« 岩ガキとハナショウブの旅 その2 | トップページ | 岩ガキとハナショウブの旅 その3 »

2009年7月 8日 (水)

速報! ココちゃんの身元が判明しました(実はふくちゃん)

5月に路上で拾われ,とりあえず我が家の一員となっていたオカメインコのココちゃんの飼い主さんが見つかりました。
保護されてからだいぶ立っていたので,もう飼い主さんは見つからないと思っていましたが,交番や保健所を初め,多方面に連絡した成果でしょうか。
今日,飼い主の方がお迎えに来ました。
ココちゃんも,飼い主の方を見るなり飛んでいき,肩にとまりました。
万事めでたしめでたしです。
仲良しになったピーターと,すっかりなついていたママは寂しいかも。
恐がりのマロンは逆に安心した様子です。

ところで,名前は「ココ」ではなく「ふく」だそうです。
確かに,自分で「ココ」と名乗りましたが,最初は「ふく」とも「ココ」とも聞こえました。
結局,最終的に「ココ」で決着し,我が家では「ココちゃん」で通っていました。
本人も「ココちゃん」との呼びかけに反騰していましたから,まあ,本人はどちらもで良いんでしょう。

ふくちゃんは4月に小金井市で迷子になり,はるばる羽村まで飛んでいったようです。
私も,今まで手乗り文鳥と手乗りハシブトカラス(?)を飼っていましたが,飛翔力はふくちゃんがダントツです。
手乗り文鳥はしゃべりませんでしたが,手乗りカラスはよくしゃべりました。
おまけに,発音はふくちゃんより正確で,誰でもハッキリ聞き取れます。
彼の名前は「コータロー」。
実は,コータローも迷子のカラスで,立川市の中学校で保護されたものが,何の因果か我が家の一員になりました。
コータローの性別は不明でしたが,本人が「コータロー」と名乗り,男言葉で「なんだこのやろー」,「ばかやろー」,「おれだおれだ」などと言うので多分おじさんカラスでしょう。
その他,定番の「おはよー」,「こんにちは」,「こんばんは」の他,「まてまて」「よせよせ」などと話しました。
どういう家庭でそだてられていたのか…
お客さんが玄関に入ってくると「まてまて」というので困りました。
皆さん「立派な九官鳥ですね〜」と感心していました。

コータローはかなり気性が荒く,あるとき,庭でコータローを水浴びさせていたら水を飲みに来たハトを捕まえて羽を(多少お肉も含めて)むしってしまいました。
当時我が家で飼っていたアフガンハウンドのロイも鼻をつつかれ腰を抜かしたほどです。
かなりワイルドなコータローでしたが,飼い主さんが判明する前に,庭で野良猫にやられてしまいました。
怖いもの知らずが災いしたようです。

前回の迷子鳥のコータローはハッピーエンドにはなりませんでしたが,今回はハッピーエンド。
「これでいいのだ」です。
ところで,不安が一つ…
ふくちゃんが,実家に戻った後どんな言葉を言い出すやら(^_^;)

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5,オート

_7076757

|

« 岩ガキとハナショウブの旅 その2 | トップページ | 岩ガキとハナショウブの旅 その3 »

ペット」カテゴリの記事

ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5」カテゴリの記事

コメント

ちかぷママさん

昨日はお疲れ様でした。ふくちゃんも元気にしていても実際は相当お疲れでしょう。ここ3ヵ月間居場所も転々,世話する相手も代わり,相当なストレスだったと思います。我が家でもハイテンションでしたが,相当神経を使っていたはずです。無事実家に帰れてひと安心です。実は,ピーターもたった1日だけですが,一度迷子になり,無事保護されましたが,相当なストレスだった様で少し性格も変わり以前より恐がりになりました。ふくちゃんは大丈夫かな? 
昨日までにぎやかだった我が家は,今晩はとても静かでしんみりムードでした。でもマロンちゃんは元気になって威張り出しました(^^)/

投稿: 五島灘 | 2009年7月 9日 (木) 02時20分

ヽ(´▽`)/今日は本当にありがとうございました。
長いことお世話して頂き、ふくは幸せドリです。家に着いてから、しばらくは、私の体にべったりでしたが、だんだん思い出したのか、いつものステージの上で大きな声で、ホーホッケキョやオリジナルソングを歌い時折奇声が入り、ノリノリでした!
今は鳥部屋で他の2羽と一緒に休んでいます。本当にありがとうございました

投稿: ちかぷママ | 2009年7月 9日 (木) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報! ココちゃんの身元が判明しました(実はふくちゃん):

« 岩ガキとハナショウブの旅 その2 | トップページ | 岩ガキとハナショウブの旅 その3 »