« KERN SWITAR 50mmF1.4で撮る八ヶ岳山麓の山野草 | トップページ | KERN SWITAR 50mmF1.4 vs Peter »

2009年7月27日 (月)

DマウントXenon 25mmF1.5で撮る八ヶ岳山麓(赤外編)

改造赤外もどきカメラで撮影した八ヶ岳山麓。
1枚目の写真は富士見のレストラン,カントリーキッチン。
2枚目は同じく富士見のレストラン,八ヶ岳わんこcafe。
ともに犬連れ可で,愛犬家にはありがたい。
3枚目はカントリーキッチンのパン屋さん。
画面が斜めッテルのは何で?
4枚目はカラマツ林。
なぜか地味な写り。
5枚目は別荘地の湖畔を散策するマロン。
6〜7枚目はシモツケソウ。
8枚目はハギ。
9枚目は湖畔の植物と苔生した石。
10枚目は再びカントリーキッチンで夕食。
11枚目は夕食後の空。
どんよりとした曇り空の一部から青空が覗いた。
なぜか,この写真だけ普通の写り。
しかも,実際より遥かにド派手な青空になった。
しかも赤外っぽさが無い。
可視光と赤外の混合になるのだが,ピント位置は両者で異なるはず。
背面液晶モニターの見えはシラーッとし,ピントの山など分からない。
背面モニター上では極端に露出オーバーに見えるが,PCの画面で見るとそうでもない。
ちょうどよく見えた場合は実際には極端にアンダーでブレている。
とにかく撮影は難しい。

機材:Kenko OGOB-01,Schneider Xenon 25mmF1.5,手持ち
Pict0073
Pict0074
Pict0075
Pict0077
Pict0078Pict0080
Pict0082
Pict0085
Pict0087
Pict0089
Pict0091

|

« KERN SWITAR 50mmF1.4で撮る八ヶ岳山麓の山野草 | トップページ | KERN SWITAR 50mmF1.4 vs Peter »

旅行・地域」カテゴリの記事

Schneider Xenon 25mmF1.5」カテゴリの記事

赤外線写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DマウントXenon 25mmF1.5で撮る八ヶ岳山麓(赤外編):

« KERN SWITAR 50mmF1.4で撮る八ヶ岳山麓の山野草 | トップページ | KERN SWITAR 50mmF1.4 vs Peter »