« 石英レンズで紫外線撮影 | トップページ | 石英レンズで紫外線撮影 その3 »

2009年11月23日 (月)

石英レンズで紫外線撮影 その2

絞り開放だと甘い描写だったが,
F4まで絞ると画像は引き締まる。
本来,非常に高価なはずのレンズなので,
開放での画像の甘さが気になる。
理由として考えられるのは,
1 中古なのでレンズのコンディションに問題がある。
2 紫外線と通常光では屈折率の違いからフォーカスポイントが異なるため,
ミックス光での撮影ではぼけてくる。
1の可能性もあるが,2の可能性の方が高い。
とにかく,見た目がすごいきれいなレンズなので,光学系は問題なさそう。
2だとすると,通常光カットフィルターの購入と,
ボディー内のフィルターを外したボディーが必要となる。
どちらも非常に高価なので,対策として,
3 C-Dマウント変換アダプターでOGOB-01に接続する。
4 とりあえず絞って撮影し,パソコンで画像を後処理する。
と言うことになる。
とりあえず,画像処理の勉強がてら4で使いながら変換アダプターの出物を待つ作戦で行く。
このアダプターは,単純なネジマウントなので普通にありそうだが,
いまだ見たことがない。
要するに需要がないのだろう。

機材:E-P1,COSMICAR QUARTZ LENS 25mmF2.8,絞りF4
_a231272
_a301282
_a301283

|

« 石英レンズで紫外線撮影 | トップページ | 石英レンズで紫外線撮影 その3 »

COSMICAR QUARTZ LENS 25mm F2.8」カテゴリの記事

紫外線写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152719/46837497

この記事へのトラックバック一覧です: 石英レンズで紫外線撮影 その2:

« 石英レンズで紫外線撮影 | トップページ | 石英レンズで紫外線撮影 その3 »