« SOM BERTHIT CINORで桜を撮る | トップページ | Xenon 25mmF1.5(Dマウント)で桜を撮る »

2010年4月13日 (火)

アナモフィックアタッチメントで桜を撮る

桜の名所で撮れば風情があるのだろうが,花見に行く暇がなかったので近所の公園で5分ほど安易に撮影。
それでもISCORAMAで撮影すると別世界の風景だ。

このアタッチメントレンズついてはAlbum35とカテゴリISCO Gottingen ISCORAMAを参照してください。
なかなか曲者で面白い!
今はデジタルでいくらでもパノラマ合成が可能だが,これはアナログでしかも合成ではない!

機材:EOS-5D,フロントレンズ=ISCO Gottingen ISCORAMA,ベースレンズ=Zuiko Macro 50mmF2,絞りF5.6
_mg_4271


_mg_4283


_mg_4289


_mg_4301

|

« SOM BERTHIT CINORで桜を撮る | トップページ | Xenon 25mmF1.5(Dマウント)で桜を撮る »

ISCO Gottingen ISCORAMA」カテゴリの記事

コメント

Dddさん
ISCORAMAは昨年2度ほどヤフオクに出てるのを見ました。数万円したと思います。ISCORAMAは最初からISCOの撮影レンズ専用のアタッチメントとして設計されており,リアにはネジが切ってあるのでステップアップ,ステップダウンリング等を加工すると簡単にマスターレンズに取り付けられます。ヤフオクに出ていたものはマスターレンズ込みだったと思います。キットまた出てくると思います。この手のレンズの中では高価ですが後の加工を考えると無難な選択だと思います。多数のスパムコメントに埋もれてコメントに気づくのが遅くなりました。済みませんでした。

投稿: | 2012年2月 5日 (日) 02時32分

ご丁寧にありがとうございます。

ここ数ヶ月探してはいるのですが、あまり見つからず、2倍の物はある程度出てくるのですが、1.5倍の物はあまり無いようで・・・。

ISCORAMA とても羨ましいです。

投稿: Ddd | 2012年1月21日 (土) 21時47分

最近はじっくり撮影する機会が無くて(T.T)
これまでも出番は年に1〜2回程度です。
アナモルフィックレンズ自体はヤフオクなどでうんと安く出ています。
レンズのコーナーでバレル,プロジェクター用,用途不明などのタグで見つかります。
数千円です。
これを使うには相性の良いマスターレンズを見つけなければなりません。
わたしはZUIKO MACRO50mmを持っていましたので,これをマスターに使いました。
ただし,アダプターの制作がが必要です。
アナモフィックレンズはマウントが無く,ネジも切ってないものが多いので,不要のフィルターなどをエポキシパテで接着するとマスターレンズのフィルターネジに取り付けられます。
実用的には普通に超広角で撮影し上下をカットするか,魚眼で撮影し,歪み補正の後上下をカットする方がずっと楽です。
実用と言うより遊び心で使うレンズですね。
レンズを回すと菱形に歪んだ像になるので面白いですが,これも実用的には普通のレンズで普通に撮って,フォトショップで歪ませる方が簡単です。

投稿: | 2012年1月20日 (金) 00時24分

初めまして、アナモルフィックレンズに興味があり、検索でこちらのサイトに行き着きました。
最近は、このレンズを使った写真はお撮りにはなってないのでしょうか?
ネットにも作品があまりあがってなく、物も希少なのか見当たらないので、是非使い勝手をお聞きしたいです。

投稿: Ddd | 2012年1月19日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナモフィックアタッチメントで桜を撮る:

« SOM BERTHIT CINORで桜を撮る | トップページ | Xenon 25mmF1.5(Dマウント)で桜を撮る »