« シクラメンの最後 | トップページ | ルーフバルコニーにネジバナが咲きました »

2010年7月10日 (土)

黒豚ロースカツ

東京都下の田舎道(旧奥多摩街道)沿いにある小さくて冴えない店。
羽村市にあるとんかつ屋さん「吉善」。
玄関には大きなボクサー(犬です。人ではありません)のフィギアがある。
店に入ると客はほとんどいない。
こういう店が曲者で,意外と美味い店が多い。
ここもその典型で,とんかつがジューシーで旨い。
ピーマロ姉ちゃんはヒレカツとエビフライ。
アン姉ちゃんは黒豚ロースカツとエビフライ(特注のトッピング)。
私は脂っこいロースは苦手でたいていヒレカツを食べるが,ここの黒豚ロースはコッテリとこくがあって,かつあっさり。
矛盾するようだが,実際美味い。
黒豚の脂身はあっさりしていておいしいと言うが本当だ。
と言うことで,黒豚ロースとエビフライを食べた。
ソース,ポン酢ダレ,塩,タルタルソースがついていたが,黒豚ロースには塩が一番合う。
肉のおいしさが損なわれない。
トッピングのエビフライも旨い。
こちらはタルタルソースで。
ちなみに,私が以前住んでいた西日本のとある島では「えびふりゃあ」と発音したが,ここ羽村では「えびふらい」と発音する。
食事中にオヤジといろいろおしゃべりしたが,なかなか大物の犬好きらしい。
ここのオヤジはもともとフレンチの料理人だったそうだが,今はなぜかトンカツ屋。
店内には,皿に犬の写真をプリントしたものが沢山飾ってある。
オヤジさん相当犬好きらしく,盲導犬を引き取って飼っていて,都内(三鷹といったかな?ここでは都心方面にでかけることを”東京へ行く”という)で白内障の手術をさせたり,晩年は人間用の介護ベッドで介護したり。
なかなかできないことですね。

Img_0125

|

« シクラメンの最後 | トップページ | ルーフバルコニーにネジバナが咲きました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒豚ロースカツ:

« シクラメンの最後 | トップページ | ルーフバルコニーにネジバナが咲きました »