« Leitz Hektor 20cmF2.5 vs 桜 | トップページ | LEITZ ELMARIT P-CF 120mmF2.8試写 »

2010年4月21日 (水)

LEITZ ELMARIT P-CF 120mmF2.8

これもプロジェクターレンズだが,最初からペンタ67のリバースアダプターに取り付けてあったので,無加工で使用できた。
使い方は,ペンタ67アダプター → ペンタ67接写リング → ペンタ67ヘリコイドエクステンションチューブ → ペンタ67Nikonアダプター → Nikon/EOSアダプター という順番で繋いでEOS5Dで撮影,もしくは Nikon/FourThirdsアダプターに繋いでOlympus E3で撮影する。
書くと長いが,実際は写真の通り。
全部手持ちの機材でまかなえる。
14日にアップした甕 夕餉 無濾過焼酎の写真はこれで撮影した。
高価な撮影用エルマリートと比べるとほとんどタダのようなレンズだが,写りはどんなものだろうか。
ちなみに,67をカバーできるイメージサークルがあるのか確認していない(ペンタ67を所有していないので)が,同じくプロジェクター用のヘクトール120mmが67をカバーするとものの本に書いてあったので,エルマリート120mmもカバーするのだろう。
こうなるとペンタ67Dが欲しくなるが,幸いにしてこの世に存在しない。
ところがペンタ645Dが発売されてしまう。
でもべらぼうに高いんだろうな〜
これは困った。

_4171777

|

« Leitz Hektor 20cmF2.5 vs 桜 | トップページ | LEITZ ELMARIT P-CF 120mmF2.8試写 »

LEITZ ELMARIT P-CF 120mm F2.8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEITZ ELMARIT P-CF 120mmF2.8:

« Leitz Hektor 20cmF2.5 vs 桜 | トップページ | LEITZ ELMARIT P-CF 120mmF2.8試写 »