« 麻雀ゲーム vs 赤霧島と福生ハム | トップページ | Google翻訳が頼りです »

2011年6月26日 (日)

瓢湖のアヒル

画像のトップを飾るのがハイイロガン。
しかし,よく似た白いのも一緒にいるからガチョウかも?
ガチョウはハイイロガンを家禽化したものなので,素人には分からないですね。
そもそもハイイロガンとツールーズガチョウの区別が付きません(^-^;
おまけにハクガンというヤツもいるのでむずかし〜!

夏の瓢湖は人でも少なく犬の散歩もゆっくりできる。
まさに穴場だ。
ただし,かなり暑いので水は必ず持参しなければならない。
売店で売っているスワンレークビールを飲む手もあるが,飲んでから散歩すると死ぬほどの度が乾き,へばって途中で帰る気力が無くなるから要注意。
その時は日陰には行ってアルコールが抜けるまで休むしかありません。
帰り際に飲むべきだが,その場合は運転手を用意しておかねばならない。
我が家ではママが運転手。
アルコールを飲まないお姉ちゃん達は元気!

夏の瓢湖で目立つのはシロアヒルとクロアヒル。
それに,普通のマガモっぽいヤツもいるが,これがまた難しい。
アヒルはマガモを家禽化したものなので,中にはアオクビアヒル等色がそっくりなヤツがいる。
もう,ガンなの?ガチョウなの?カモなの?アヒルなの?

白黒ツートーンの粋な軍団はキンクロハジロ。
これは間違いありません。
それにしても,白黒なのにどうして金黒?
ところで,クロアヒルも白黒。
なぜか,夏の瓢湖は白と黒ばかりだ。

機材:EOS D60,EF35-350mmF3.5-5.6,オート
Crw_0129


Crw_0131


Crw_0132


Crw_0133


Crw_0138


Crw_0560


Crw_0567

|

« 麻雀ゲーム vs 赤霧島と福生ハム | トップページ | Google翻訳が頼りです »

旅行・地域」カテゴリの記事

パピヨン」カテゴリの記事

Canon EF35-300mm F3.5-5.6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瓢湖のアヒル:

« 麻雀ゲーム vs 赤霧島と福生ハム | トップページ | Google翻訳が頼りです »