« NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ | トップページ | NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmで八ヶ岳の鳥撮り »

2009年5月 8日 (金)

NOVOFLEX T-NOFLEXAR 400mmで八ヶ岳の鳥撮り

T-ノフレクサー400mmをフォーサーズで使用すると,
フルサイズの800mm相当の画角となる。
手持ちで楽に扱える大きさ,重さなのでフルサイズの出番が極端に減った。
そもそも,フルサイズの800mmなんてとんでもない価格でとても買えない。
ニコンやキャノンのクラシックレンズの超望遠はお手頃価格になっているが,
操作性が悪く,風景ならともかく鳥撮りには厳しい。
もっとも,昔の人はそれで鳥を撮ったのだからすごい。
私も昔,ズイコー300mmや,タムロンSP500mm,ルサール500mm等で鳥撮りに挑戦したが全て実用にならず,腕のなさを思い知らされたが,ノボフレックスでは普通に撮れるからうれしい。
とはいえ,フル換算800mmの画角となるとピンぼけや手ぶれが多くなる。
その点,E3のIS(ボディー内手ぶれ補正)は強い味方だ。
おかげで高価で重いキャノンのサンニッパの出番が減ってしまった。

ところで,今年のGW人出はすごく,どこも人であふれていた。
人が多いと取り持ちか付いてくれないので,今回は人手を避け,
人気の少ないしょぼいところで撮影した。

1枚目と2枚目はヒヨドリ。
なにも八ヶ岳くんだりまでこなくても都心でも撮影できる鳥だが,
逆に,普段撮影しないので八ヶ岳の風景の中で撮影した。
特に,1枚目は手前の木の枝越しの撮影で,オートフォーカスでは手前のエダにピントが来てしまう。
この様な状況ではノボフレックスの方が使い勝手がよく,
トリプレットのレンズにしては画質も良い。

3枚目はタカネザクラ。
この木にはメジロやシジュウカラがよくとまっている。

4枚目はアカハラ。
この鳥は,藪の中に下生えに隠れていてなかなか撮影できず,
人前に出てくるとたいてい地面にいて絵になりにくい。

5枚目はエナガ。
この鳥はエダに逆さまにぶら下がったり,アクロバットのような動きをする。

6〜8枚目はアカゲラ。
八ヶ岳山麓ではよく見かける鳥で,山道で休んでいると甲高い声で鳴きながらやってくる。

9枚目はコゲラ。
この鳥も多くいるが,地味で目立たない。
木をつつく音は聞こえるが姿は見えず,目をこらして探していると案外すぐ近くにいたりする。

機材:E-3,NOVOFLEX T-NOFLEXAR400mm F5.6開放
_5025947
_5025954
_5025963
_5025979
_5026013
_5026071
_5026087
_5026090
_5026131
_5026144

|

« NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ | トップページ | NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmで八ヶ岳の鳥撮り »

旅行・地域」カテゴリの記事

NOVOFLEX NOFLEXAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOVOFLEX T-NOFLEXAR 400mmで八ヶ岳の鳥撮り:

« NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ | トップページ | NOVOFLEX NOFLEXAR 280mmで八ヶ岳の鳥撮り »