« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009年4月13日 (月)

NOVOFLEX 1200mmの実用度 その2 セキレイVSツミ

マンションの屋上で子育てをしているハクセキレイを撮影(写真1枚目)。
それを狙ってツミがやってきた(写真2枚目)。
ファインダーから急にセキレイが消えたので,
カメラから目を離した瞬間,私の10mほど先をツミが横切った。
1200mmではこの距離ではとてもファインダーに捉えられない。
セキレイの捕捉を諦めたツミが上空高く舞い上がってやっと撮影成功。
こういうときにズームのありがたさが身にしみる。
ツミのはるか上空に米粒のような飛行機が通過する(写真3枚目)。
リサイズ前の絵ではFEDEXの文字が読み取れる。
水平に遠景を撮ると霞んだり,陽炎で揺れたり,まともに写らないが,
真上を撮るときれいに写る。
さすが1200mm,肉眼では不可能な世界だ。

それにしてもゴミが目立つ(^_^;)

さて,600mmF8とextenderを使用した1200mmの実用度だが,
リアル1200mmと比べ,遥かに軽量,価格も軽量。
意外にも画質はそこそこだ。
だだし,開放F値が16ではピントの山を見極めるのが難しい。
どうしてもフルサイズで1200mmが必要な場合はとりあえず使える。
ただし,E-3と600mmの組み合わせで1200mm相当の方が,
絞り開放がF8なのでピントが合わせやすく画質も良い。
なによりISがありがたい。
E-3のISは,暗い超望遠を最新の大口径並の実用度に変身させてくれる。
ノボフレックスのAFもどきも慣れるとトビモノには使いよい。

フォーカシングユニットと600mm対物レンズで2.5kg。
これに400mmのレンズヘッドとextenderを加えたセットで3kg程度。
キャノンのサンニッパ1本より軽い。
この4点セットでも並品ならサンニッパの1/10程度の価格。

ノボフレックスは手持ちで鳥撮りをするのが本来の用途。
遠景の風景描写は若干解像度不足だが,
鳥撮りには今でも最適なシステム一つだと思う。
価格が高すぎたせいか,消えてしまったのは残念。
もっとも,現在では中古で数千円から数万円,
美品でも10万ちょっとで手にはいるのはうれしい。

機材:5D,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8+×2extender,ISO800
_mg_3924
_mg_3901
_mg_3940

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

NOVOFLEX 1200mmの実用度

元日にE3とNOVOFLEX NOFLEXAR600mmの組み合わせで実質1200mmの撮影が十分実用になった。
今回は,5DとNOVOFLEX NOFLEXAR600mmと×2extenderで真の1200mmで撮影した。
E3との組み合わせだと開放F値はF8だが,今回はextender使用なので開放でもF16となる。
NOVO純正のextenderなので光学特性はマッチしているはずだ。
5Dはボディー手ぶれ補正がないのでシャッタースピードを稼がねばならず,ISO800で撮影。
当然,全て手持ち撮影,NOVOFLEXは三脚に載せては意味がない。

1枚目と2枚目は自宅のバルコニーから100mmほど先の桜を撮影。
この後突風が吹いてほとんど散ってしまった。
今日(11日土曜日)の東京は夏日で,遠景が霞んでいる。
ファインダー内もF16と暗いうえ,霞んでおりピント合わせどころではない。
3枚目は,最近接撮影距離でバルコニーの花のつぼみにたかるアブラムシを撮影。
やはりピントが甘い。
4枚目は自宅マンション屋上のゴンドラの金具。
こちらはピントぴったりで,リサイズ前の原画ではシールの文字は楽勝で読める。

機材:5D,NOVOFLEX NOFLEXAR600mm F8+×2extender,ISO800
_mg_3869
_mg_3886
_mg_3882
_mg_3874

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

八王子ですごい煙が? まさか噴火?

東京から八王子方面を見ると山の上にすごい煙。
尋常ではないので,撮影してみた。
まさか,噴火?
1枚目がE-3とZD50-200mm。
2枚目は5DとNOVOFLEX NOFLEXAR600mm+×2extender。

夕方のニュースによると資材置き場の火事だそうだ。

_4115792
_mg_3942

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

お花見列車?

JR立川駅のホームに停車していた回送電車。
四季彩号と書いてある。
先頭は桜の絵でいっぱいだが,後ろに行くにしたがって,トンボだの,紅葉だの,雪だの,まさに四季の絵が書いてある。
お花見列車なのだろうか?
Ca390045
Ca390046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

高田馬場の怪しい建物

JR高田馬場駅から,NOVOFLEXで有名な近代インターナショナルへ向かう途中に怪しいビルがある。ビル全体が銀色のチェーンで覆われている(写真1枚目)。ビルの前には日本点字図書館とあるので,そのまんま点字図書館なのだろう。それにしても,チェーンの意味は不明だ。
ところで,高田馬場は「たかたのばば」だと思っていたが,今キーボードに入力すると変換しない。「たかだのばば」と入力すると変換される。駅名も「たかた」ではなく「たかだ」らしい。
ジャパネットは「たかた」なのに,なぜ「たかだ」なのだろう。
そう言えば,以前にも秋葉原が「あきばはら」ではなく「あきはばら」と言うらしいと書いた。駅名も「あきば」ではなく「あきは」のようだ。しかし,一般的な会話では「あきばへ行こうで〜」と,「あきは」ではなく「あきば」を使う。
とにかく,最後に近代インターナショナルビル(写真2枚目)。
近代では,私が愛用するNOVOFLEX Follow Focus Systemは取り扱っていない。ひょっとするとノボフレックス本社がすでに取り扱っていないのか。以前は数十万円したこのシステムが,最近では1〜数万円,程度が悪いと数千円で入手可能なのでありがたい。見かけの割に写りも良い。現在,600mm,
400mm,280mmを所有しており,その使い勝手の良さに感激している。ライカ テリートにも似たようなシステムがあるが,こちらはかなり高価でいまだ手がでない。
Ca390043
Ca390044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »