« 携帯テレイドスコープ その2 | トップページ | お花見列車? »

2009年4月 5日 (日)

高田馬場の怪しい建物

JR高田馬場駅から,NOVOFLEXで有名な近代インターナショナルへ向かう途中に怪しいビルがある。ビル全体が銀色のチェーンで覆われている(写真1枚目)。ビルの前には日本点字図書館とあるので,そのまんま点字図書館なのだろう。それにしても,チェーンの意味は不明だ。
ところで,高田馬場は「たかたのばば」だと思っていたが,今キーボードに入力すると変換しない。「たかだのばば」と入力すると変換される。駅名も「たかた」ではなく「たかだ」らしい。
ジャパネットは「たかた」なのに,なぜ「たかだ」なのだろう。
そう言えば,以前にも秋葉原が「あきばはら」ではなく「あきはばら」と言うらしいと書いた。駅名も「あきば」ではなく「あきは」のようだ。しかし,一般的な会話では「あきばへ行こうで〜」と,「あきは」ではなく「あきば」を使う。
とにかく,最後に近代インターナショナルビル(写真2枚目)。
近代では,私が愛用するNOVOFLEX Follow Focus Systemは取り扱っていない。ひょっとするとノボフレックス本社がすでに取り扱っていないのか。以前は数十万円したこのシステムが,最近では1〜数万円,程度が悪いと数千円で入手可能なのでありがたい。見かけの割に写りも良い。現在,600mm,
400mm,280mmを所有しており,その使い勝手の良さに感激している。ライカ テリートにも似たようなシステムがあるが,こちらはかなり高価でいまだ手がでない。
Ca390043
Ca390044

|

« 携帯テレイドスコープ その2 | トップページ | お花見列車? »

街角スナップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高田馬場の怪しい建物:

« 携帯テレイドスコープ その2 | トップページ | お花見列車? »