« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月28日 (月)

谷津干潟の野鳥 常連 その2

ダイサギ,カモ,アカハラ,ユリカモメ,カワウ。
コンスタントに見られる常連だが,今ひとつ地味なので撮影の主役になりにくい。
撮影で人気なのはセイタカシギ,カワセミ,カイツブリなどの美しく,可愛らしい野鳥か,ハヤブサ,チョウゲンボウ,ノスリなどの猛禽類が人気だ。
だいたい,サギ類,カモ類,シギ・チドリ類はどれもよく似ていてよく分からないことも不人気の原因かも。
また,小鳥類は小さいので目立たない。
アカハラやツグミは地面の暗がりにいるので目立たない上気味が悪い。
カワウは大きくて目立つがなんとなくうっとうしい存在だ。
100種類もの野鳥が観察されると言うが,私のような素人はサギ,カモ,シギ・チドリはそれぞれ1種類にしかカウントできないし,小鳥やツグミ類は目に入らないので,感覚的には種類はうんと少なく感じる。

機材:EOS 1D,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8,開放
7adb3473


7adb3504


7adb3512


7adb3543


7adb3555

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

谷津干潟の野鳥 常連

ハヤブサと違ってこちらはいつもの常連,セイタカシギ,カワウ,ヒドリガモ,チュウサギ(たぶん),ユリカモメ。
それにしても白鷺の仲間はどれもそっくりでよく分からない。
オオダイサギ,ダイサギ,チュウダイサギ,チュウサギがどれもそっくり。
コサギとアマサギもそっくり。
クロサギも白色型はコサギにそっくり( ̄Д ̄;;

機材:EOS 1D,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8,開放
7adb3418


7adb3437


7adb3439


7adb3448


7adb3452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

谷津干潟の野鳥 ハヤブサは「格」が違う!

意外と知られていないことだが,東京湾周辺はハヤブサの生息地だ。
羽田空港では,野鳥と飛行の衝突を避けるため飼育しているハヤブサを使って野鳥を追い払おうとしたところ,野生のハヤブサに攻撃されたという。
羽田を縄張りにしている野生のハヤブサがいると言うことだ。
ここ,谷津干潟にも時々ハヤブサが出没するが,この近辺が縄張りなのだろうか。
ハヤブサが出現すると,カモメやカモ,シギなどが皆一斉に飛びたつのですぐ分かる。
写真のコガモやカイツブリなども餌になるのだろう。
さすがにシオマネキは餌にはならない。
姿はよく似ているが一回り小型のチョウゲンボウや体格はハヤブサと変わらないノスリなどが出現してもほとんど無視の状態。
やはりハヤブサには「格」の違いがあるようだ。
新潟県の瓢湖でも,ミサゴ,チュウヒ,チョウゲンボウが出現しても鳥たちは静かだが,ハヤブサやオオタカが出現すると全ての鳥たちが一斉にざわめく。
とても餌になるとは思えないオオハクチョウでさえざわめくから不思議だ。

機材:EOS 1D,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8,開放
7adb3307


7adb3366


7adb3373


7adb3377

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

谷津干潟散歩

遊歩道は狭いが干潟公園は広いのでゆったり散歩できる。
しかし,バードウオッチングはやはり遊歩道だ。
う〜ん,オグロシギだろうか?
私の目にはシギはどれも同じに見える( ̄◆ ̄;)

機材:EOS-1D,EF35-350mm F3.5-5.6,手持ち,オート
7adb2018


7adb2051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

谷津干潟の風景

谷津干潟の主役の一つ,カワウ。
よく杭の上で体を乾かす姿を見る。
干潟周囲の遊歩道ではモズの姿も目立つ。
以前,モズが自分とあまり変わらない大きさの小鳥を捕らえるところを目撃し,驚いたことがあった。
この遊歩道はジョギングと犬の散歩の人気スポットだ。
逆光に輝く葦原も美しい。

機材:EOS-D60,EF35-350mm F3.5-5.6,手持ち,オート
Crw_0068


Crw_0074


Crw_0075


Crw_0084


Crw_0105


Crw_0108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

谷津干潟のコアジサシ

カモやカモメの群れから少し離れて小柄なコアジサシがヒラリヒラリと優雅に羽ばたく。
姿形も優雅な鳥だ。
海鳥のイメージが強いが,多摩川の上流部でも見かけることがある。

機材:EOS-D60,EF35-350mm F3.5-5.6,手持ち,オート
Crw_0047


Crw_0054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

谷津干潟のユリカモメ その2

ユリカモメは,交通機関の名称に採用されるくらい東京ベイエリアを代表する鳥だ。
多摩川を遡って奥多摩方面まで出没する。
チドリも同様だが見かけが地味なせいか人気は今ひとつ。
人も鳥も見た目が大事ということか。

機材:EOS-D60,EF35-350mm F3.5-5.6,手持ち,オート
Crw_0046


Crw_0067


Crw_0110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

谷津干潟のユリカモメ

干潟に群がるユリカモメ。
夏羽に変わっている。

機材:EOS-D30,EF35-350mm F3.5-5.6,手持ち,オート
Crw_0064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

谷津干潟散歩 その6

早朝の干潟は鳥が少ない。
アオサギとダイサギが干潟の中央にポツンと佇む。
メダイチドリもひとりぼっち。
昼間の干潟はにぎやかだが,冬の朝夕は少し寂しい。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5,手持ち,オート
_c120618


_c120624


_c120631


_c120669

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

谷津干潟散歩 その5 続・夕日

夏の夕方は涼しいので多くの人や犬が散歩している。
その点,冬は寒いので人も犬も少ない。
おかげでゆっくり散歩できる,が,やっぱり寒い。
干潟にはセイタカシギやヒドリガモが帰宅?を前にしてくつろいでいる。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5,手持ち,オート
_c120569


_c120504


_c120572


_c120573


_c120588

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

谷津干潟散歩 その4 夕日

日暮れ時の谷津干潟。
カモの上をセイタカシギが飛ぶ(写真2枚目)。
鳥の数も少なくなり,残っていたオナガガモの一団(写真3〜5枚目)も飛びたっていった。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5,手持ち,オート
_c120514


_c120527


_c120530


_c120531


_c120550


_c120563

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

谷津干潟のUMA

谷津干潟に生息するUMAがまた出現w(゚o゚)w
ヌメーっとした体が水面から出ては消え,出ては消え!
ウツボの背中のような,エイの鰭のような?

_c120604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

谷津干潟散歩 その3

谷津干潟の夕方の景色はなかなか美しい。
大都会の中の干潟という,特殊な環境だ。
潮が引いた干潟一面アオサの海だ。
アオサの中央にアオサギが1羽佇んでいる(写真枚目)。
干潟の周囲にはシギの群れ(写真4枚目),ヒドリガモ(写真5枚目),セイタカシギ(写真6枚目)などの常連が餌をあさっている。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5,手持ち,オート
_c120438


_c120441


_c120446


_c120496


_c120437


_c110425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

スタンダードグレード

SHGのZD7-14mmに対し,SGのMZD14-150mmはさすがに画質が明らかに落ちる。
その代わり,小さくて軽いので出番は多い。
赤外線カットのDR655装着にもかかわらずSHGのZD7-14の方が自然な色調なのが不思議。

機材:G2,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,DR655フィルター,オート
_1000186


_1000188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりSHGは凄い

紫外線,通常光,赤外線のMixのハズ。
なんとも言えぬ,不思議な色で色乗りがコユイ。
ゴーストの出方が可視光線のみの時より派手なような気もする。
それにしてもZUIKOのSHGの解像感はHGとは違うな。
惚れ惚れするほどの良いレンズだ。
もっとも,むやみにデカくて重いから出番は少ないが。
それに,非常識に高価なのでこれ一本しか買えない。
SHGでは一番安いこのレンズも,昔ビックカメラでやっていた10万円引きセールに当たったから安く買えた。
出番は少なくともズーッと使っていたいレンズだ。
Olympusさん,EーSystem終了なんて言わないで〜

機材:G2,.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mmF4,オート
_1000175


_1000178


_1000180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

谷津干潟散歩 その2

カモやシギが群れているが,それらを狙うタカやハヤブサは全くいない。
カワセミも,カイツブリもいない。
風が強すぎるせいか。
寒いので散歩のワンコもいない。
犬は寒さに強いが,飼い主が弱い。
干潟の葦原にも小鳥がいない。
そんな中で,干潟の貴婦人セイタカシギ(写真3枚目)と色鮮やかなコガモの雄(写真5枚目)が目を楽しませてくれる。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5,手持ち,オート
_c110350


_c110363


_c110374


_c110381


_c110386

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月 9日 (水)

谷津干潟散歩

冬の谷津干潟散歩。
風が強い日は寒い!
ピーターとマロンは大喜びだが,写真を撮るにも風でレンズが揺れる。
干潟にはシギ類,カモ類が集まっていた。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5,手持ち,オート
_c110353


_c110355


_c110359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

紫外線風景撮影

LAW現像のパラメーター模索中。
なんか,現像のたびに色味がちがうな〜(-。-;)
同じ設定で撮っているのになんで〜(´ρ`)
難しい!
夏本番までに練習しなくちゃ

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞り開放,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000156


_1000164


_1000166


_1000168


_1000170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

感謝 11万アクセス

このところ忙しくてブログ更新をサボっていた。
久々に更新しようと思ったらいつの間にか11万アクセスを超えていた。
この1週間のアクセスの内訳は,
トップ3は,28.2%で東京が最も多く,次いで神奈川が9.5%,大阪が9.1%となっている。
次いで,兵庫5.8%,愛知4.1%,北海道と静岡が3.7%,千葉が2.9%となっている。
国別では日本語が85.5%,英語圏が10.5%,ドイツ語が1.4%,中国語が1.2%。
その他,フランス語,ポルトガル語,イタリア語,スペイン語,韓国語となっている。
それから,一時少なくなっていたが,最近また外国からのコメントが急増している。

皆さん,多くのアクセス,コメントどうもありがとうございます(^っ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ベゴニアとシャコバサボテンの紫外線写真             

ただ赤っぽいだけの写真。
紫外線と赤外線の混合だろうが,今ひとつだ。
肉眼で見えない模様が出るわけでもない。
よく後悔されている花や蝶の紫外線写真はパソコンで加工しているらしい。
使いこなすのはかなり大変そうだ。
専門知識も仕入れないと。
その前に,早く花が咲き,昆虫が出てこないかな。

機材:LUMIX G2,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞り優先AE,絞り開放,可視光線カットフィルター付き1.5×Extender併用
_1000144


_1000155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »