« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009年10月26日 (月)

猿島から久里浜へ

横須賀軍港,猿島クルーズのあと久里浜花の国へ。
今はコスモスのシーズンだが,既に盛りは過ぎていた。
会場を移動する汽車型の電気自動車は面白そうだが,
肝心の花は今ひとつ。
イチモンジセセリがシーズンの終わりを楽しんでいた。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_9291190
_9291191
_9291193
_9291194
_9291196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

アクセス言語 ブログは国際的だ

ブログ管理メニューにアクセス解析というのがある。
今まで気にしたことがなかったのだが,
何の気無しに中を覗いてみた。
試しにアクセス地域を見ると,
過去7日で東京が50,神奈川が44,大阪12,静岡7,愛知6,埼玉,広島,福岡,京都,千葉がそれぞれ5,熊本,北海道がそれぞれ4,愛媛,兵庫,滋賀,福島,宮城,三重,長野,鳥取,大分がそれぞれ2,島根,岩手,福井,青森,新潟,茨城,沖縄,長崎,岐阜,石川がそれぞれ1アクセスとなっている。
さらに,最近4ヶ月の国,言語別アクセスを見ると,
日本語が5580,英語が305,中国が46,ハンガリーが30,韓国が23,ドイツが13,フランスが12,スペインが7,オランダが6,イタリアが4,ポルトガル,ロシア,スウェーデンがそれぞれ3,デンマーク,ポーランドがそれぞれ2,トルコ,タイ,クロアチア,ギリシャがそれぞれ1アクセスとなっている。
日本国内でも多くの地域で読まれているのに驚いたが,
あまりに国際的なのでびっくりした。
日本語,英語はまだ納得できるとしても,
中国やハンガリーが多いのに「なぜ?」というのが正直な気持ち。
トルコ,タイ,クロアチアまで読まれているとは!
それにしても,私の日本語は自動翻訳で読まれているのだろうか。
日本語がひどいとまともに翻訳されないと思う。
外国語の日本語への自動翻訳はひどいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

猿島散策

横須賀軍港をクルーズの後猿島へ寄港する。
猿島は幕末の頃から砲台を設けたいわゆる「台場」として,戦前まで首都防衛の拠点となった。
戦後は米軍に接収され,その後,海水浴場,フィッシィングなどの観光スポットとなっている。
この猿島は空母ジョージワシントンとほぼ同じ大きさと言うから,…デカイ!
島ではなくジョージワシントンがである。
最初に見学した三笠も内部は意外と広く,クルーズ待ちの時間ではとても見切れなかった。
しかし,猿島の広さはそんなものではない。
確かに小さな小島で無人島ではあるが,船と比べるととてつもなくデカイ。
猿島の港はきれいに整備され,さすが首都圏の観光地だ(写真1枚目)。
写真2枚目は観光写真で定番の弾薬庫。
露天掘りの通路は英語の落書きだらけ(写真3枚目)で,
所々に煉瓦造りの暗いトンネルがある(写真4枚目)。
写真5枚目は砲台の跡。
写真6枚目は古代住居跡(日蓮洞窟)で,その下の磯は釣り場となっていた。
島の高台は展望台となっていたが,朽ち果てていた立ち入り禁止だった(写真7枚目)。
再び港に戻ったが雨が降ってきたので土産物屋で船がくるのを待つ(写真8枚目)。
やっと船が来て横須賀港へ戻るが,雨の中船のデッキに立つものはいない(写真9枚目)。
ちなみに,この猿島,名前は猿島だがサルはいない。
名の由来は,日蓮が鎌倉へ渡る途中で嵐で迷ってしまったところ,船の舳先に白猿が現れ,この縞へ導いたという伝説に由来すると言う。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_9291169
_9291172
_9291174_9291176
_9291177
_9291178
_9291183
_9291186
_9291187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

横須賀の三笠記念公園

横須賀の三笠記念公園に日露戦争当時の連合艦隊旗艦の三笠が展示されている。
当然のことながら国産の船だと思っていたが,イギリス製という。
造船日本はもっと後のことの様だ。
横須賀港から観光船シーフレンドに乗船して横須賀軍港クルーズに出る。
この日は世界最大級のミニッツ級空母ジョージワシントンが停泊。
その近くに南極観測新しらせの新旧2隻が仲良く並んでいた。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_9291160
_9291163
_9291164
_9291167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

布団の中

マロンはパパの布団が大好き。
パパのパジャマを掛け毛布がわりにして満足気。
本当はピーターも入りたいのに。

機材:E-P1,M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6,Auto
_9211158
_9211159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

CINE YASINON 38mmで撮る初秋の八ヶ岳 赤外写真 その2

写真1枚目,KENKO OGOB-01は通常光と近赤外のミックスなので不思議な描写だ。
写真2枚目はアキノキリンソウ,3枚目はエゾリンドウ,4枚目はマツムシソウ,
写真5枚目はヤマドリゼンマイ,6枚目はヤマハハコ,7枚目はSWの関越道。
渋滞している上り車線の車中から空いている下り車線の対向車を撮影。
どういう訳か,普通の写真風に写っている。
なんちゃって赤外は仕上がりが予想着かないので難しい。
それにしてもこのシネヤシノンは手強いレンズだ。
少し絞ると3枚目のエゾリンドウの様に素晴らしくシャープだ。
7枚目の様に開放ではピントの来ているところを除くとホンワリした絵になる。

機材:Kenko OGOB-01,Cine Ysinon 38mmF1.4.手持ち,絞りF4(2枚目,7枚目のみ開放)
Pict0184
Pict0188
Pict0193
Pict0197
Pict0203
Pict0204
Pict0209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

CINE YASINON 38mmで撮る初秋の八ヶ岳 赤外写真

写真1枚目はススキ。
空が青く映っている。
写真2枚目は紅葉が始まったウルシ。
写真3枚目はワレモコウ。
写真4枚目はアキノキリンソウ。
写真5〜6枚目は紅葉の始まったカラマツ。
非常に安価なレンズだが,ボディーの作り同様描写もなかなか上質だ。
レンズの善し悪しは価格では判断できない。

機材:Kenko OGOB-01,Cine Ysinon 38mmF1.4.手持ち,絞り開放(1枚目のみF4)
Pict0165
Pict0168
Pict0170
Pict0173
Pict0177
Pict0181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

CINE YASINON 38mmF1.4

なんちゃって赤外カメラ,Kenko OGOB-01をせっかくレンズ交換式にしたので,
当然の成り行きとしてDマウントの交換レンズを物色することになる。
ところが,このDマウント言うのが曲者で,
なかなか市場に現れない。
最近,やたらとCマウントのレンズが市場にあふれ出し,
価格もどんどん上昇し,Angenieux 25mm F0.95等は程度の良いものは20万円以上する。
ところが,DマウントとなるとE-P1やGF1には取り付けられないので需要がないせいか,
トンと姿を見せない。
そんな中で見つけたのがこのシネヤシノン38mmF1.4だ。
それもたったの500円。
とはいえ,真鍮製?のズシリと重い金属製ボディーの作りはとても良い。
しかしながら,OGOB-01の背面液晶ではピント合わせが至難の業。
しかも,真っ白けの画面での露出チェックはほぼ不可能。
昼間絞り開放で撮ると露出オーバーになってしまう。
まあ,苦労しながら撮影するのが写真のおもしろさではある。

機材:E-3,ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5,開放
_9217951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

八ヶ岳散歩 ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5編 その3 昆虫を中心に

写真1枚目はオオヘリカメムシ,2枚目はアキアカネ,3枚目はトリカブト,
写真4枚目はイチモンジセセリ,5〜6枚目はミヤマキチョウ,
7枚目はイチモンジセセリ,8枚目はヤマハハコ,9枚目はミヤマキチョウ,
写真10枚目はツタウルシ。
それにしてもマクロレンズは良い。
最新のデジタル対応マクロは1本も持っていないが,
OM ZUIKOのマクロレンズ群があまりに素晴らしいので全く必要ない。
90mmと50mmのF2以外はいずれも安いのでありがたい。
使い勝手は便利とは言えないが,逆に使い出があって楽しい。
これにEL NIKKOR群を加えると当分の間デジタル対応レンズの出番はないだろう。

機材:E-3,ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5,開放
_9218040
_9218058
_9218067
_9218080
_9218098
_9218109
_9218115
_9218118
_9218130
_9218136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

八ヶ岳散歩 ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5編 その2

写真1枚目はツタウルシ,八ヶ岳山麓では最も早く紅葉する。
写真2枚目は森の風景。
紅葉をバックにタムラソウにチョウやハチが群がる。
写真3〜4枚目はエゾリンドウ,5〜6枚目はアキノキリンソウ。
八ヶ岳山麓の秋の花の主役だ。
ハチを初め,多くの昆虫が集まる。
写真7〜8枚目はエナガ。
器用に小枝にぶら下がり,空中ブランコを見せてくれる。
写真9枚目はキオン。
謎の昆虫が花の中に潜り込んでいる。
10枚目はマツムシソウ。
小さなハチやイチモンジセセリが来ている。
このレンズはベローズ併用で無限遠が出るように設計されている。
ピクセル等倍で見ると,ハイライト部がわずかながら滲んでいる。
マクロにしては柔らかな描写と言われる所以だろうか。
この柔らかな描写と美しいボケがたまらない。
柔らかいと言っても,開放から十分シャープだ。
ただでさえ開放F値が暗いので,絞るとボケがうるさくなる。
開放で使って味のあるレンズだ。

機材:E-3,ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5,開放
_9217938
_9217947_9217955
_9217957
_9217962
_9217973
_9217989
_9218001
_9218006
_9218019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

八ヶ岳散歩 ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5編 その1

写真1枚目はハギ,2枚目はイタドリ,3枚目はノコンギク,
写真4枚目はアキノキリンソウ,5枚目はクサボケの実,
写真6〜7枚目はアキノキリンソウ,8〜10枚目は八ヶ岳山麓の紅葉。
このレンズはとかく描写が硬くボケが汚いと言われるマクロレンズの中にあって,柔らかい描写と美しいボケに定評がある。
135mmF4.5,1/2倍というスペックは平凡だがなかなか得難い描写をする,私のお気に入りレンズだ。
E-3だと270mmF4.5,等倍相当と,実質スペックも非凡になる。

機材:E-3,ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5,開放
_9207900
_9207904
_9207908
_9207913
_9207917
_9207919
_9207922
_9207926
_9207928
_9207935

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

初秋の八ヶ岳山麓 Leitz Hektor 200mmF2.5 花と昆虫編 その2

写真1枚目はシシウドとハチ(アブかも),2枚目はナナカマド,
写真3枚目は紅葉の始まり,4枚目は真っ赤な別荘,
写真5枚目はヤマドリゼンマイの紅葉,6枚目は阿弥陀の山頂,
写真7枚目は白樺の紅葉,8枚目はハンゴンソウにとまるミヤマキチョウ,
写真9枚目は色づき始めた葉,10枚目はヨメナ?(栽培品種っぽい)とシロチョウ。
このサイズだと普通に見えるが,いずれもピクセル等倍で見ると美しい滲みがある。

EOS 5D,Leitz Hektor 200mmF2.5,開放
_mg_4042
_mg_4045
_mg_4050
_mg_4055
_mg_4057
_mg_4071
_mg_4073
_mg_4078
_mg_4091
_mg_4093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

初秋の八ヶ岳山麓 Leitz Hektor 200mmF2.5 花と昆虫編

写真1枚目はアキノキリンソウ,2枚目はエゾリンドウ,
写真3枚目はアキノキリンソウに近づくハチ,4枚目はコウゾリナ,
写真5枚目はタムラソウにとまるイチモンジセセリと小さなムシ,
写真6枚目は枯れたシモツケソウ?にとまるアキアカネ,
写真7枚目はリュウノウギクにとまる小さな甲虫,
写真8枚目はカントウヨメナ(ひょっとしてノコンギク?)とアキアカネ。
青っぽい野菊は沢山種類があって,どれもよく似ています。
写真9枚目はツタウルシ,10枚目はツクバトリカブトかな?とハチ。
トリカブトの種類が多く,皆にています。
ハッキリ言って,動植物の名前は適当です。
写真を見て似ているヤツの名を付けています。
参照した本やサイトによってマチマチ(写真がそのように見える)ので,
やっかいです。
したがって,私も同じものに別の名を付けている場合もあります。
時々誤りを指摘して下さる方もいますが…

ところで,このヘクトール200mmF2.5ですが,
大口径望遠レンズの例に漏れず,ピントが極端に浅いです。
ちょっとピントが外れると大きくぼけるので,
ピンぼけ写真量産型のレンズです。
ところが,不思議なことに,ピントを大きく外してもあまりボケません。
背景がおおざっぱな場合,形を残してきれいにボケ,独特の描写です。
ところが,背景が細かいと非常にうるさいボケになります。
ハイライト部は美しく滲みます。
私の所有するレンズの中では,Kodak AERO-EKTAR 7Inch F2.5とならんで秋の風景を美しく切り取るレンズの双璧です。
滲み系のヘクトールと,スッキリ系のエクターという使い分けですが,
両方ともヘビー級のレンズなので,2本を同時に持ち歩くことはありません。

EOS 5D,Leitz Hektor 200mmF2.5,開放
_mg_4007
_mg_4009
_mg_4011
_mg_4014
_mg_4018
_mg_4021
_mg_4025
_mg_4026
_mg_4027
_mg_4033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

八ヶ岳山麓撮影 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm編 その6

エンビセンノウ(写真1枚目),オミナエシ(写真2枚目),
サワギキョウにとまるアゲハチョウ(写真3枚目),
ユウスゲ(写真4枚目),ガマズミ(写真5枚目),
エゾゼミ(写真6枚目),ヤマガラ(写真7枚目),
フジグロセンノウ(写真8枚目)。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_8207766
_8207781
_8207795
_8207804
_8207822
_8217828
_8217862_8207817

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

八ヶ岳山麓撮影 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm編 その5

オトギリソウ(写真1枚目),よくわからない花(写真2枚目),
シシウドの蕾みたいだが色が…
たぶんウラギンヒョウモン(写真3枚目),
ヒョウモンはどれも似ていて正直全くわかりません(^^ゞ
バライチゴ(写真4枚目),サワギキョウ(写真5枚目),
アサマフウロ(写真6枚目),モンシロチョウ(写真7枚目),
タムラソウ(写真8枚目)。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_8207649
_8207662
_8207678
_8207695
_8207700
_8207710
_8207714
_8207761

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

八ヶ岳山麓撮影 ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm編 その4

八ヶ岳で見かけたカブトムシの様子がおかしい。
よく見ると,角が腹の方に向かって曲がっている(写真1〜2枚目)。
これではメスをめぐってライバルと争うどころか,角が邪魔して樹液も吸えない。
いったい,彼に何があったのだろうか。
後日,登山道でつぶれて死んでいるカブトムシを見つけた。
よく見ると角の曲がった彼だった。
藪の中では小鳥がなにやら様子をうかがっている(写真3枚目)。
地面ではオオヒラタシデムシがミミズを食べていた(写真4枚目)。
サワギキョウ(写真5枚目),ノシメトンボ(写真6枚目),
ミゾソバ(写真7枚目),アサマフウロ(写真8名目)など,
散策中,飽きることがない。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL ED 50-200mmF2.8-3.5オート
_8197495
_8197500
_8197513
_8207575
_8207592
_8207605_8207620_8207710

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »