« E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 | トップページ | E-P1で久々のHektor73mmF1.9の無限遠 »

2009年7月12日 (日)

E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 その2

絞り開放ではスッキリしない描写だが,F5.6まで絞るときわめてシャープな描写になる。
逆に,トンネル状に写るだけの普通のレンズという感じ。
やはりこのレンズは開放に近い絞りで描写を楽しむのが正しい使い方だ。

1枚目は中間距離での描写。
ピーターにピントを合わせたが,無限遠までしっかりした描写。
2枚目は最近接撮影距離。
ミントにたかるテントウムシにピントを合わせたが,背景も十分判別可能だ。
3枚目は制近接距離より若干引いて撮影した。
後ろにいるピーターも姿もしっかり判別できる。

COSMICARは色乗りも良く,少し絞るととてもシャープで上品な描写。
フルサイズ換算で25mmという焦点距離は風景やスナップで活躍しそう。
ルックスや仕上げの良さと言い,常に持ち歩きたくなるレンズだ。
COSMICARと言うブランドの実力は侮れない。

機材:E-P1,COSMICAR 12.5mmF1.4絞りF5.6,手持ち
_7110176
_7110180
_7110185

|

« E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 | トップページ | E-P1で久々のHektor73mmF1.9の無限遠 »

パピヨン」カテゴリの記事

COSMICAR 12.5mm F1.4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 その2:

« E-P1でCOSMICAR 12.5mmF1.4を試写 | トップページ | E-P1で久々のHektor73mmF1.9の無限遠 »