« ココとピーター,お兄ちゃんの食事に乱入 | トップページ | E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 その2 »

2009年7月11日 (土)

E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写

今回登場するのはCOSMICAR。
普通,PENTAX/COSMICARのダプルブランドで監視カメラなどのCCTVレンズとして有名だが,一部では35mmカメラの海外グランドでもCOSMICARというレンズもある。
これらが同一メーカーなのか私は知らないが,CCTVレンズはPENTAXとあるので,現HOYA,旧旭光学系なのだろう。
今まで,私はこれを「コスミカール」と呼んでいたが,どうやら「コズミカ」が正しいようだ。
と言うことは,NIKKORはニッコ? そんなことはないか。

本レンズに話を戻す。
実はこのレンズ,14,000円で入手した。
別に0を一つ付け間違えたわけではない。
以前,これと同スペックのレンズが500円で販売されていた。
黒鏡胴の寸胴のレンズで,よくあるCCTV用のものだ。

ところが,このレンズはスペックは同じでも全くの別物。
と言っても,光学系が別かは分からない。
別なのは見かけ。
外見はROLEXのホワイトゴールド仕上げのような美しさ。
E-P1のテカリが安っぽく見えてしまう。
手に取ると,ライカのズマリットの様にズシリと重い。
ピントリングの動きは適度に粘りがあり,かつスムーズ。
それに,いかにも「広角」ですと言わんばかりの巨大な前玉。
このレンズ,唯一気に入らない点は「COSMICAR」の刻印だ。
これでは「私は安レンズです」と宣言している様なもの。
このレンズには「Angenieux」あるいは「Schneider」の刻印が相応しい。
何のためのレンズか分からないが,この人相風体では監視カメラ用ではなさそうだ。
造りの良さと,仕上げの美しさはまさに「Angenieux」級。
一応,TELEVISION LENSと刻印されているが,昔の16mmムービーレンズの出で立ちだ。
おまけに,E-P1に実によく似合う。
こうなるとマウントアダプターが無粋で邪魔だが,これはやむを得ない。
そのうちもう少し気の利いたデザインのアダプターが出たら買い換えよう。

といいうことで,とりあえず試写(全て絞り開放)。
1枚目は例によって自宅ベランダからの夜景。
なかなか良い雰囲気だ。
翌朝同じ場所から撮影(2枚目)。
おお〜,四隅のケラレがすごい。
話に聞いていたが,まさにトンネルから覗いた風景の様だ。
天気がどんよりしていたせいか,なんともスッキリしない絵だ。
3枚目は最近接撮影距離。
無限遠と違ってこちらはスッキリした現代風の絵だが,背景は二線ボケ傾向。
さて,次に昼間の普通の写真にチャレンジ。

機材:E-3,ZUIKO DIGITAL 14-54mmF2.8-3.5,オート(写真1枚目,本体写真のみ)
機材:E-P1,COSMICAR 12.5mmF1.4絞り開放,手持ち
_7106784
_7100171
_7100172
_7100175

|

« ココとピーター,お兄ちゃんの食事に乱入 | トップページ | E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 その2 »

COSMICAR 12.5mm F1.4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写:

« ココとピーター,お兄ちゃんの食事に乱入 | トップページ | E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 その2 »