« 八王子ですごい煙が? まさか噴火? | トップページ | NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ »

2009年4月12日 (日)

NOVOFLEX 1200mmの実用度

元日にE3とNOVOFLEX NOFLEXAR600mmの組み合わせで実質1200mmの撮影が十分実用になった。
今回は,5DとNOVOFLEX NOFLEXAR600mmと×2extenderで真の1200mmで撮影した。
E3との組み合わせだと開放F値はF8だが,今回はextender使用なので開放でもF16となる。
NOVO純正のextenderなので光学特性はマッチしているはずだ。
5Dはボディー手ぶれ補正がないのでシャッタースピードを稼がねばならず,ISO800で撮影。
当然,全て手持ち撮影,NOVOFLEXは三脚に載せては意味がない。

1枚目と2枚目は自宅のバルコニーから100mmほど先の桜を撮影。
この後突風が吹いてほとんど散ってしまった。
今日(11日土曜日)の東京は夏日で,遠景が霞んでいる。
ファインダー内もF16と暗いうえ,霞んでおりピント合わせどころではない。
3枚目は,最近接撮影距離でバルコニーの花のつぼみにたかるアブラムシを撮影。
やはりピントが甘い。
4枚目は自宅マンション屋上のゴンドラの金具。
こちらはピントぴったりで,リサイズ前の原画ではシールの文字は楽勝で読める。

機材:5D,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8+×2extender,ISO800
_mg_3869
_mg_3886
_mg_3882
_mg_3874

|

« 八王子ですごい煙が? まさか噴火? | トップページ | NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ »

NOVOFLEX NOFLEXAR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NOVOFLEX 1200mmの実用度:

« 八王子ですごい煙が? まさか噴火? | トップページ | NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ »