« NOVOFLEX NOFLEXAR600mmで初日の出を撮る | トップページ | 祝アンジェー君10歳 アンジェー姉成人式 »

2009年1月16日 (金)

超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン

とにかくでかいレンズだ。
重量は正味6kg。
三脚座も何もないので,2〜3カット撮影すると持っていられなくなる。
このレンズを見ると,あのサンニッパもまるでガキのように見える。
焦点距離,開放F値も不明。
デジタルシネ用の投影レンズなので,絞りはなく開放のみ。
フルサイズ楽勝のイメージサークルだが,
広角側にすると,
レンズの後ろに取り付けたM42ヘリコイドシステムに寄って四隅がけられる。
レンズの型番の数値は拡大率のようだが,何に対してのものかわからない。
手持ちでしか撮れないので正確には比較できないが,
画角は35-70mmの標準ズームと似たり寄ったり。
サンニッパよりデカイレンズ径で開放F値はいくらになるのだろう?
画像はきわめてシャープだが,発色は少々クセがある。
焦点距離が標準の範囲なので,思ったほどボケ無い。
135mmF1.8と同程度だが,ピントはより合わせやすい。
絞りもないので室内か,屋外の夜間撮影専用だろう。
その前に,腕力を鍛えねば。

このところすっかり老け込んだピーターの顔が優しく写る。
マロンの絵がなぜか白黒のようだ。
瞳のキャッチライト,反射や輝点などがあるとピントは楽だ。
ただし,大口径にもかかわらずISが必要だ。
5分も構えていると,手の震えが止まらなくなる。

機材:EOS-5D,NIMOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1
_mg_3798
_mg_3823

|

« NOVOFLEX NOFLEXAR600mmで初日の出を撮る | トップページ | 祝アンジェー君10歳 アンジェー姉成人式 »

パピヨン」カテゴリの記事

MINOLTA ZOOM XGA/SXGA 2.2-4.0:1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超弩級お化けレンズで撮るピーターとマロン:

« NOVOFLEX NOFLEXAR600mmで初日の出を撮る | トップページ | 祝アンジェー君10歳 アンジェー姉成人式 »