« 横須賀の三笠記念公園 | トップページ | アクセス言語 ブログは国際的だ »

2009年10月24日 (土)

猿島散策

横須賀軍港をクルーズの後猿島へ寄港する。
猿島は幕末の頃から砲台を設けたいわゆる「台場」として,戦前まで首都防衛の拠点となった。
戦後は米軍に接収され,その後,海水浴場,フィッシィングなどの観光スポットとなっている。
この猿島は空母ジョージワシントンとほぼ同じ大きさと言うから,…デカイ!
島ではなくジョージワシントンがである。
最初に見学した三笠も内部は意外と広く,クルーズ待ちの時間ではとても見切れなかった。
しかし,猿島の広さはそんなものではない。
確かに小さな小島で無人島ではあるが,船と比べるととてつもなくデカイ。
猿島の港はきれいに整備され,さすが首都圏の観光地だ(写真1枚目)。
写真2枚目は観光写真で定番の弾薬庫。
露天掘りの通路は英語の落書きだらけ(写真3枚目)で,
所々に煉瓦造りの暗いトンネルがある(写真4枚目)。
写真5枚目は砲台の跡。
写真6枚目は古代住居跡(日蓮洞窟)で,その下の磯は釣り場となっていた。
島の高台は展望台となっていたが,朽ち果てていた立ち入り禁止だった(写真7枚目)。
再び港に戻ったが雨が降ってきたので土産物屋で船がくるのを待つ(写真8枚目)。
やっと船が来て横須賀港へ戻るが,雨の中船のデッキに立つものはいない(写真9枚目)。
ちなみに,この猿島,名前は猿島だがサルはいない。
名の由来は,日蓮が鎌倉へ渡る途中で嵐で迷ってしまったところ,船の舳先に白猿が現れ,この縞へ導いたという伝説に由来すると言う。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_9291169
_9291172
_9291174_9291176
_9291177
_9291178
_9291183
_9291186
_9291187

|

« 横須賀の三笠記念公園 | トップページ | アクセス言語 ブログは国際的だ »

旅行・地域」カテゴリの記事

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猿島散策:

« 横須賀の三笠記念公園 | トップページ | アクセス言語 ブログは国際的だ »