« Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その2 | トップページ | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 »

2009年9月 7日 (月)

Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その3

そもそも,Hektorに興味を持ったのはLeitz Summitar 50mmF2を所有していたからだ。
このレンズを所有した敬意はと言うと,
愛用のMINOLTA CLEの標準がRokkor 40mmF2だったので,
標準の王道50mmが欲しくなったからだ。
CLEに取り付け可能の50mmで最も安かったのがSummitarだった。
ライカのレンズを選んだのではなく,たまたまライカのレンズだっただけ。
安いはずで,ガラスは城っぽく曇り,レンズエレメントの中の方にひどい拭きキズがあった。
友人家族とともに東京ディズニーランドへ遊びに行き,撮影した写真をDPEから受け取ったときに驚いた。
写真全体がフレアというかハレーションというか,とにかく真っ白。
おまけに放射状に鉱泉のすじが盛大にあり,何が写っているのかわからない。
こっ,これがライカのレンズか〜
もう,買ってしまったものは仕方ない。
少しでも画質向上のため折りたたみ式の専用フードを購入する羽目になった。
これが,レンズ本体より高かった。

さて,フードを付けて撮影するとガラッと描写が変わった。
クッキリとした精緻な描写で,ハイライト部に上品な滲みが出る。
しかも,色が深い。
他のレンズとは明らかに描写が違う。
その後,このレンズで撮った写真を見せると,「写真が上手いですね」と言われる。
別に私の腕が上がったわけではない。
Summitarで普通の庭がなぜかイングリッシュガーデンの様に写る。
人物は,明らかに実物より上品に写る。
要するに,写りがゴージャスなのだ。
これでライカに興味を持ち,本体を入手。
レンズもSummitarの他,Summarit,Hektor 73mm,120mm,150mm,200mmと入手することに。
なぜこの組み合わせかというと,書籍などでいろいろ勉強した結果,
Leitzのクセ玉御三家としてSummitar,Summarit,Hektorが挙げられ,描写が独特という。
いずれも美しい滲みが特徴らしい。
Summitarで味をしめたのでこれらを10年くらいかけて次々と入手した。
何より,これらは価格が安い。
下手すると数千円で入手可能な場合もある。
もちろん,きれいなものはそれ相応の価格ではあるが。
ほかにもSummarex,Thambarと言うクセ玉があるが,べらぼうに高く入手不可能。
これらはいわゆるライカマニア向けのプレミアムレンズだ。
前者は安いと言っても,例外がこのHektor 73mmF1.9だ。
妻と銀座のカメラ店を巡り(1万円以上の光学レンズの購入には妻の許可が要る),
散々探し回ったが,なぜかこれだけはどこでも10万円以上とびっくりするぐらい高い。
どれも古くてボロくて汚いレンズなのに。
銀座のある店でびっくりするくらい安いヤツがあったので購入したのがこのレンズ。
なぜか,このレンズは古さもボロさも汚さも他よりマシだった。
後でわかったのだが,hektor 73mmはレンズヘッドが外れるのと固定のものがあり,
固定のものはライカでしか使えないので安いのだという。
このレンズは固定なので,通常撮影には使えず(もちろんLeica M8を購入すれば使える),
デジタルに移行した後は一眼用のマクロレンズとして使っていた。
E-P1の登場でライカ用のレンズやCマウントのレンズが普通に使える様になろうとは。
実に良い時代になったものだ。
前回同様,各写真は1枚目が絞り開放,2枚目がF4。

機材:E-P1,Leitz Hektor 73mmF1.9,絞り解放,F4
_8201023
_8201026_8201028
_8201029
_8201032
_8201034
_8201036
_8201038
_8201041
_8201043

|

« Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その2 | トップページ | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Leitz Hektor 73mm F1.9」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その3:

« Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その2 | トップページ | CANON TV ZOOM 15-150mm F1.8 »