシャギクは北米原産の園芸品種だ。
誰かが持ち込んだのだろうか。
北米原産と言えばオオハンゴウソウがやたらと増えた。
道路に沿ってどんどん自生地を拡大し,別荘の住民も採ってきて庭に植えたりするので一層拡大した。
最近は山の別荘が自生している木を伐採し,山野草を引き抜き,栽培品種を植えるので山の環境が随分変わった。
拓けて明るくなり,風通しも良く,気温も上がった。
山の別荘から高原の住宅へと変わりつつある。
写真7枚目はヤマハハコ,絞り開放,8枚目はF4。


機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2
_mg_5665


_mg_5669


_mg_5679


_mg_5683


_mg_5685


_mg_5688


_mg_5698


_mg_5703


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

ZUIKO 90mmF2 vs 八ヶ岳 その2

90mmは,マクロ域では絞り開放から文句のつけようのない画質で100mmF2より優れる。
近距離撮影では90mmも100mmも大差ない。
試写した限りでは90mmが100mmに劣るところは無いように思える。
おそらく,無限遠では100mmの方が優れるのだろう。
100mmは天体愛好家から高い評価を受けている。
Olympus作成のOMレンズ適合表は無限遠のデータを使っているのかも知れない。

写真1枚目はヤマゼリ,絞り開放,2枚目はF4。
写真3枚目はミヤコグサ,絞り開放,4枚目はF4。
写真5枚目はコオニユリ,絞り開放,6枚目はF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2
_mg_5632


_mg_5633


_mg_5645


_mg_5649


_mg_5651


_mg_5656


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

ZUIKO 90mmF2 vs 八ヶ岳

OlympusのOMレンズ適合表では,どういうテストをしたのか知らないが,100mmF2は絞りF2.8から,90mmF2はF4からデジタルで使用可能としている。
しかし,マクロに関しては撮影倍率にでも画質でも90mmF2の圧勝だと思う。
100mmF2も素晴らしいが,90mmを見てしまうとやはり見劣りする。
おそらく,通常撮影では100mmの方が良いのだろう。
最初,どちらか1本で十分と思ったが,やはり2本とも必要と言うことか(^^ゞ

写真1枚目はコウゾリナ,絞り開放,2枚目はF4。
写真3枚目はオミナエシ,絞り開放,4枚目はF4。
写真5枚目はオカトラノオ,絞り開放,6枚目はF4。
写真7枚目はヤマゼリ,絞り開放,8枚目はF8。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2
_mg_5567


_mg_5569


_mg_5576


_mg_5580


_mg_5585


_mg_5588


_mg_5613


_mg_5617


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

レストラン Petit Coeur d'Argent

青梅市のフランス料理のレストラン「プチ・クール・ダルジャン」。
外見はちょっとオシャレな普通の家といった感じで目立たず,隠れ家的雰囲気。
参考までに,隣は獣医。
この日はスペシャルコースを楽しんだ。
フレンチにしては薄味で日本人の舌に合い,とてもおいしい。
価格もリーズナブルだ。
中高年もお腹にもたれることはないと思う。
若者やグルメにはちょっと物足りないかも。
食べるのに夢中で写真を殆ど撮り忘れた(*´v゚*)ゞ
写真は次回のお楽しみと言うことでm(_ _)m

機材:iPhone
Img_0602


Img_0596


Img_0597


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

ビオトープにヤゴ出現

8月7日にセッティングしたビオトープ(まだ未完成)に3㎝ほどのヤゴが沢山出現した。
ヤゴって,こんなに成長が早いの?
まあ,アキアカネやシオカラトンボが毎日産卵に来てはいるが…
その他,ミジンコが多数発生。
小さなゲンゴロウのような甲虫や赤虫もいる。
モノアラガイは多分水草に付いていたのだろう。
ビオトープの中身は,センターにススキ。
ミソハギ,千日紅,ワレモコウ,マンネングサを配置し,水中にはハスとスイレンを配置。さらに,水面下にアマゾンソードプラントとミクロソリウム,ウィローモスにマツモ,その他。

機材:iPhone
Img_0666


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

久々の東京スカイツリー

久々に東京スカイツリー,通称浅草タワーを見に行った。
もう殆ど乾性に近い。
右肩にあるちっちゃいクレーンは,大型クレーンを下ろすのに使っていると,以前テレビで言っていた。
このタワーはよじれたカゴのような構造なので,左右対称ではない。
この方向から見るとよく分かる。

機材:iPhone
Img_0633


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず ZUIKO 90mmF2で試写 その2

写真はキンミズヒキとアブラムシ。
惚れ惚れするほどの絵だ。
Olympusはこの開放画質のどこが気に入らなかったのだろう。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2,開放
_mg_5620


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

とりあえず ZUIKO 90mmF2で試写

写真1枚目はアオスジハナバチ。
2枚目はサキグロムシヒキ。

100mmF2,90mmF2の2本。
焦点距離がたった10mm違うだけ。
ともに開放から素晴らしいシャープネス。
Olympus作成のOMレンズデジタル適合表では,100mmは絞りF2.8から,90mmは絞りF4から使用可となっている。
写真をごらんの通り,どちらも開放から楽勝で使える。
この開放で使用不可というなら,最新のレンズでも不可の物が随分あるのでは?

100mmは1/3倍,90mmは1/2倍の撮影倍率。
前者は一般レンズ,後者はマクロレンズ。
わずかな倍率の違いだが,この差が意外と大きい。
やはり1/3倍ではマクロとしては物足りない。
その分,1/2倍では写真の歩留まりがだいぶ落ちる。
暗い山の中や風で揺れる被写体の撮影には開放F2が物を言う。
絞り込んだ場合は被写体ブレが多くなるので補助光が欲しい。
しかし,補助光を使用するといかにも”マクロ”という感じになってしまう。
今回はすべて自然光で撮影した。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2,開放
_mg_5598


_mg_5605


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その5

写真1枚目,ボタンヅル絞り開放,2枚目,絞りF4。
写真3枚目,ハンゴンソウ絞り開放,4枚目,絞りF4。
写真5枚目,ワレモコウ絞り開放,6枚目,絞りF4。
写真7枚目,チダケサシ絞り開放,8枚目,絞りF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2
_mg_5465


_mg_5466


_mg_5469


_mg_5471


_mg_5477


_mg_5487


_mg_5491


_mg_5495


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

女の子は白い歯が魅力的!

やはり女の子は歯が白くなくちゃ!
ピーターは老犬なので茶色いです…

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2,開放
_mg_5705


| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず ZUIKO 90mmF2

ZUIKO90mmF2でとりあえず1枚。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-MACRO 90mmF2,開放
_mg_5518


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その4

写真1枚目はヤナギラン絞り開放,2枚目はF4。
写真3枚目はシモツケソウ絞り開放,4枚目はF4。
写真5枚目は森の中のツタウルシ絞り開放,6枚目はF4。
写真7枚目はヤブサンザシ絞り開放,8枚目はF4。
写真9枚目はヤマウルシ絞り開放,10枚目はF4。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2
_mg_5421


_mg_5423


_mg_5424


_mg_5425


_mg_5452


_mg_5455


_mg_5457


_mg_5458


_mg_5460


_mg_5462


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZUIKO 100mmF2 vs 八ヶ岳 その3

コバギボウシ,写真1枚目絞り開放,2枚目はF4。
コウゾリナ,写真3枚目絞り開放,4枚目はF4。
モナルダ,写真5枚目絞り開放,6枚目はF4。
シモツケソウ,写真7枚目絞り開放,8枚目はF4。
メマツヨイグサ,写真9枚目は絞り開放,10枚目はF4。

絞り開放からピントの合っているところは素晴らしくシャープだ。
Olympus作成のOMレンズ適合表では,デジタルでは絞りF2.8から使用可能としている。
ハッキリ言ってDigital ZUIKOズームの開放よりずっとシャープだ。
OlympusがこのレンズをF2.8から使用可とした理由が分からない。
だが,発色はDigitalZUIKOの方がきれいだ。
このレンズは2段絞っても被写界深度は若干深くなるが描写は殆ど変わらない。
CONNTAX PLANARは絞りによって描写や発色が盛大に暴れるが,ZUIKOはとても素直で扱いやすい。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2
_mg_5357


_mg_5358


_mg_5368


_mg_5369


_mg_5381


_mg_5385


_mg_5394


_mg_5398


_mg_5403


_mg_5405


| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ヶ岳B級グルメ 茄子と椎茸のパスタ

ミートソースのアレンジです。
後ろでマロンが食べるチャンスをうかがっていますが,これはムリですね。
午前中の撮影帰りでとても暑かったです。
ビールが欲しかったけど,無かったので長期熟成焼酎のお茶割りという禁じ手です。
趙貴塾成長中はやっぱりストレートが旨い!
しかし,喉の渇きを癒すにはストレートでは…
2枚目の写真はアキアカネ。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2,開放
_mg_5451


_mg_5350


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

ZUIKO100mmF2 vs 八ヶ岳 その2

写真1枚目,イヌゴマ(絞り開放)。
2枚目,イヌゴマ(絞りF4)。
3枚目,ヤマブドウ(絞り開放)。
4枚目,ヤマブドウ(絞りF4)。
5枚目,ゲンノショウコ(絞り開放)。
6枚目,ゲンノショウコ(絞りF4)。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2
_mg_5302


_mg_5306


_mg_5308


_mg_5310


_mg_5312


_mg_5314


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZUIKO100mmF2 vs 八ヶ岳

以前,ZUIKO100mmから90mmに買い換えた。
理由は90mmがマクロだから。
私はマクロ撮影が多く,100mmも近接撮影は強い方だが,何と言ってもマクロには倍率で敵わない。
それに,当時は100mmの評価はそれほど高くなかったような…
しかし,いざ90mmで撮影すると100mmの方が写真の色がきれいだったような…
で,最近100mmを買い戻した。
知らぬ間にこのレンズの評価がうなぎ登りで高くて買えなくなってしまったが,最近デジタル専用のマクロも出そろったせいかこのレンズも値下がりして4万円で買えた(それでも高いが)。
Olympusは某メーカーと違い,異常分散レンズなどの使用を謳ったLマークや赤鉢巻など付けないので,高性能レンズかどうかなど,写真を見る目のあるユーザーにしか分からない。
全く,商売っ気のないメーカーだ。
そのせいか,最近カメラ部門は経営不振のようだ。

とりあえず山荘でマロンを撮影。
山荘から出てコバギボウシとヤマゼリを撮影。

絞り開放から素晴らしいシャープネスと美しいボケ。
マクロでも描写は90mmと甲乙付けがたい。
このレベルだと,もうなにも言うことは無い。
発色は…ハッキリ言ってデジタルでは発色は分かりません。
フィルム時代は90mmと100mm両方持つ意味があったかも知れないが,今ではどちらか一本で十分かも。
マクロ撮影が多ければ90mm,一般撮影が主なら100mmだけで十分。
ちなみに,100mmは天体関係者には手放せないレンズらしい。
ZUIKOブランドの中でも50mmF2,90mmF2,100mmF2,SHIFT24mmF3.5,FISHEYE8mmF2.8は高値安定の人気レンズだ。
一度入手したら手放さないレンズのようだ。
ZUIKOブランドの銘玉としては180mm以上の大口径レンズもあるが,あちらはウン十万円というあり得ない価格なので,存在しないに等しい。
実際,ほとんど目にすることはない。

機材:EOS-5D,ZUIKO AUTO-T 100mmF2,開放
_mg_5293


_mg_5296


_mg_5319


_mg_5324


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

多摩川のカジカガエル

写真1枚目はカジカガエル。
普通はもっと茶色っぽく地味だが,これはやけに赤く派手だ。
写真2枚目はミソハギとイチモンジセセリ。
多摩川は犬にとって絶好の遊び場。
犬連れも,家族連れもそれぞれ楽しめる。

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb1648


7adb1658


7adb1673_2


7adb1697


7adb1699


7adb1703


7adb1709


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

多摩川のミソハギ

写真1枚目,オオハナアブ。
写真2枚目,オオスカシバ。
写真3枚目,ヒメアカタテハ。
1Dは5Dより解像感が高く色も鮮やかだけど,ちょっとウソっぽいな。
カラースタイルは忠実設定なんだけど…
RAW現像をもっと勉強しないと(゚ー゚;

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb1615


7adb1621


7adb1643


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

多摩川のナツアカネとミソハギ

多摩川の中州は人や車が来ないので犬が安心して遊べる。
写真2〜3枚目はナツアカネ。
4枚目はミソハギ。
今が盛りだ。

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb1513


7adb1517


7adb1524


7adb1528


7adb1551


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

八ヶ岳のヒガラとノスリ

写真1枚目はヒガラ。
八ヶ岳山麓のカラ類では,このほかヤマガラ,シジュウカラ,ゴジュウカラ,コガラも見られる。
写真2枚目はノスリ。
この時季はオオタカ,サシバも見られ,冬はハヤブサなどもたまに見かける。
遊歩道の脇の木々にはリスの姿も…
写真4枚目はヤマドリゼンマイ。
写真5枚目はホソミオツネントンボ。
途中,カントリーキッチンで休憩。

機材:EOS-1D,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
7adb0650


7adb0655


7adb0670


7adb0673


7adb0692


7adb0715


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

ダブルレインボー

このところ局地的に豪雨となるパターンが定着している。
今日も,先ほど帰宅しベランダに出たところ,背後は雨,前面は晴れ,そして巨大な虹が架かっていた。
外側の虹は肉眼では見えなかったが,写真に撮るとうっすらと外側に虹が。
一眼の写真は全てAdobeRGBで撮影しているので,Safariだと二重に見えるかも知れないが,その他のBrowserだとどうかな?
ネット掲載なら写真はsRGBが定番だが,一眼(AdobeRGBが使える)でMac(SafariはColorProfileをサポート)なので,AdobeRGBを使わないともったいないから。
その代わり,このブログをOperaやGoogleChromeなどで閲覧するとなんとも冴えない色(・_・、)
だからSafariで見てください!

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4-5.6,オート
_8054284


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PLANAR 50mmF1.4 八ヶ岳の植物 トーンカーブ

古い1Dが現バージョンのDPPできれいに現像できるのに,5Dはどうも上手くない。
発色が不安定で転ぶし,なんかウソっぽい色(・_・、)
DPPのトーンカーブでいじってみたが,どうも…
Olympusはフィルムのような自然な発色だが,Canonはもともとデジタルっぽい発色だったが…
それにしても上手くいかない(=´Д`=)ゞ

機材:EOS-5D,PLANAR 50mmF1.4,開放
_mg_5222


_mg_5234


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

PLANAR 50mmF1.4 八ヶ岳の植物

写真1枚目はフジバカマ,絞り開放。
2枚目もフジバカマ,絞りF2.8。
3枚目はシモツケソウ,絞り開放。
4枚目もシモツケソウ,絞りF2.8。
5枚目はベッコウハナアブ,絞り開放。
6枚目もベッコウハナアブ,絞りF2.8。
7枚目はヤマオダマキ,絞り開放。
8枚目もヤマオダマキ,絞りF2.8。
Olympusは付属の現像ソフトOlympusViewerで現像しても安定しているが,Canonの場合,DPPで現像すると色が安定しない。
それに,色がウソっぽい。
だいたい,カメラの背面液晶とパソコンで色が違いすぎる(・_・、)
他の人はきれいに現像しているのに…
昔のD60やD30,1Dは今のDPPで現像すると安定して良い発色をするのだが…
5Dの現像は難しい(・_・、)

機材:EOS-5D,PLANAR 50mmF1.4
_mg_5185


_mg_5201


_mg_5189


_mg_5195


_mg_5206


_mg_5210


_mg_5215


_mg_5220


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

カントリーキッチンで休憩

原村のカナディアンファームでランチの後,富士見のレストラン「カントリーキッチン」へ移動。
ここで石窯焼きパンのクルミレーズンと食パンをゲット!
どちらも東京では絶対に食べられない味で,カナディアンファームの石窯焼きパンとはまた別の旨さがある。
パンが焼けるまで時間があったので,下のカフェでコーヒーとルバーブのジェラート,チーズケーキ(撮影する前に全部食べてしまったm(_ _)m))を食べた。
ルバーブは東京では目にすることはないが長野県の特産作物で,シベリア〜チベット原産の野菜?で,ジャムにすると旨いらしい。

機材:iPhone3Gs
Img_0477


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナディアンファームでランチ

八ヶ岳山麓,諏訪郡原村のレストラン「カナディアンファーム」でランチ。
まず,サラダとパン。
熱々の石窯焼きパンとハーブバターが旨い!
次にズッキーニのスープ(ビシソワーズの様な感じ)。
メインディッシュその1がビーフのビール煮(撮影の前に半分食べてしまったm(_ _)m)。
その2がハーブチキン。
以前はハーブがものすごく効いていて,苦手の人もいたが,今は一般的な味になった。
私は昔のハーブが強烈に効いている方が好きだ。
メインディッシュその3がハンバーグ(こちらも撮影の前に半分食べてしまったm(_ _)m)。
以前は煮込みハンバーグだったが,最近は普通のハンバーグになった。
その他,メインディッシュにサーモンステーキがあるが,さすがにそこまでは食べられなかった。
ログハウスの店舗で遊園地のような中庭で食事。
食事は子ども向けではないが,この中庭は子どもも楽しめる。

機材:iPhone3Gs
Img_0462


Img_0467


Img_0469


Img_0471


Img_0472


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

S-PLANAR 60mmF2.8 八ヶ岳の植物 昆虫編

写真1〜4,アキアカネ。
写真5〜6,エゾハルゼミ

機材:EOS-5D,S-PLANAR 60mmF2.8,開放
_mg_4881


_mg_4894


_mg_4898


_mg_4908


_mg_4915


_mg_4919


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

S-PLANAR 60mmF2.8 八ヶ岳の植物 その2

写真1枚目はノリウツギ,絞り開放。
2枚目:ノリウツギ,絞りF5.6。
3枚目:ノリウツギ,絞り開放。
4枚目:ノリウツギ,絞りF5.6。
5枚目:キリンソウ,絞り開放。
6枚目:キリンソウ,絞りF5.6。

機材:EOS-5D,S-PLANAR 60mmF2.8
_mg_4849


_mg_4850


_mg_4856


_mg_4860


_mg_4863


_mg_4872


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »