« 八ヶ岳散歩 ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5編 その3 昆虫を中心に | トップページ | CINE YASINON 38mmで撮る初秋の八ヶ岳 赤外写真 »

2009年10月11日 (日)

CINE YASINON 38mmF1.4

なんちゃって赤外カメラ,Kenko OGOB-01をせっかくレンズ交換式にしたので,
当然の成り行きとしてDマウントの交換レンズを物色することになる。
ところが,このDマウント言うのが曲者で,
なかなか市場に現れない。
最近,やたらとCマウントのレンズが市場にあふれ出し,
価格もどんどん上昇し,Angenieux 25mm F0.95等は程度の良いものは20万円以上する。
ところが,DマウントとなるとE-P1やGF1には取り付けられないので需要がないせいか,
トンと姿を見せない。
そんな中で見つけたのがこのシネヤシノン38mmF1.4だ。
それもたったの500円。
とはいえ,真鍮製?のズシリと重い金属製ボディーの作りはとても良い。
しかしながら,OGOB-01の背面液晶ではピント合わせが至難の業。
しかも,真っ白けの画面での露出チェックはほぼ不可能。
昼間絞り開放で撮ると露出オーバーになってしまう。
まあ,苦労しながら撮影するのが写真のおもしろさではある。

機材:E-3,ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5,開放
_9217951

|

« 八ヶ岳散歩 ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5編 その3 昆虫を中心に | トップページ | CINE YASINON 38mmで撮る初秋の八ヶ岳 赤外写真 »

CINE YASINON 38mm F1.4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CINE YASINON 38mmF1.4:

« 八ヶ岳散歩 ZUIKO AUTO MACRO 135mmF4.5編 その3 昆虫を中心に | トップページ | CINE YASINON 38mmで撮る初秋の八ヶ岳 赤外写真 »