« DISTAGON 35mm F1.4 | トップページ | PLANAR 135mmF2 その2 »

2011年7月28日 (木)

PLANAR135mm F2

Planar135mmF2は,CanonのEF135mmF2と人気を二分する銘玉だ。
両者とも中古価格も同じくらいで,非常に高価だ。
PLANAR55mmF1.2,PLANAR85mmF1.2と並んでPLANARの中のPLANARと言う人もいる。
いわゆるCONTAX PLANARの御三家だ。
まあ,価格も御三家でとても一般人に買える価格ではない。
以前から興味あったがあまりに高価なので入手できなかった。
ところが,このレンズ,特にぼろいわけでもないのに通常の半額ほどで入手できた。
135mmは,世間では不人気な焦点距離だが,85mmクラスと同様私には使いやすい焦点距離なので,これまでZUIKO135mmF4.5,AUTO WELTBLICK 135mmF1.8,SIGMATEL YS 135mmF1.8,LEITZ ELMARIT P-CF 120mmF2.8,LEITZ HEKTOR 120mmF2.5,同15mmF2.8と8本も揃えてしまった。
いずれもマイナーな不人気レンズで価格は激安だが,趙人気レンズのPLANARは価格がダントツなので描写も大いに期待するところがあった。

写真1枚目は季節外れの紅葉(絞り開放)。
2枚目はアキアカネ(絞り開放)。
3枚目はアキノキリンソウ(絞り開放)。
4枚目もアキノキリンソウ(絞りF4)。

実際撮影してみると,解像度ではZUIKOに遠く及ばない。
両者ともF4で撮影してもZUIKOの精緻な描写と比べ甘い。
まあ,レンズのキャラが違うので似たキャラのAUTO WELTBLICK 135mmF1.8,SIGMATEL YS 135mmF1.8と比較すると,開放では似た様な甘い描写だが,後者日本は開放でもピントがキレいる部分はシャープで,少しピントがズレるとトロけるようにボケる。
ところが,PLANARはピントがキレいるところも甘い描写で,ピントがズレてもトロけるようにはボケてくれない。
この3本の中ではAUTO WELTBLICK(正体不明の怪しいブランド,全く同じ物がPORSTブランドで存在する)が最高の描写,SIGMATEL YS 135mmF1.8が次いで,一番下がPLANAR135mmF2という感じだ。
発色も屋外では地味だが室内ではいい感じだ。
う〜ん,被写体がこのレンズには向いていないのか。
やっぱ,ポートレートを撮らねば。
でも…モデルがいない。
ピーター姉ちゃんかアンジェー姉ちゃんでも撮るか!

機材:EOS-5D,PLANAR135mmF2
_mg_4958


_mg_4970


_mg_4984


_mg_4986


|

« DISTAGON 35mm F1.4 | トップページ | PLANAR 135mmF2 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

CARL ZEISS PLANAR 135mm F2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PLANAR135mm F2:

« DISTAGON 35mm F1.4 | トップページ | PLANAR 135mmF2 その2 »