« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の記事

2010年5月31日 (月)

男前パピヨン SOM BERTHIOT CINOR編

ピーター11歳。
あいかわらず男前だが,顔に白いものが目立つ。
自慢のゴージャスなコートと耳の飾毛も7歳頃をピークに少し衰えてきた。
マロンにつけられた鼻の頭の白いキズもご愛敬。
体重もドクター推奨の4.5㎞,最低でも5㎞以下にはほど遠く約6㎞。
それでもピーターは男前だ。
病院ではいつも皆の注目を集める。
他人様に無愛想なのが玉に瑕。

機材:E-P1,SOM BERTHIOT CINOR 25mm F0.95,絞り開放
_5181818


_5181828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

恐怖! 窓の外に幽霊が!

窓ガラスにお勉強中のお姉ちゃんが写ったものですo(_ _)oペコッ

Img_0077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

久々に魚露目

テントウムシ,羽化直後か?
我が家のミニバラも11年経って巨大バラになった。
せっかくの満開なのにこの雨と強風で…

機材:iPhone,アタッチメントレンズ=魚露目8号
Img_0067


Img_0073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

何で? 山奥に地中海料理

東京あきる野市の有名(地元では (^-^; )な「割烹黒茶屋」の脇を通って車でどんどんさらに山奥へ…
道幅が狭く車の離合もままならない道が続く。
山の木々しかないところにいきなり洋館風の煙突の壊れた一見廃屋風の建物。
人も車も通らず,クマしか出没しないような山奥だが,なぜかここだけは車が一杯。
看板には「Cafe & Restaurant 地中海料理 メリダ」とある。
パエーリャやパスタ,ブイヤベースを食べたが山奥とは思えない本格的なもの。
しかし,こんなところに何で〜

道路を挟んで反対側に神社があり,そのとなりが「ギャラリーネオエポック」。
レストランメリダと同じ経営者らしいが,このギャラリーがこれまたとてつもなくマニアック。
フランスを中心としたヨーロッパの骨董品が一杯ある。
ここの社長はあちらで発掘調査をやっていた人物という。
それにしても,こんな山奥でなんで〜

Img_0036


Img_0046


Img_0031


Img_0035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

11歳の誕生日

ピーターは5月20日で満11歳。
21日に1日遅れの誕生日をドッグフードのビーフステーキ添えでお祝いした。
当然のことながらマロンも一緒。
こちらは快気祝いだ。

Img_0056


Img_0061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

スクープ! 幽霊実写画像!!

お勉強中のお姉ちゃん
Img_0054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

Telyt 560mmF5.6 vs Noflexar 280mmF5.6 その4

トビモノ,と言ってもめぼしい鳥がいなかったので米軍機(E-2C)でお茶を濁す。
大きさの違いは撮影距離の違い。
重たいテリートを「撮るぞ〜!」という気にさせる。
軽いノフレクサーはそんな気にならない。
しかし,これは短時間の作例の撮影の話で,1日中持ち歩くとなると話しは全く別。
当然,軽い方が圧倒的に出番が多い。
画質は? どちらもこんなもんでしょう。
ノフレクサーの作例の水平尾翼の横の黒い点は「ゴミ」ではなく「カラス」です。

機材:1枚目=5D,Leitz Telyt 560mmF5.6 ,開放。2枚目=E3,Novoflex Noflexar 280mmF5.6,開放
_mg_4498


_4149139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

Telyt 560mmF5.6 vs Noflexar 280mmF5.6 その3

どんなものでしょうね。
手持ちで適当に撮っているし,撮影時間も違うし,厳密に比較するようなものではありませんが,まあ,どちらで撮っても私の用途では必要にして十分な画質。
う〜ん,テリートを持ち出すまでもなく,6千円のノフレクサーで十分かな?
しかし,E-3で水平に撮るとみんな右肩上がりになってしまう。
初期不良でアナウンスのあったものだが,すぐ使いたかったし,鳥撮り用途にはあまり影響ないのでそのまま使ってきたが,こういう写真だとやっぱり気になる。
景気とは違うので右肩上がりは好ましくない。
まあ,撮影時に右肩下がりに撮るように心がけるしかないか。

機材:1枚目=5D,Leitz Telyt 560mmF5.6 ,開放。2枚目=E3,Novoflex Noflexar 280mmF5.6,開放
_mg_4499


_5049164

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

五島一番 かまぼこです

五島列島福江島の浜口水産,かまぼこセット。
東京のかまぼこと全然違ってプリップリです。
セットの中身は,かまぼこの「五島一番」紅白セット(紅はお姉ちゃんたちが食べてしまった)の他に昔ながらの製法で近海アジの無デンプン仕上げ「後藤真希」もとい「五島巻き」(これも食べてしまった)。
「伊達巻き」(またまた食べてしまった),「五島つみれ」,「五島ばらもん揚げ」,「鰯すりみ揚げ」,「龍眼」のセットだ。
アンジェー姉ちゃんがお勉強している横で撮影。
ケルン・スイターのシャープな中に甘さのある描写はグルメ撮影に最適。
う〜中身をスライスしたものはもっとおいしそうだが,撮影を忘れて食べてしまった。

機材:E-P1,Kern Switar50mmF1.4開放
_5171814

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

Album「瓢湖の野鳥」追加

マイフォトのアルバム「瓢湖の野鳥」を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Telyt 560mmF5.6 vs Noflexar 280mmF5.6 その2

理論的には同じ画角なので同じ大きさに写るはずだが,アスペクト比の影響で横幅を揃えると135サイズの5D+Telytに対し,4/3サイズのE3+Noflexarの方が大きくなる。
この点でも望遠撮影には4/3が一段と有利か。
とにかく,小さいことは良いことだ。
この絵を見る限り巨大なシステムを持ち出す理由は見あたらない。
ただし,ピント合わせはE3より5Dの方が合わせやすい。
色味の違いは撮影時間の違いも影響している。

機材:1枚目=5D,Leitz Telyt 560mmF5.6 ,開放。2枚目=E3,Novoflex Noflexar 280mmF5.6,開放
_mg_4384


_5049162

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

Telyt 560mmF5.6 vs Noflexar 280mmF5.6

デカイ方がテリート560mmF5.6,ちっこい(と言ってもこの状態で全長35cmある)方がノフレクサー280mmF5.6。
テリートはEOS 5Dでそのまんま560mmF5.6,ノフレクサーはE-3で560mmF5.6相当。
用途では完全にかぶる両者だがこの大きさの違いは何だ?
やっぱり鳥撮りや望遠撮影にはフォーサーズはありがたい。
これがフォーサーズの最大のメリットだ。
それなのに,オリンパスもパナソニックも一向にこのジャンルの実用的価格のレンズを出す気配がない。
これではカメラが売れなくて当たり前だ。
普通の人が買える価格の単焦点望遠レンズを早く出せ〜!

_5041807

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

パピヨンのいる風景

久しぶりに遊びに来たアンジェー姉ちゃんの夕食にピーターの目の色が変わる。
それにしてもスローシャッターの表現は面白い。
E-P1のISはとても優秀なようだ。
動きのないものはピタリと止まっている。

E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8,Auto
_5061809

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

谷津干潟野鳥散歩 7

オナガガモやヒドリガモの中にあって一段と目をひくセイタカシギ。
何をしても美しい。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_2219015


_2219017


_2219032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

谷津干潟野鳥散歩 6

谷津干潟の一角が葦原となっている。
ここはヨシキリの住み家だが,オオバンもここをねぐらにしているようだ。
干潟の景色も気温が上がると霞んでくる。
水面ではオナガガモが,陸上ではジョウビタキが昼休み。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_2208921


_2208934


_2208936


_2208943


_2219008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

谷津干潟野鳥散歩 5

セイタカシギ,オオバン,カイツブリ,カワセミ,サギ類などと比べると地味であまり注目を集めないが,圧倒的に数が多いのがカモ類。
ヒドリガモ,コガモ,オナガガモなどが多数集まっている。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_2208907


_2208909


_2208910


_2208914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

マロン,ついにカラー装着

包帯のあてガーゼを全部引き抜いてしまうので,首にカラーを装着することになった。
これでキズは安泰だが,食事をはじめ,なにするにも不便。
ご飯は手で与えないといけない。
痒いところが掻けないので苛つく。

_5041802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

花火 2

花火は通常近距離から広角レンズを三脚に据え,バルブで撮影するが,今回は被写体の花火が遠方であり,既に打ち上げが始まっているので,大急ぎでTelyt560mmを手持ちで撮影。
最初はAVモードで撮影したが,露出が長すぎ絵がシラ〜としてしまうので,やはりバルブでかつ手持ち撮影となった。
超望遠をバルブで手持ち撮影?
あり得ない設定だが,花火はこれでも結構いける。
最初は順調だったが,レンズのあまりの重さに手が萎えてきた。
ついにはブルブル震えだし,花火の光跡が揺らぐようになった。
これが逆に面白い表現になった。
撮り終えたあと,ビールを持つ手が震えてとまらない。
NovoflexNoflexar600mmとFollowFocusUnitの組み合わせとちがってTelyt560mmとTelevitの組み合わせは手持ち撮影に向かない。
ダブルグリップのNovoflexに対し,シングルグリップでしかもやたら手前にグリップがあるので,受領バランスが悪すぎる。
重いレンズ先端部が余計に重く感じる。
これでは腕力鍛錬具だ。
ライツがあとからTelytをNovoflexのFollowFocusUnitに組み込んで発売した経緯もこのあたりか。
もっとも,NovoflexのFollowFocusUnitも握力鍛錬具ではあるが。

機材:EOS 5D,Leitz Telyt 560mmF5.6,開放,バルブ,手持ち〜っ(@@;)(;>_<;)
_mg_4435


_mg_4437


_mg_4441


_mg_4444


_mg_4447

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

花火

昨夜,自宅でエビスザホップを飲んでいると,窓の外に花火が。
エッ,今どき花火?
何で?
とりあえず,ビールもそこそこにテリート560mmを取り出して手持ち撮影。

機材:EOS 5D,Leitz Telyt 560mmF5.6,バルブ,開放,手持ち〜っ(@@;)
_mg_4421


_mg_4423


_mg_4424


_mg_4428


_mg_4429


_mg_4434

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

おっと,気がつけばもう…

気づけばもう8万アクセスだ。
本家のホームページPeter's Roomがまだ1万4千アクセスなのと比べると,あちらが1万アクセスの時にスタートし,何年も後発なのにアクセス数は格段の差。
まあ,あちらは年に数回しか更新しないが,こちらは2日に1度のペース。
それに,あちらは仕事上のホームページの練習のために作ったのに対し,こちらは最初から我が家用に作った。
時代はHP→Blog→Twitterと言うことか。
更新が安易なものほど最新のネタが載るから?

最近4ヶ月のアクセス状況は,
アクセス数合計:16,733 (日平均:182)
訪問者数合計: 5,126(日平均:56)

アクセス地域
1 東京 37.3%
2 神奈川 7.2%,大阪 7.2%
4 愛知  4.8%
5 埼玉 4.5%
6 静岡 3.2%
7 北海道 3.0%
8 千葉 2.7%
9 茨城 2.5%
9 長野 2.5%
11 栃木 1.8%,兵庫 1.8%
13 福岡 1.7%
14 新潟 1.5%
15 群馬 1.3%,京都 1.3%,宮城 1.3%
18 三重 1.2%
19 長崎 0.9%
20 大分 0.8%
21 石川 0.8%,沖縄 0.8%
23 岩手 0.7%
24 広島 0.7%,和歌山 0.7%
26 岡山 0.6%,岐阜 0.6%
28 愛媛 0.5%,秋田 0.5%,福島 0.5%
31 奈良 0.5%,富山 0.5%,熊本 0.5%,滋賀 0.5%
35 山形 0.4%
36 青森 0.4%,山梨 0.4%,山口 0.4%
39 香川 0.3%,鹿児島,0.3%
41 徳島 0.2%
42 福井 0.2%,42 佐賀 0.2%,42 鳥取 0.2%
45 宮崎 0.1%
46 島根 0.1%
関東が中心ですが,全国からアクセスをいただいています。

アクセス国・言語
1 [ja] Japanese 90.3%
2 [en] English 6.8%(英語圏?)
3 [zh] Chinese 1.3%
4 [ko] Korean 0.4%
5 [fr] French 0.3%
6 [sv] Swedish 0.3%
7 [de] German 0.1%
8 [it] Italian 0.1%,[nl] Dutch 0.1%
10 [es] Spanish 0.1%,[pl] Polish 0.1%,[fi] Finnish 0.1%
13 [ru] Russian 0.0%
14 [hu] Hungarian 0.0%,[lt] Lithuanian 0.0%,[th] Thai 0.0%
※:0.0%は1〜2アクセス
日本語が約90%,海外では英語圏が中心ですが,最近では韓国,中国が増えています。
ブラウザーに自動翻訳機能が付いているので,こちらも国際的です。
海外からリンク許可のメールや,出版社から引用許可のメールが来たりして驚かされます。
しかし,自動翻訳って意味不明ですよね。

皆さん,多くのアクセスどうもありがとうございました。
全く無名の個人のBlogですが,こんなに広範囲の多くの方からアクセスをいただけるとは思ってもいませんでした。
今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マロン 腹部腫瘍の手術

マロンのお腹にできた腫瘍(おでき?)の手術が無事終わった。
乳がんの疑いがあるので,目下検査中。
お腹のグルグル撒きの包帯を気にして,止血の押さえ布を引き抜いてしまった。
手術当日は神妙にしていたが,今日はいたって元気。
温和しくしてくれると良いのだが。

_5031797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

谷津干潟野鳥散歩 4

干潟の鳥の中でもセイタカシギの上品な美しさは特別だ。
個々に集う鳥の中でも小柄な方だが,それでも目立ってしまう。
湖畔のビルに日が当たって美しい。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_2198888_2


_2198889_2


_2208899_2


_2208905_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

谷津干潟野鳥散歩 3

干潟の中央には大きなアオサギが数羽とシギの群れがいた。
自然観察センターの裏にある淡水池にはいつもの場所でカワセミが食事をしていた。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_2198857


_2198865


_2198870


_2198875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

谷津干潟野鳥散歩 2

翌朝,干潟へ散歩に出かけるとオオバンとカイツブリが朝食の最中だった。
両者ともに潜水の名人だ。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_2198818


_2198826


_2198836


_2198848


_2198852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »