« 昨日の日食(皆既日食ではなく部分日食です) | トップページ | KERN SWITAR 50mmF1.4で撮る八ヶ岳山麓の山野草 »

2009年7月25日 (土)

COSMICAR12.5mm F1.4で撮る八ヶ岳山麓

E-P1とCマウントレンズの組み合わせで撮影すると,
若い頃,ライカ1fで撮影していた当時を思い出す。
一眼レフのPenFというよりレンジファインダーのライカの撮影スタイルに近い。
現在,一階の撮影で最も消費コマ数が多いのがEOS-1D,次がE-3,そして5Dと続いて,E-P1になると極端にコマ数が少ない。
銀塩時代のコマ数に逆戻りだ。
久々に,銀塩時代の撮影の楽しさを感じられた。
一方,上がりはイマイチ。
撮影の難しさも銀塩時代に近い。
COSMICARは,レンズの作りは最高だが,写りはごく普通でとくに目立った特徴はない。
往年のCマウントレンズに見られる周囲のグルグル回りもない。
当たり前に写る。
逆の言えば面白みは少ない。
強いて言えば,周囲がけられたトンネルの様な描写が面白い。
このケラレはイメージサークルが小さいせいか,レンズ前枠のせいかは不明だ。

1〜5枚目までは絞りF5.6。
5枚目はちょっとピンぼけ。
6枚目は絞り開放で,これまたちとピンぼけ。
7〜8枚目はしぼりF5.6。
9枚目は絞り開放。
E-P1の液晶モニターは,9枚目の様なシーンは一眼レフよりピントが合わせやすい。
ところが,明るい真っ昼間はピントの山がつかみにくい。
3枚目,6枚目などは,被写界深度が深いレンズを絞っているからと,
つい安易に拡大表示無しにピント合わせをしたらピンぼけとなった。
拡大表示でのピント確認は必須だ。

機材:E-P1,COSMICAR 12.5mmF1.4,手持ち
_7140236_7140249_2_7140253_2
_7140257_7140258
_7140264
_7150305
_7150313
_7150324

|

« 昨日の日食(皆既日食ではなく部分日食です) | トップページ | KERN SWITAR 50mmF1.4で撮る八ヶ岳山麓の山野草 »

COSMICAR 12.5mm F1.4」カテゴリの記事

パピヨン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152719/45732338

この記事へのトラックバック一覧です: COSMICAR12.5mm F1.4で撮る八ヶ岳山麓:

« 昨日の日食(皆既日食ではなく部分日食です) | トップページ | KERN SWITAR 50mmF1.4で撮る八ヶ岳山麓の山野草 »