« Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 | トップページ | Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その3 »

2009年9月 6日 (日)

Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その2

Hektor 73mmはソフトフォーカス並みのボケボケ,フワフワ,滲みであると定評があった。
それを期待して購入し,Leica M6とM3で撮影したが,開放でボケが大きいもののスッキリしたクリアな描写に愕然?としたものだ。
デジタル時代になって1Dでマクロ撮影してもシャープで精緻な描写だった。
ところが,E-P1の登場で初めて通常撮影してみると期待に違わぬ滲みぶり。
全く不思議な話だが,ZUIKO 21mmF2でも同様の経験をしている。
このレンズはHektorとは逆に開放からシャープと評判のレンズで,実際その通りだったが,デジタルで撮影すると開放では盛大に滲むのだが,マクロだとシャープ。
時に,銀塩とデジタルで異なる性質を示すレンズがある。
この2本はその好例だ。

機材:E-P1,Leitz Hektor 73mmF1.9,絞り解放,F4
_8200959
_8200960
_8200988
_8200990_2
_8200992
_8200995
_8200999
_8201001
_8201020_8201022_2

|

« Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 | トップページ | Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Leitz Hektor 73mm F1.9」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その2:

« Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 | トップページ | Leitz Hektor 73mmF1.9で撮る八ヶ岳山麓 その3 »