« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月28日 (木)

月山 弥陀ヶ原の植物 3

弥陀ヶ原に点々と存在する小さな池。
池の中にはホタルイなどの植物が群生している。


機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,オート
_8202272


_8202221


_8202222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

月山 弥陀ヶ原の植物 2

湿原の所々に小さな池がある。
池の周囲にはミヤマリンドウの青が目立つ。
リンドウの花にバッタが・・・
この花はつぼみの状態と開花の状態で別の花のように見える。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,オート
_8202215


_8202216


_8202233


_8202251


_8202256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月山 弥陀ヶ原の植物

月山8合目駐車場を下車すると,もうそこが弥陀ヶ原湿原だ(写真1枚目)。
1時間少々で一周できるこぢんまりとした湿原だが,起伏は少々あるので結構な運動になる。
この時期(8月下旬)はシロバナトウウチソウ(写真2枚目),イワイチョウ(写真3枚目),イワショウブ(写真4枚目),ウメバチソウ(写真5枚目)など,白系の花が目立った。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,オート
_8202203


_8202206


_8202208


_8202210


_8202211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

月山 弥陀ヶ原 月山本宮鳥居

今年8月に訪れた月山の弥陀ヶ原湿原。
駐車場から少し行くと少し行くと御田原神社がある。
さすが進行の山だ!
写真は本宮鳥居。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,オート
_8202295


_8202292


_8202296

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

千日紅 vs Kern Mcro-Switar 36mm

絞り開放で思い切り寄ると,背景は完全にとろけてしまう。
ピンが来ているところはシャープだが,ピントはきわめて浅い。
E-P1でフォーカスコントロールは相当やりにくい。
でも,この描写はやっぱりいいね。

機材:E-P1,Kern Macro-Switar 36mm F1.4,開放
_a162556


_a162581


_a162589

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

庭のコスモス vs  Kern Macro-Switar 36mm

Cマウントのマクロスイターは非常に高価だが,この36mmはH8RXタイプなのでフランジバックがCマウントより2mmほど短く,E-P1などマイクロフォーサーズにCマウントアダプターを噛ましてもインフが出ないためか,かなり安価に入手できる。
マクロレンズとして使いやすい画角で描写も素晴らしい。
背景によっては周囲がグルグル回る。
スイター75mmとセットで使い勝手が良さそうだ。

機材:E-P1,Kern Macro-Switar 36mm F1.4,開放
_a162558


_a162560

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

東京スカイツリー ただいま488m

奥多摩方面から東京スカイツリーを撮影。
驚いたことに,展望台から上がちゃんと見えている。
現在488mということなので,完成すれば628.8mなので,さらに大きく見えるだろう。

機材:E-3,NOVOFLEX NOFLEXAR280mm F5.6,開放
_a112540

| | コメント (0) | トラックバック (2)

世界ビール紀行と枝豆

最近は旨いビールが増えてうれしい悲鳴だ。
今日は世界ビール紀行を枝豆でいただく。
SOM BERTHIOT CINORで撮ると,ビールも一段と旨そう。
片っ端から飲みたいところだが,人間ドックでここ数年尿酸値が引っかかっている。
摂取を控える食品の中にビールと枝豆が入っている。
どちらも尿酸値を高めるプリン体の含有量が多いらしい。
ドクターは,プレミアムビールは普通のビールよりプリン体が多い,一番少ないのは発泡酒だからそちらを飲めと言う。
でも,旨いビールを飲むというささやかな楽しみくらい奪ってほしくないものだ。
プレミアムと言えば,昔はエビスだけだったのに。
それも,昔はエビスも普通のビールより5円だか10円だか高いだけだったが,今はずいぶん高くなた。
でもな〜,発泡酒は辛いよな〜。

機材:E-P1,SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95,絞り開放
_a192602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

マロンの発情完全終了

いつもピーターに対しキツイ態度のマロンだが,発情すると優しくなる。
このあとマロンの発情が終了し,いつも通りピーターにきつくなった。
ピーターはまだ発情している様子。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4-5.6,オート
_a022519


_a022520


_a022524


_a022526

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

墓参り COSMICAR 12.5mmF1.4

天気が良かったので墓参りへ行ってきた。
あちこちでキンモクセイの香りが漂っていた。

機材:E-P1,COSMICAR 12.5mmF1.4,絞りF4
_a102536


_a102537


_a102539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

庭のコスモスが満開 SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95

土砂降りの中でF0.95開放。
ドピーカンの時のF4よりフレアっぽくなく良い描写。
さすがに開放ではソフトフォーカス風だが,ピントの来ているところはとてもシャープ。
つまらない風景でもとても絵になる。
雨の描写は最高のレンズかも知れない。
それにしても,E-P1の背面液晶ではF0.95開放のピント合わせは難しい。

機材:E-P1,SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95,絞り開放
_a092531


_a092533


_a092535

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

庭のコスモスが満開 テレイドスコープで夢の世界に 2

今度はズーミングして撮影。
広角側の遠景描写と比べ,よりデザイン的な雰囲気になる。

機材:μ725sw,アタッチメントレンズ=テレイドスコープ
Pa080065


Pa080068


Pa080071

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

庭のコスモスが満開 テレイドスコープで夢の世界に

庭のコスモスがそろそろ満開のピークを迎えた。
デジカメのレンズにテレイドスコープを押し当てるだけの安易な撮影だが,見慣れた風景が夢の中の世界に変わる。
なんとも不思議なレンズだ。

機材:μ725sw,アタッチメントレンズ=テレイドスコープ
Pa080043


Pa080055


Pa080060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

赤外線写真もどき コスモス

このカメラKenko OGOB-01で正確なピント合わせは不可能に近い。
もう1段絞った方が良かったかも知れない。
それにしてもちょっとした加減で色味がずいぶん変わる。

機材:Kenko OGOB-01,Schneider Xenon 25mmF1.5,絞りF4
Pict0276


Pict0281


Pict0284

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

八ヶ岳別荘街散歩

こちらはアタッチメントレンズ無しで撮影。
タダで入手したμ725swだが今のところ会長に作動している。
本来なら水中撮影したいところだが,いまだその機会はない。
とりあえずピーターとマロン,それにフジアザミを撮影。

機材:μ725sw
P9190026


P9200035


P9200041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の魚露目8号

マロンはすぐレンズを舐めるので困る。
夜中に買い物の相談をしているお姉ちゃんたちをじっと見つめるマロン。

機材:μ725sw,アタッチメントレンズ=魚露目8号
P7310013


P7310009

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

八ヶ岳の野鳥 ビンズイ

阿弥陀岳山麓の林の中にビンズイがいた。
数メートルの距離だったが,相手が小さいのでこの程度の大きさにしか写らない。
これでも,このレンズ本来の撮影距離では撮影不可能な近さだ。
インフが出ない分最近接撮影距離は近くなる。
やっぱり小鳥撮りには最低でも500mm異常は必要だ。

暗い森の中ではどうしてもスローシャッターになる。
FL-F500mmはコンパクトとは言えやっぱり重い。
ピントリングがレンズの根元(三脚座よりも手前)にあるので,手持ちで構えていると手が震えてくる。
三脚座と位置を入れ替えると使いやすいのに,この位置では操作性が悪すぎる。
結局手ぶれ写真の山。
このレンズ本来の写りではないが,発色は意外と現代的。

機材:EOS 5D,CANON FL-F 500mmF5.6,開放,手持ち。
_mg_4671


_mg_4675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

NIKKOR-P・C 75mm F2.8で撮る八ヶ岳 その2

写真1枚目はシオン。
2枚目は八ヶ岳,赤岳山麓の風景。
3枚目はタムラソウにとまるイチモンジセセリ。
4枚目はツリフネソウ。
このレンズはいわゆるブロニカニッコール75mmF2.8だが,マクロレンズに多いクセノター型のレンズ構成のようで,マクロレンズ的に使えそうだ。

機材:EOS 5D,NIKKOR-P・C 75mm F2.8,開放(遠景の写真のみ絞りF4)
_mg_4602


_mg_4607


_mg_4610


_mg_4614

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

NIKKOR-P・C 75mm F2.8で撮る八ヶ岳

写真1枚目はアキアカネ。
2枚目はフジアザミ。
3枚目はアキノキリンソウにとまるウラギンヒョウモン。
4枚目はアキノキリンソウにとまるイチモンジセセリ。
5枚目は別荘地の風景。
6枚目は赤い実をつけたミズキ。

機材:EOS 5D,NIKKOR-P・C 75mm F2.8,F4(チョウの写真は絞り開放)
_mg_4563_2


_mg_4569_2


_mg_4576_2


_mg_4589_2


_mg_4592_2


_mg_4601_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

NIKKOR-P・C 75mm F2.8(ブロニカCマウント)

写真がデジタル化して以来,ジャンクで購入したブロニカECTLの出番が無くなった。
ところが,ブロニカEC-NIKKORマウントアダプターなるものを入手。
アマチュアの手作りっぽい外見だが,私の手作りアダプターよりずっと出来がよい。
エポキシパテで部品を適当に合体させた私の加工品と異なり,ちゃんと工具で加工されている。
おまけに,アポランターよろしくアポクロマートマークの三本線が誇らしげ。
アポ仕様のアダプター?
もちろん,レンズはアポクロマートではない。
このレンズは5本まとめて1000円というガラクタの中の1本だが,見たところ別に状はない。
こういうものは心おきなく使えるのでありがたい。
ただし,アダプターの方は14800円とかなり高価だ。
それでも,使い道無く死蔵しているブロニカECの機材やレンズが活きるので安いものだ。

_9182496

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原宿のマンホール

原宿のマンホール。
デザインは桜?

Img_0037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代々木公園のアゲハチョウ

代々木公園のアゲハチョウ。
種類は,小さすぎてよく分からない。

Img_0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »