« スカイツリー 大型クレーン解体中 | トップページ | Schneider Xenon 25mm F1.5 通常撮影 »

2011年5月27日 (金)

Angenieux 9-36mm F1.8

望遠側だとあまりケラれないが,広角側だと四隅がケラれる。
また,レンズ取り付けが偏芯している。
OGOB-01は非常に使いにくいカメラで使いこなしに慣れがいる。
また,液晶ファインダーは水平より上から見ると著しくコントラストが低い。
ピントの確認は不可能に近い。
カメラを頭上に掲げて下から斜め45度くらいに見上げる形だとコントラストが高くピントが合わせやすい。
が,今度はフレーミングがしにくい。
ケンコーでDマウントのデジカメを出してくれるとありがたいのだが。
肝心のAngenieuxの描写だが,絞り開放だと望遠側が解像感もありいい描写だが広角側は周辺は像が流れる。

機材:OGOB-01,Angenieux 9-36mmF1.8.開放
Pict0286


Pict0288


Pict0290


Pict0291

|

« スカイツリー 大型クレーン解体中 | トップページ | Schneider Xenon 25mm F1.5 通常撮影 »

パピヨン」カテゴリの記事

ANGENIEUX 9-36mm F1.8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Angenieux 9-36mm F1.8:

« スカイツリー 大型クレーン解体中 | トップページ | Schneider Xenon 25mm F1.5 通常撮影 »